【Kaguya Planet】ジェンダーSF特集、高山羽根子さん&正井さんの書き下ろしSF短編小説、近藤銀河さんの論考、一般公開開始! | VG+ (バゴプラ)

【Kaguya Planet】ジェンダーSF特集、高山羽根子さん&正井さんの書き下ろしSF短編小説、近藤銀河さんの論考、一般公開開始!

Kaguya PlanetにてジェンダーSF特集開催中

SFメディアのバゴプラが運営するオンラインSF誌Kaguya Planetにて、「魔女」「ケア」「おばあちゃん」の三つのテーマにスポットをあてたジェンダーSF特集を開催し、以下の2編のSF短編小説と1本の論考を一般公開中です。こちらの作品は、12月のKaguya Planet先行公開作品として配信された作品です。

  • 高山羽根子さんによる魔女SF「種の船は遅れてたどり着く」
  • 正井さんによるケアSF「優しい女」
  • 近藤銀河さんによる論考「SFの中で踊る魔女 ─未来をフェミニストとして生き延びるために─」

Kaguya Planetは、バゴプラの主催するオンラインSF誌です。500円で“応援”の登録をして頂くと、各作品やインタビューを約1ヶ月の先行公開期間に読むことができます。

ログイン

登録する

※Kaguya Planetについての詳細は、記事の最後にある「Kaguya Planetに応援を!」をお読みください。

 

高山羽根子「種の船は遅れてたどり着く」

彼女たちが移住のために『種の船』に乗っていたのは、人類がまだ狩猟と採集による生活をしていた時代の話
記録されず、いなかったことにされた女性たちの姿を、SF的想像力で浮かび上がらせる短編小説。

高山羽根子
1975年生まれ。SF作家。多摩美術大学美術学部絵画学科を卒業。2009年に「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作を受賞。同作が収録された短編集『原色の想像力』(創元SF文庫)にてデビュー。2014年には短編集『うどん キツネつきの』(創元SF文庫) を刊行。『うどん キツネつきの』は第36回日本SF大賞最終候補に選出された。2016年には『太陽の側の島』で第2回林芙美子文学賞を受賞。2020年には『首里の馬』(新潮社) で第163回芥川龍之介賞を受賞。武器としての、そして祈りとしての映像と、女性たちの姿を描いた新作『暗闇にレンズ』(東京創元社)は現在選考中の第42回日本SF大賞の最終候補作となっている。
¥1,777 (2022/06/30 00:44:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

近藤銀河「SFの中で踊る魔女 ─未来をフェミニストとして生き延びるために─」

SF作品の中で、性差別や社会のシステムに抗い、怒りを抱えてきたものたちはたくさん描かれてきた。そんなSFの中にいる魔女的な人々を語り、社会を動かす魔女のパワーを伝えるエッセイ。

近藤銀河
フェミニズムとセクシュアリティの観点から美術や文学、サブカルチャーについて研究・執筆し、アーティストとして実践を行なっている。日本SF作家クラブの会員。2020年には「フェミニストによるフェミニズムSF」を『SFマガジン』2020年8月号に、「女/オタクという多重する経験を生きること。創作を通してアイデンティを語ること。」を『ユリイカ』2020年9月号に寄稿している。2021年には「未来の女を想うとき──SFはフェミニズム」を『フェミニズム文学ガイド』(水上文編) に、「『シン・エヴァンゲリオン』とポストフェミニズム」を『『シン・エヴァンゲリオン』を読み解く』(河出書房新社) に寄稿している。

 

※正井「優しい女」は、先行公開したバージョンから一部改稿しております。

正井「優しい女」

IKEAが発売した単機能AIは、当初は顧客対応を目的としていた。自分と顧客のやり取りを学習させ、近似した会話を可能にする。これを別の用途で使う人々を見つけたのは三ヶ月ほど前だ。彼らはそれに、義理の両親や老いた親とのやり取りをさせていた。

正井
2014年に個人誌としてSF短編集『沈黙のために』を発表。2017年には『さまよえるベガ・君は』を、2019年には『沈黙のために』の新装版を発行した。「大食い女」を寄稿した『フード性悪説アンソロジー 燦々たる食卓』(2018) をはじめ、数多くの同人誌で小説および短歌・俳句を発表してきた。2019年に第一回ブンゲイファイトクラブ本戦出場。2020年には第一回かぐやSFコンテストで「よーほるの」が最終候補11作品に選出され、Kaguya Planetに掲載した人魚譚「宇比川」もSNSを中心に話題になった。唯一無二の作風でファンから強い支持を得ている。

1月のジェンダーSF特集先行公開中!

Kaguya Planetでは現在、1月のジェンダーSF特集を先行公開中!

なかむらあゆみさんの老姉妹SF「玉田ニュータウンの奇跡」、男性性とケアを扱ったジェーン・エスペンソンさんの「ペイン・ガン ある男のノーベル賞受賞式に向けたメモ」(岸谷薄荷訳) と虫太さんの「上と下」を先行公開しています。

500円で会員登録をすると一ヶ月の先行公開期間に読むことができます。登録よろしくお願いいたします!

ログイン

登録する

Kaguya Planetにてシェアード・ワールド企画開催!

Kaguya PlanetとSF同人誌SFGによるコラボ、シェアード・ワールド企画を開催します!

枯木枕さんによる姉妹編のSF短編小説、「となりあう呼吸」と「演奏(仮)」をKaguya Planetと「SFGvol.4」に掲載します。こちらの姉妹編は、世代を経るごとに人の体が脆くなる世界を共通の舞台にしたSF短編小説です。そして、この世界をシェアード・ワールドとして、世界観を共有したSF短編小説を公募します

「となりあう呼吸」はKaguya Planetにて2月5日(土)に先行公開開始!詳細はこちらからご確認ください。

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、オンラインSF誌です。2020年12月に① 日本のSF界におけるジェンダー不均衡の是正② 新人賞以外の入り口を作ること③ 海外のようにオンラインでSF短編小説を読むカルチャーを作っていくこと、という三つの目標を掲げて活動を開始し、珠玉のSF短編小説を掲載し続けてきました。

2021年3月からは日本語の作品に加えて翻訳作品も掲載しています。現在作品を配信しているD・A・シャオリン・スパイアーズさんとユキミ・オガワさん、アヴラ・マルガリティさんとジョイス・チングさんは邦訳が出るのはKaguya Planetが初めてで、海外で活躍している作家さんの作品を日本語圏に紹介するという役割も果たしています。

より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は、一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

引き続きこれらの活動を続けていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方には、毎月約一ヶ月早くKaguya Planetのコンテンツを先行公開しています。

登録する

また、1円から寄付も受け付けております。サポートして頂いたお金は全てKaguya Planetの原稿料や編集料に当てられます。十分な資金が集まり次第、Kaguya Planetの作品掲載数やインタビュー記事の数を増やしていく予定です。プロジェクトの詳細はこちらの特設ページをご覧ください。

寄付をする

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の3社となっています。現時点ではJCBには対応しておりませんので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。
    Visa
    Mastercard
    American Express

 

これまでのKaguya Planet公開作品

ジェンダーSF特集

書き下ろしSF短編小説

翻訳SF短編小説

マイクロノベル

犬と街灯「島アンソロジー」参加作品

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. Kaguya Planet 9月の筆者・スケジュール公開! 犬と街灯「島アンソロジー」とのコラボも開始

    2. 『メカ・サムライ・エンパイア』へのトリビュート曲を『スマブラ』シリーズの川田宏行が発表

    3. 3月1日(火)より、新SFレーベル Kaguya Books のクラウドファンディングを実施します!

    4. 大滝瓶太「直行言語の孤独」英訳がSci Phi Journal誌に掲載 Toshiya Kameiによる翻訳