3月1日(火)より、新SFレーベル Kaguya Books のクラウドファンディングを実施します! | VG+ (バゴプラ)

3月1日(火)より、新SFレーベル Kaguya Books のクラウドファンディングを実施します!

クラウドファンディングを実施します!

SFメディアのバゴプラとオンラインSF誌のKasguya Planetは、2022年3月1日(火) 0時より、新たなSF書籍レーベルの Kaguya Books の立ち上げに際してクラウドファンディングを実施します!

これまで、かぐやSFコンテストKaguya Planetでは、新しいSF作品が読める場を創出することや、ジェンダーギャップへの取り組み、海外進出を目指すことなどを掲げて運営を行って参りました。その中で、ユーザーの皆さまから書籍展開を望む声を多く頂戴し、SF書籍レーベルのKaguya Booksを立ち上げて、これらの取り組みをウェブから書籍へとつなげていくことにいたしました。

第一弾の刊行ラインナップは、「かぐやSFアンソロジー(仮)」「蜂本みさ長編」「大阪SFアンソロジー/京都SFアンソロジー(仮)」の三つで、いずれも社会評論社より刊行いたします。また、大阪のリトルプレス専門ショップ犬と街灯谷脇クリタさんが「かぐやSFアンソロジー(仮)」「蜂本みさ長編」に制作協力として加わります。

Kaguya Books 刊行ラインナップの詳細は、こちらの記事をご覧ください。

そして、Kaguya Booksの立ち上げに際して行う今回のクラウドファンディングでは、以下の三つの目的の達成を目指します!

① 先行予約という形で発行部数の見込みを立てること
② 新しいSFレーベルの存在を広く知ってもらうこと
③ 新レーベルの発足を通して日本のSFを盛り上げること

目標設定額は250万円
クラウドファンディングで集まった資金は、Kaguya Books作品の制作費と宣伝費の一部として使用させていただきます(目標額を達成できなかった場合も、書籍刊行プロジェクトは引き続き実行します)。また、このクラウドファンディングでは、現在制作を進めている「かぐやSFアンソロジー(仮)」と「蜂本みさ長編」の先行予約をリターンとして用意しております。

その他にも楽しいリターンを用意しています。豪華応援コメントも掲載される他、Kaguyaブランドの新たなイメージカラーも発表しますので、ぜひ3月1日より公開されるクラウドファンディングページをチェックしてみてください。

 

本クラウドファンディングの概要は以下の通りです。

タイトル:新しい日本のSF書籍レーベルに応援をお願いします!
期間  :2022年3月1日(火)〜3月31日(木)
目標額 :250万円
掲載先 :CAMPFIRE

バゴプラチームにとっても新たなチャレンジです。
チーム一丸となって頑張りますので、応援のほど、宜しくお願い致します!

毎日配信も実施!

なお、クラウドファンディング中は“毎日配信企画”を実施します。Twitterスペースやインスタライブ、配信イベントなどを企画しています。「かぐやSFアンソロジー(仮)」の編者で「蜂本みさ長編」の編集を担当する井上彼方と、バゴプラの経営面を担当する齋藤隼飛が出演する予定です。

Kaguya BooksのInstagramではSF書籍紹介の動画をアップしていきますので、こちらもフォローをよろしくお願いします。

 ☆現在決定している配信企画
2/28(月) 23:30-3/1(火) 0:30
Kaguya Books クラウドファンディング 始まりのカウントダウン配信(Twitterスペース)

 

3/2(水) 21:00-22:30
犬街ラジオに井上彼方ゲスト出演(ツイキャス)

 

3/3(木) 21:30-22:30
井上彼方と犬と街灯 谷脇クリタの「かぐやSFアンソロジー(仮)」タイトル検討会議(ツイキャス)

 

3/6(日) 14:00-15:00
井上彼方に50の質問(Twitterスペース)

Kaguya Books 立ち上げの応援クラウドファンディングは2022年3月1日(火) 0時よりスタート。

3/1 追記:クラウドファンディングがスタートし、ページが公開されました! 応援、宜しくお願いします!

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 津原泰水「隣のマキノさん」英訳が米Storm Cellar誌に掲載。Toshiya Kameiによる翻訳

    2. Kaguya Planet 1月のジェンダーSF特集、執筆者紹介!

    3. Kaguya Planet 9月の筆者・スケジュール公開! 犬と街灯「島アンソロジー」とのコラボも開始

    4. 勝山海百合「白桃村」が豪SF誌のAntipodeanSFに掲載 Toshiya Kameiによる翻訳