枯木枕「となりあう呼吸」一般公開開始! 3月は一階堂洋さん【Kaguya Planet】 | VG+ (バゴプラ)

枯木枕「となりあう呼吸」一般公開開始! 3月は一階堂洋さん【Kaguya Planet】

枯木枕「となりあう呼吸」一般公開開始!

SFウェブメディア バゴプラが主宰するオンラインSF誌 Kaguya Planetにて、シェアード・ワールド企画を開催。シェアード・ワールド作品として、枯木枕「となりあう呼吸」を一般公開しています。カバーデザインは梅野克晃さんが手がけました。

※Kaguya Planetについての詳細は、記事の最後にある「Kaguya Planetに応援を!」をお読みください。

枯木枕「となりあう呼吸」

子供をうむには適さない土地でも子供はうまれる。その日その街で分娩室にはいった親子は二組だけだった。ひとりは夕暮れの始点にうまれ、もうひとりはぼやけた陽を西の地平がじゅうぶんにまきとり終えたあとにうまれた。

枯木枕
宮城県七ヶ浜町出身、1995年生まれ。趣味は焚き火。第28回ゆきのまち幻想文学賞入選。2021年に第二回かぐやSFコンテストにて「境界のない、自在な」が読者賞を受賞。総合広告代理店での勤務を経て、さいきん無職になった。次はあなたの家の庭に寝そべる犬になる予定でいる。

 

シェアード・ワールド作品を公募!

枯木枕「となりあう呼吸」は、Kaguya PlanetとSF同人誌「SFG」のコラボによる、シェアード・ワールド作品です。「となりあう呼吸」と共通の世界を舞台にしたSF短編小説「ささやかなおとの鳴る」を5月に発行される「SFGvol.4」に掲載します

そして、この世界を共通の舞台にしたSF短編小説を公募します!公募に参加される方は、「となりあう呼吸」を読み解きながら作品を構想してください。公募期間は4月1日(金)~11日(月)。詳細はこちらをご覧ください。

枯木枕さんの新作が収録されるアンソロジー、クラファン実施中!

枯木枕さんは、バゴプラの主催する新しいSF書籍レーベル Kaguya Books から刊行する『かぐやSFアンソロジー(仮)』に新作SF短編小説を寄稿します。そして現在、『かぐやSFアンソロジー(仮)』の先行予約をクラウドファンディングとして受付中!

また、リターンの一つエッセイ集「私の小説の書き方」にもエッセイを寄稿します。こちらはクラウドファンディングでしか入手できないので、お見逃しなく!

クラウドファンディングの期間は2022年3月1日(火)〜3月31日(木)です。

3月のKaguya Planetは一階堂洋さん

山梨県出身東京在住。みそは入っていませんけどというブログを運用しています。文章結社リベルによる「Katalhito Vol.1」、「Katalhito Vol.2」に小説を寄稿しています。

2021年に開催された第二回かぐやSFコンテストで、「熱と光」が審査員特別賞を受賞。文章や構成、現代的なテーマの取り扱い方などが高い評価を受けました。

第二回かぐやSFコンテストで審査員特別賞の賞品として、2022年3月、4月と二ヶ月に渡って新作のSF短編小説を執筆していただきます。

宮澤伊織さんのインタビュー、宇露倫「チャールズと約束のメカニック」、L.D.ルイス「シグナル」(勝山海百合訳) 先行公開中!

Kaguya Planetにて、漫画化・アニメ化もされた「裏世界ピクニック」シリーズ(早川書房)などで知られる宮澤伊織さんのインタビューを先行公開中です。

また、ヒューマノイドと人間の差別と絆を描いた宇露倫「チャールズと約束のメカニック」、巨獣ビーストによって人類の大半が滅ぼされた地球で捨て駒として使われている少女兵シグナルの物語、L.D.ルイス「シグナル」(勝山海百合訳)も先行公開しています。

SF掌編コンテストの未来を考える、オンラインイベント開催!

「日本SF作家クラブの小さな小説コンテスト」を主催した日本SF作家クラブと、かぐやSFコンテストを主催したバゴプラで、日本のSF掌編コンテストの可能性や未来について考えます!

日時:3月25日(金) 21時から22時半
開催方法:オンライン(Zoomを使用して開催します)
アーカイブ:配信から一週間(4月1日(金)まで)、アーカイブを視聴することができます。

出演者:池澤春菜、長谷敏司、門田充宏、井上彼方、齋藤隼飛
参加費:1,000円
主催:SFウェブメディア バゴプラ
共催:日本SF作家クラブ

3月から4月初頭のKaguya Planet & バゴプラのスケジュール

3月から4月初頭のKaguya Planetスケジュールは以下の通りです。

3月19日(土) 宮澤伊織さんのインタビュー一般公開開始

3月25日(土) オンラインイベント「みんなで考えよう! SF掌編コンテストの未来」
3月26日(土) 一階堂さん新作SF短編小説先行公開開始
4月1日(金) シェアード・ワールド作品公募開始
4月2日(土) 宇露倫「チャールズと約束のメカニック」、L.D.ルイス「シグナル」(勝山海百合訳)

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、SF短編小説をオンラインで配信するプロジェクトです。2020年12月に① 日本のSF界におけるジェンダー不均衡の是正② 新人賞以外の入り口を作ること③ 海外のようにオンラインでSF短編小説を読むカルチャーを作っていくこと、という三つの目標を掲げて活動を開始し、珠玉のSF短編小説を掲載し続けてきました。

2021年3月からは日本語の作品に加えて翻訳作品も掲載しています。邦訳が出るのはKaguya Planetが初めてという作家も数多く、海外で活躍している作家さんの作品を日本語圏に紹介するという役割も果たしています。

より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は、一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

引き続きこれらの活動を続けていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方には、毎月約一ヶ月早くKaguya Planetのコンテンツを先行公開しています。

登録する

また、1円から寄付も受け付けております。サポートして頂いたお金は全てKaguya Planetの原稿料や編集料に当てられます。十分な資金が集まり次第、Kaguya Planetの作品掲載数やインタビュー記事の数を増やしていく予定です。プロジェクトの詳細はこちらの特設ページをご覧ください。

寄付をする

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の3社となっています。現時点ではJCBには対応しておりませんので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。
    Visa
    Mastercard
    American Express

これまでのKaguya Planet公開作品

ジェンダーSF特集

書き下ろしSF短編小説

翻訳SF短編小説

マイクロノベル

犬と街灯「島アンソロジー」参加作品

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. Kaguya Planet 9月先行公開、f3hito「archipelago」(翻訳:f3hito)、北野勇作「ひゃくじま」、佐々木倫「風の鳴る島」配信開始!

    2. 郝景芳「折りたたみ北京」がイタリアでも刊行! 中国語からイタリア語に翻訳した『Pechino pieghevole』が7月15日発売

    3. 伴名練編『新しい世界を生きるための14のSF』6月22日発売 Kaguya Planetから蜂本みさ「冬眠世代」、麦原遼「それはいきなり繋がった」が収録

    4. 勝山海百合「あれは真珠というものかしら」アルゼンチン誌に掲載 Toshiya Kameiによるスペイン語訳