【Kaguya Planet】坂崎かおる「アネクドート」、阿部屠龍「父のある静物」一般公開開始! | VG+ (バゴプラ)

【Kaguya Planet】坂崎かおる「アネクドート」、阿部屠龍「父のある静物」一般公開開始!

Kaguya Planetにて、果樹園の出てくるSF短編小説一般公開開始

オンラインSF誌 Kaguya Planetにて、坂崎かおる「アネクドート」と阿部屠龍「父のある静物」の一般公開を開始しました。カバーデザインは梅野克晃さんが手がけました。

こちらの二作品は、Kaguya Planetで開催した「果樹園の出てくるSF短編小説」の公募で採用された二作品です。

※Kaguya Planetについての詳細は、記事の最後にある「Kaguya Planetに応援を!」をお読みください。

坂崎かおる「アネクドート」

19世紀のアメリカの科学者サミュエル・ピープルズ、通称サムは、兄の営む果樹園の経営を申し訳程度に手伝いながら、水星軌道の内側にあるとされる未知の惑星バルカンを発見するために毎日望遠鏡を覗き込んでいる。

坂崎かおる
2020年、十数年ぶりに書いた小説「リモート」で第一回かぐやSFコンテストの審査員特別賞を受賞。「リモート」は、Toshiya Kameiによる英訳がDaily Science Fictionに掲載された。2021年2月にVG+バゴプラにSF短編小説「パラミツ戦記」を寄稿。2021年、2022年には、「電信柱より」「噓つき姫」で、第3回・第4回百合文芸小説コンテストのSFマガジン賞・大賞を続けて受賞。「電信柱より」は大森望編『ベスト SF2022』(竹書房) に収録された。 2021年には「ファーサイド」で第1回日本SF作家クラブの小さな小説コンテストで日本SF作家クラブ賞を受賞、2022年には「あたう」で第28回三田文学新人賞の佳作に入賞してる。新作は、井上彼方編『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』(Kaguya Books) に寄稿したロボットをめぐる裁判を描いたSF短編小説「リトル・アーカイブス」。
¥2,970 (2022/12/02 15:54:03時点 Amazon調べ-詳細)

阿部屠龍「父のある静物」

何かを磨き清めると汚れは別の場所に移るけれど、汚れの総和は変化しない。農業も一緒だ。土の中の養分の偏りが、野菜となる。そんな「偏り」を自覚しながら生きてきた娘は、父に問うてみたいことがあった。

阿部屠龍
北海道出身。ドラゴンと百合とSF・ファンタジーが好き。普段はカクヨムに小説を投稿している。ファンタジー小説『竜の骸布』(2017年)、百合小説短編集『百合以外全部嘘』(2018年)、短歌集『喪失と妄執』(2019年)と、三冊の作品集を発行している。アーシュラ・K・ル=グウィン『文体の舵をとれ ル=グウィンの小説教室』(訳 大久保ゆう/フィルムアート社)の課題に取り組み、大戸又(サ!脳連接派)主催の合評会で腕を磨いている。2021年には第12回創元SF短編賞の一次選考を通過し、第14回GA文庫大賞(前期)では最終候補に選出。2022年9月に刊行された文芸サークル《汽水域観測船》による『時間百合SFアンソロジー』に「n回目のエピローグ」を寄稿している。
¥1,800 (2022/12/02 01:17:34時点 Amazon調べ-詳細)

Kaguya Planetでは毎月一本程度のSF短編小説を配信中。活動を継続できるよう、月額500円の登録をよろしくお願いいたします。登録をしていただくと、約一ヶ月の先行公開期間にコンテンツをお読みいただけます。

登録する ログイン

Kaguya Planetでは相川英輔「愛の証明」先行公開中!

Kaguya Planetでは現在、相川英輔「愛の証明」を先行公開中! 「愛の証明」は愛と時間をテーマにした相川英輔さんの新作SF短編小説です。

Kaguya Planetの新着情報をニュースレターでゲットしよう!

Kaguya Planetの最新情報を見逃したくないという方はぜひ、KAGUYAのニュースレターへの登録をお願いします。毎月一回程度、Kaguya PlanetとKaguya Booksの新着情報をお届けしています。

※登録に必要なのはメールアドレスのみです。

KAGUYAのニュースレターに登録

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、オンラインSF誌です。2020年12月に① 日本のSF界におけるジェンダー不均衡の是正② 新人賞以外の入り口を作ること③ 海外のようにオンラインでSF短編小説を読むカルチャーを作っていくこと、という三つの目標を掲げて活動を開始し、珠玉のSF短編小説を掲載し続けてきました。

2021年3月からは日本語の作品に加えて翻訳作品も掲載しています。邦訳が出るのはKaguya Planetが初めてという作家も数多く、海外で活躍している作家さんの作品を日本語圏に紹介するという役割も果たしています。

より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は、一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

引き続きこれらの活動を続けていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方は、毎月、約一ヶ月の先行公開中のコンテンツをお楽しみいただけます。

登録する

また、1円から寄付も受け付けております。サポートして頂いたお金は全てKaguya Planetの原稿料や編集料に当てられます。十分な資金が集まり次第、Kaguya Planetの作品掲載数やインタビュー記事の数を増やしていく予定です。プロジェクトの詳細はこちらの特設ページをご覧ください。

寄付をする

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の4社となっています。
    Visa
    Mastercard
    American Express
    JCB

これまでのKaguya Planet公開作品

書き下ろしSF短編小説

翻訳SF短編小説

マイクロノベル

犬と街灯『貝楼諸島へ/貝楼諸島より』参加作品

ジェンダーSF特集

シェアード・ワールド作品

笑い×SF特集

果樹園の出てくるSF短編小説

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 【Kaguya Planet】宇露倫「チャールズと約束のメカニック」、L.D.ルイス「シグナル」(勝山海百合訳) 一般公開開始!

    2. 【Kaguya Planet】枯木枕「となりあう呼吸」先行公開開始!

    3. 冬乃くじ「国破れて在りしもの」先行公開スタート! Kaguya Planet 2月のSF短編小説

    4. 史上初のヒューゴー賞長編小説部門3連覇! 黒人女性SF作家 N・K・ジェミシンとは誰か