伊藤螺子「警告! 読め!」、北野勇作「トイレの怪談」 | VG+ (バゴプラ)

伊藤螺子「警告! 読め!」、北野勇作「トイレの怪談」

カバーデザイン 浅野春美

伊藤螺子「警告! 読め!」
221字 

この学校へテレポート事故で来た人へ
まず落ちついて、帰れる可能性はある
ここは危険
音を立てるな 叫ぶな
かがみを見るな
カベにメモのこして、こんなふうに ←ナイフとか。なければゆびと血
こどもを見たらすぐにげろ
一人きたら一人かえれる、それまでねばって!
ずっと夜 朝はこない
しんだほうがまし
カギはしょくいんしつ
出口はたぶんない、とにかくにげろ、かくれろ たいいくそうこにポータルがあるよ
こうないほうそうはちゃんときこう
トイレはあんぜんだよ

↑ぜんぶウソ ワナ


たすけて

 

 

 

 

 

北野勇作さんには、伊藤螺子「警告! 読め!」から一単語使って執筆するという縛りのもと、200文字怪談をご執筆いただきました。北野さんが選んだ一単語は「トイレ」です。

 

北野勇作「トイレの怪談」
200文字

 娘が二歳くらいの頃かな、道端を指さして「おばけっ」なんてよく言ってて、見ると工事現場にあるような仮設トイレがあるんだ。電話ボックスみたいなやつね。子供には見える、なんて言うから、あの中に何かいるのかな、とか思ってた。でもそうじゃなくて、あれ自体がそうだったんだな。しかし仮設トイレに擬態する生き物なんているんだね。まあ切羽詰まった人間が飛び込んで来るもんな、こんなふうに。今頃わかっても遅いんだけど。

 

 

 

 

伊藤螺子

プロフィール

会社員兼小説家。 2011年に『オクターバー・ガール 螺旋の塔に導くものは』(徳間文庫)でデビュー。2013年には『秘密結社来夢来人 まほうびんぼう』(徳間文庫)を出版。その後同人活動に移り、『ビンダー』(発行:ククラス)や『トラベシア』(発行:鈴木並木)など、複数のリトルプレス・同人誌に寄稿。自身のサークル・ホテルニューオバケから、2019年に短編集『UFOを待っている』、2021年にはツイッターで書いた140字小説を100本まとめた掌編集『エイプリルフールの国』を刊行した。

北野勇作

プロフィール
1962
年生まれ。小説家、SF作家、役者。1992年に『昔、火星のあった場所』で第4回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。2001年、『かめくん』で第22回日本SF大賞を受賞。近年はマイクロノベルの伝道師として、ほぼ毎日Twitterに【ほぼ百字小説】をあげており、2020年にはそのうち200編を収録した『100文字SF』(早川書房)を出版。毎週水曜日21時より、谷脇クリタ、蜂本みさと共に「犬と街灯とラジオ」(通称:犬街ラジオ)をツイキャスで配信。トークと共に朗読を披露している。

伊藤螺子

会社員兼小説家。 2011年に『オクターバー・ガール 螺旋の塔に導くものは』(徳間文庫)でデビュー。2013年には『秘密結社来夢来人 まほうびんぼう』(徳間文庫)を出版。その後同人活動に移り、『ビンダー』(発行:ククラス)や『トラベシア』(発行:鈴木並木)など、複数のリトルプレス・同人誌に寄稿。自身のサークル・ホテルニューオバケから、2019年に短編集『UFOを待っている』、2021年にはツイッターで書いた140字小説を100本まとめた掌編集『エイプリルフールの国』を刊行した。

関連記事

  1. 麦原遼「それはいきなり繋がった」

  2. トシヤ・カメイ「ピーチ・ガール」(勝山海百合 訳)

  3. 虫太「わたしが島ならことばは海」

  4. アヴラ・マルガリティ「ミツバチたちの死」(日本橋和徳 訳)