7月のKaguya Planet、苦草堅一さんの笑いSF先行公開開始! | VG+ (バゴプラ)

7月のKaguya Planet、苦草堅一さんの笑いSF先行公開開始!

Kaguya Planetにて笑い×SF特集開始

SF企業 VGプラス(バゴプラ)が主宰するオンラインSF誌 Kaguya Planetにて、苦草堅一「天の岩戸の頻繁な開閉」を配信しています。「天の岩戸の頻繁な開閉」は、Kaguya Planetの笑い×SF特集に寄稿された作品。カバーデザインは梅野克晃さんが手がけました。

500円で会員登録をしていただくと、約一ヶ月の先行公開期間にお読みいただけます。ご登録よろしくお願いいたします!

登録する ログイン

※Kaguya Planetについての詳細は、記事の最後にある「Kaguya Planetに応援を!」をお読みください。

7月・8月のKaguya Planetは笑い×SF特集

Kaguya Planetで笑い × SF特集を開催中。SF小説の中には、思わずクスリと笑ってしまうような作品がたくさんあります。登場人物たちの軽快なやり取りやギャグで笑いを取る作品もあれば、小説内のSF的な要素が笑いと結びついている作品もあります。人間が何かを面白いと思った笑ったりするのは何故なんだろう、そしてそれはどんな作用を持っているんだろうということを、SF的な想像力とSF小説を通して考えます。

7月の執筆者は苦草堅一さん

苦草堅一さんは1991年生まれ、岩手県出身。いわゆる「バカSF」と呼ばれるような、思わず笑ってしまう奇想系のSF小説を多数書かれています。

2021年、髪を金髪に染めた蕎麦が怒鳴るSF「二八蕎麦怒鳴る」が、第二回かぐやSFコンテストの最終候補に選出されました。

2022年には、集英社Webマガジンコバルトで開催されたディストピア飯小説賞にて「ブンババボボイボでよいという提案」が佳作に選ばれました。また、第2回日本SF作家クラブの小さな小説コンテストでは、麺SF「ひやむぎはどこにも行けない」が一次選考を通過しました。

2022年8月刊行予定の、第一回・第二回かぐやSFコンテストの受賞者&最終候補者らによるSFアンソロジー『新月 朧木果樹園の軌跡』(Kaguya Books) に“時をかける寿司”が出てくる寿司SFを寄稿しています。

¥2,970 (2022/08/16 15:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

苦草堅一「天の岩戸の頻繁な開閉」

弟スサノオの乱暴狼藉に耐えかねたアマテラスは天の岩戸に引きこもり、世界は闇に包まれた。アメノウズメの裸踊りと神々の策略が功を奏し、姿を現したと思いきや……。

苦草堅一
ニガクサノミコトは日本神話に登場しない神。有事において度々現れ「センパイ流石っす!」「皆も見習えよな!」などと太鼓持ちをしたが、あまりにも言うことに中身がなかったため記録からは省略されている。その末裔が苦草堅一、1991年岩手県宮古市生まれ。2021年に「二八蕎麦怒鳴る」で第2回かぐやSFコンテストの最終候補に選出。

R.B.レンバーグ「砂漠のガラス細工と雪国の宝石」(岸谷薄荷 訳) 先行公開中!

Kaguya Planetでは現在、R.B.レンバーグ「砂漠のガラス細工と雪国の宝石」(岸谷薄荷 訳) を先行公開中です。R.B.レンバーグさんはウクライナ生まれの作家・詩人。クィアなバイジェンダーで、社会言語学を研究しています。

「砂漠のガラス細工と雪国の宝石」は、雪国に住む宝石職人のヴァドレイと砂漠に住むガラス細工の職人マルの出会いと交流を描いた書簡体小説です。

登録する ログイン

#かぐプラ感想 で図書カードプレゼント!

Kaguya Planetでは、小説の感想をTwitterでツイートすると毎月1名様に1,000円分の図書カードが当たるプレゼントキャンペーンを実施しています!

R.B.レンバーグ「砂漠のガラス細工と雪国の宝石」(岸谷薄荷 訳)か、苦草堅一「天の岩戸の頻繁な開閉」の感想をツイートして図書カードをゲットしよう!キャンペーンの詳細はこちら

次回の抽選は、【7月29日(金)23:59】です。

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、オンラインSF誌です。2020年12月に① 日本のSF界におけるジェンダー不均衡の是正② 新人賞以外の入り口を作ること③ 海外のようにオンラインでSF短編小説を読むカルチャーを作っていくこと、という三つの目標を掲げて活動を開始し、珠玉のSF短編小説を掲載し続けてきました。

2021年3月からは日本語の作品に加えて翻訳作品も掲載しています。邦訳が出るのはKaguya Planetが初めてという作家も数多く、海外で活躍している作家さんの作品を日本語圏に紹介するという役割も果たしています。

より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は、一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

引き続きこれらの活動を続けていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方は、毎月、約一ヶ月の先行公開中のコンテンツをお楽しみいただけます。

登録する

また、1円から寄付も受け付けております。サポートして頂いたお金は全てKaguya Planetの原稿料や編集料に当てられます。十分な資金が集まり次第、Kaguya Planetの作品掲載数やインタビュー記事の数を増やしていく予定です。プロジェクトの詳細はこちらの特設ページをご覧ください。

寄付をする

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の4社となっています。
    Visa
    Mastercard
    American Express
    JCB

これまでのKaguya Planet公開作品

書き下ろしSF短編小説

翻訳SF短編小説

マイクロノベル

犬と街灯『貝楼諸島へ/貝楼諸島より』参加作品

ジェンダーSF特集

シェアード・ワールド作品

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『かぐやSFアンソロジー(仮)』公募のお知らせ

    2. N・K・ジェミシン『第五の季節』は「災禍を生き延びようとする人々の物語」【海外SF小説】

    3. 第一回かぐやSFコンテスト佳作作品が米クラークスワールド誌に掲載へ 梶舟景司「本が読める特別な彼女」Toshiya Kameiによる翻訳

    4. 乾緑郎『機巧のイヴ』中国語訳版が発売! 翻訳者 田田による初の単著訳