バゴプラ主催 第一回かぐやSFコンテストに360名416編の応募あつまる【応募期間終了】 | VG+ (バゴプラ)

バゴプラ主催 第一回かぐやSFコンテストに360名416編の応募あつまる【応募期間終了】

第1回かぐやSFコンテスト応募期間が終了

2020年7月7日午前0時、SFウェブメディアのバゴプラが主催する新たなSF文学コンテスト、かぐやSFコンテストの記念すべき第一回目の応募期間が終了した。本コンテストでは「未来の学校」をテーマに最大4,000字のSFショートショート作品を募集。1人2作品まで応募が可能で、6月5日(金)から7月7日(火)の応募期間中に360名の作家から416編の作品が届いた。

かぐやSFコンテストでは応募資格に条件は設けていない。多様な立場の作家から、様々なカタチで「未来の学校」に想像を巡らせた作品が寄せられた。最優秀作品は英語と中国語に翻訳後、ウェブに掲載されることになっている。どの作品が日本から世界へ向けて挑戦するこのチャンスを掴むことになるのだろうか。

寄せられた416編の作品は審査委員会による一次審査にかけられ、最終候補作品が決定される。最終候補に選ばれた作品は7月24日(金)に匿名でウェブ上に公開され、8月7日(金)までの期間、読者投票を実施する。読者投票で最も多くの票を集めた作品には読者賞が贈られる。

最終候補作品および最優秀賞を決定する審査委員会は橋本輝幸、井上彼方、バゴプラ編集部で構成される。最優秀作品を英語に翻訳するのはイーライ・K・P・ウィリアム、中国語への翻訳は田田が行う。

第一回かぐやSFコンテストのスケジュールは以下の通り。

・応募期間:6/5(金)-7/6(月)
・一次選考期間:7/7(火)-7/23(木)
・最終候補作品の発表:7/24(金)
・最終候補作品を匿名で公開/読者投票期間:7/24(金)-8/7(金)
・最終候補作品の筆者名公開:8/8(土)
・審査委員会による最終選考期間:8/8(土)-8/14(金)
・結果発表:8/15(土)
・最優秀作品の英語・中国語翻訳を公開:10月頃

どのような作品が最終候補に選ばれるのか、7月24日(金)の発表を楽しみに待っていただきたい。

最終候補に残った11作品のタイトルは、以下のページでチェックできる。

かぐやSFコンテスト特設ページ

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 劉慈欣の児童書シリーズは売上80万部超 第二弾には『流転の地球』原作を収録

  2. 『空のあらゆる鳥を』チャーリー・ジェーン・アンダーズ、最新作がドラマ化へ ソニーが『The City In The Middle Of The Night』のドラマ化権を獲得

  3. 勝山海百合「あれは真珠というものかしら」がスペイン語で登場! Toshiya Kameiによる翻訳

  4. 『文藝』2020年春号は「中国・SF・革命」 ケン・リュウの初邦訳掲載、藤井太洋、立原透耶らも参加