Kaguya Planet 9月先行公開、宮内悠介「偽の過去、偽の未来」配信開始! | VG+ (バゴプラ)

Kaguya Planet 9月先行公開、宮内悠介「偽の過去、偽の未来」配信開始!

Kaguya Planetにて、宮内悠介「偽の過去、偽の未来」先行公開開始!

SFメディアのバゴプラが運営するKaguya Planetにて、宮内悠介「偽の過去、偽の未来」の先行配信を開始します。カバーイラストは、浅野春美さんが手掛けました。

Kaguya Planetは、オンラインでSF短編小説を定期掲載していくプロジェクトです。500円で“応援”の登録をして頂くと、各作品やインタビューを約1ヶ月の先行公開期間に読むことができます。

ログイン

登録する

※Kaguya Planetについての詳細は、記事の最後にある「Kaguya Planetに応援を!」をお読みください。

宮内悠介新作SF短編小説を先行配信

宮内悠介さんは1979年生まれの小説家。日本SF作家クラブ、日本推理作家協会の会員です。

子どもの頃からプログラミングや作曲をしており、16歳から小説を執筆していました。2010年に「盤上の夜」が第1回創元SF短編賞で選考委員特別賞を受賞し、2012年に同作を収録した連作短編集『盤上の夜』(東京創元社)を刊行しデビューしました。『盤上の夜』は第33回日本SF大賞を受賞しました。

¥902 (2021/10/24 13:38:46時点 Amazon調べ-詳細)

SF、ミステリー、純文学など、ジャンル横断的に活躍しており、作品は韓国語、フランス語、英語、中国語(繁体字)など、多くの言語に翻訳されています。

2020年にはクラウディア・ヴァーホーヴェン『最初のテロリスト カラコーゾフ ― ドストエフスキーに霊感を与えた男』(筑摩書房) の翻訳を手がけました。2021年には『小説幻冬』(幻冬舎)にて「牧神に捧ぐ推理」を連載、『偶然の聖地』 (講談社文庫)が文庫化しました。

¥836 (2021/10/24 15:28:09時点 Amazon調べ-詳細)

海外での経験も多く、幅広い知識や経験に裏打ちされた作品が魅力の作家で、執筆、翻訳、プログラミング、作曲など幅広い創作活動をしています。

今回Kaguya Planetに掲載する作品は、『指輪物語』や暗号通貨、未来と過去との向き合い方など、たくさんのテーマが凝縮されたSF短編小説です。『WIRED』(2021,vol.42)に掲載した「最後の共有地」と合わせて暗号通貨シリーズとなっています。

¥1,100 (2021/10/24 15:28:10時点 Amazon調べ-詳細)

宮内悠介「偽の過去、偽の未来」

父がわたしに見せてくれたもの、それは一言であらわすならば、未来だった……
放課後はよく、父の作った『指輪物語』のゲームでミシェルと遊んだ。やがて父がお決まりのセリフとともに帰ってくる。

宮内悠介
1979年生まれ。小説家。日本SF作家クラブ、日本推理作家協会会員。2010年に「盤上の夜」が第1回創元SF短編賞で選考委員特別賞を受賞。同作を収録した連作短編集『盤上の夜』(東京創元社,2012年)にてデビューし、第33回日本SF大賞を受賞。SFや純文学など、ジャンル横断的に活躍しており、作品は韓国語、英語、中国語(繁体字)など、多くの言語に翻訳されている。2021年には『偶然の聖地』 (講談社文庫)が文庫化、『WIRED』(2021,vol.42)に「最後の共有地」を掲載。「最後の共有地」は「偽の過去、偽の未来」と合わせて暗号通貨シリーズとなっている。海外での経験も多く、執筆、翻訳、プログラミング、作曲など幅広い創作活動をしている。

「島アンソロジー」参加作品先行公開中!

Kaguya Planetでは現在、犬と街灯主催の「島アンソロジー」参加作品を先行配信しています。配信しているのは、f3hito「archipelago」(翻訳:f3hito)北野勇作「ひゃくじま」佐々木倫「風の鳴る島」の三編です。

「島アンソロジー」は、遥か大海原のどこかにあるといわれる「貝楼諸島」を舞台にした、物語、紀行文、伝承、詩歌、観光案内などを集めたアンソロジーです。それぞれの作品は、ゆるやかに世界観を共有しつつも、参加者が自由に創作しています。

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、SF短編小説をオンラインで配信するプロジェクトです。2020年12月に① 日本のSF界におけるジェンダー不均衡の是正② 新人賞以外の入り口を作ること③ 海外のようにオンラインでSF短編小説を読むカルチャーを作っていくこと、という三つの目標を掲げて活動を開始し、珠玉のSF短編小説を掲載し続けてきました。

2021年3月からは日本語の作品に加えて翻訳作品も掲載しています。現在作品を配信しているD・A・シャオリン・スパイアーズさんとユキミ・オガワさん、アヴラ・マルガリティさんとジョイス・チングさんは邦訳が出るのはKaguya Planetが初めてで、海外で活躍している作家さんの作品を日本語圏に紹介するという役割も果たしています。

より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は、一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

引き続きこれらの活動を続けていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方には、毎月約一ヶ月早くKaguya Planetのコンテンツを先行公開しています。

登録する

また、1円から寄付も受け付けております。サポートして頂いたお金は全てKaguya Planetの原稿料や編集料に当てられます。プロジェクトの詳細はこちらの特設ページをご覧ください。

寄付をする

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の3社となっています。現時点ではJCBには対応しておりませんので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。
    Visa
    Mastercard
    American Express

 

これまでのKaguya Planet公開作品

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 岡本俊弥「わらし」英訳が英Fudoki Magazine掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

    2. NHK Eテレ『100分de名著』で「小松左京スペシャル」を放送 第一回目は「地には平和を」

    3. 戦争の忘却に警鐘——小松左京「戦争はなかった」

    4. 英ホラーアンソロジー『Home』に勝山海百合、大木芙沙子、紅坂紫が参加 Toshiya Kameiによる翻訳