ポストクレジット&ラスト ネタバレ解説『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』最後のアレを徹底考察 | VG+ (バゴプラ)

ポストクレジット&ラスト ネタバレ解説『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』最後のアレを徹底考察

© 2022 Marvel

『ドクター・ストレンジ MoM』公開

MCU映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が、2022年5月4日(水・祝)より、遂に劇場で公開された。「スパイダーマン」シリーズで知られるサム・ライミ監督が指揮をとった本作は、映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム 』(2021) とドラマ『ワンダヴィジョン』(2021) のその後を描く重要な作品になっている。

MCU映画では28作目となった『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』では、どのような結末が待っていたのだろうか。今回は、ラストの展開とミッドクレジットシーン、そしてポストクレジットシーンについて徹底解説&考察していく。

以下の内容は映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の結末に関するネタバレを含むため、必ず本編を劇場で鑑賞してから読むようにしていただきたい。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の結末に関する重大なネタバレを含みます。

『ドクター・ストレンジ MoM』ラストはどうなった?

ドクター・ストレンジの変化

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のラストでは、ドクター・ストレンジが闇に堕ちたシニスター・ストレンジの禁断の書ダーク・ホールドを奪い、他のユニバースの自分の身体を乗っとる“ドリーム・ウォーク”を駆使してワンダに挑む。

ドクター・ストレンジが操ったのは、アメリカ・チャベスと共にアース616(MCUのメインユニバース)へやって来たディフェンダー・ストレンジの死体だった。ゾンビのように蘇ったストレンジだったが、ダーク・ホールドを使ったことで悪霊達に取り憑かれそうになる。

イルミナティがいたアース838のドクター・ストレンジも、サノスとの戦いの中でダーク・ホールドを使用してドリーム・ウォークを実行していたという。その結果、“インカージョン”と呼ばれるユニバース同士の衝突を起こし、一つの宇宙を消してしまった。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018) におけるドクター・ストレンジは、タイム・ストーンを持っていたため、サノスを倒すパターンを見るのにダーク・ホールドは必要なかったのだろう。

だが、いずれのドクター・ストレンジにも共通していたのは、独りよがりに独断で作戦を進めたということだ。アース616のドクター・ストレンジも、トニー・スタークの死によってサノスに打ち勝てると知っていて、それを誰にも共有することなく戦いを進めていた。その性格はどのストレンジも同じなようで、『マルチバース・オブ・マッドネス』では、ドクター・ストレンジはどのユニバースのストレンジとも共闘できなかった。

しかし、今回のドクター・ストレンジは、クリスティーンに頼ることができた。悪霊から自分を守ってほしいとお願いし、魔法に関する知識が豊富なアース838のクリスティーンは、サンクタム・サンクトラムにあったボムガリアスの火桶を使って敵を倒していく。この火桶(壺)は映画『ドクター・ストレンジ』(2016) でストレンジが手に取ったものの使い方が分からず、カエシリウスに「使い方を知らないのか?」と言われていたアイテムだ。

ダーク・ホールドの力にダーク・ホールドで立ち向かったドクター・ストレンジは一時ワンダを封じ込めることに成功。ウォンはその間に捕らえられていたアメリカ・チャベスからパワーを吸収するように言い、アメリカ・チャベスもまたそうするように促す。しかし、ストレンジはアメリカを解放すると、トニー・スタークやピーター・パーカーを犠牲にして世界を救って来たのとは違う決断を下す。

トニーもピーターも合意の上で「これしか道がない」と納得した上で世界のために犠牲になったが、他にも道があると、アメリカの・チャベスが力を目覚めさせることに賭けたのだ。アメリカ・チャベスもまたワンダを倒すのではなく、暴走するワンダの姿をビリーとトミーに見せることで、それは子ども達が望む姿ではないと気づかせる。

ワンダの最後

ドラマ『ワンダヴィジョン』(2021) の時は誰もワンダに寄り添うことはなかったが、ここでアース838のワンダがアース616のワンダ自身に寄り添い、アース616のワンダは別ユニバースのトミーとビリーを手に入れることを諦める。そして、ダーク・ホールドを自分の手で封じると言うワンダは、あらゆるユニバースのダーク・ホールドを焼き払ってみせる。

ワンダは最後に自分を封印したように見えるが、ワンダの物語としてはなんとも救われない終わり方だった。『インフィニティ・ウォー』と『ワンダヴィジョン』で地に落ちたワンダの人生は、『マルチバース・オブ・マッドネス』でも報われることはなかった。それに、典型的な「悪い女=魔女を罰する物語」になっており、その点も釈然としない。

今回はドクター・ストレンジのお話であり、原作コミックの設定に沿うということもあるのだろうが、ここまでワンダを苦しめておいて、マーベル・スタジオはどのように落とし前をつけるのか。『ワンダヴィジョン』でワンダが封印した魔女のアガサを主人公に据えるドラマ『アガサ:ハウス・オブ・ハークネス(原題)』(配信時期未定) でこの続きが描かれることを期待しよう。

アメリカ・チャベスとストレンジのその後

前作『ドクター・ストレンジ』で大義のために生きると決めたストレンジだったが、アース838のクリスティーンに変わらぬ思いを告げる。アース616からストレンジを迎えに来たアメリカ・チャベスは、その後、再建されている魔術師たちの修行場カマー・タージでウォンの下、修行を始める。かつてストレンジがエンシェント・ワンの下でそうしたように。

ウォンが心配していたのは禁忌を破って自分の死体でドリーム・ウォークを実行したストレンジのことだった。それでも、ストレンジの「幸せか」という問いにウォンは「この人生に感謝している」と答え、仲間がいることを確認し合う(だからこそ“ワンダ事変”の時に旧アベンジャーズが誰もワンダのもとに駆けつけなかったことはどうかと思うのだが)。

少し謙虚になったストレンジは、ソーサラー・スプリームであるウォンにお辞儀をしてニューヨークのサンクトラムへと帰っていく。それを引き留めたのはアメリカ・チャベス。ピーター・パーカーを思わせる初々しさで「あなたがいるユニバースに落ちてよかった」と言うと、ストレンジは「私もだ」と二回言う。アメリカとの出会いによって、ストレンジも少し変わることができたのだ。

そしてドクター・ストレンジは新しい人生を生き始める。クリスティーンからもらい、ひび割れたままにしていた時計を修理すると、かつての高級時計コレクションとは違う小さな箱にしまい、普段着のシャツでニューヨークの街へと出かけていく。クリスティーンへの思いを捨てることはないが、壊れたままのものに未練を持つのではなく、新しい日々を生きるという姿勢の現れだろう。

「大義のために生きる」と決めた日から着ていた仰々しい魔術師のコスチュームではなく、自分の人生も大切にする新しい日々が始まる……かと思いきや、BGMのエレキギターの音が激しくなっていき、ストレンジは歩道に倒れ込む。そして、顔をあげたストレンジの額には、世界を破滅に導いたシニスター・ストレンジと同じ第三の目が生まれていた。

ウォンが恐れていた通り、ダーク・ホールドを使用した影響が出たのだろう。原作コミックでも登場する第三の目は、過去を見たり他人の心を操るといった力を得ることができ、ストレンジは魔術師として一段と強力な力を得ることになる。ホラー映画らしい不吉な終わり方をやっておきたかったのだろう。本当のラストはこの後のミッドクレジットシーンにある。

ミッドクレジットシーンはどうなった?

クレア登場か

ミッドクレジットシーンでは、一転してドクター・ストレンジは元気な様子を見せている。そこに誰かが「ドクター・ストレンジ」と声をかける。筆者は一瞬「ピーター!?」と期待してしまったことは内緒だ。

このミッドクレジットシーンに登場したのは、原作コミックでドクター・ストレンジのパートナーになるクレアだと思われる。クリスティーンとの関係に終止符を打ったストレンジの新たなロマンスを予感させるエンディングになっているのだ。やはりワンダとの差が目立つが……。

クレアを演じているのは、なんとシャーリーズ・セロン。『モンスター』(2003) のアイリーン・ウォーノス役でのアカデミー主演女優賞受賞、『プロメテウス』(2012) でのメレディス役、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015) のフュリオサ大隊長役、『オールド・ガード』(2020) でのアンディ役など、数々の名演技を見せてきた大俳優だ。なお、クレアは1978年にテレビで放映された『ドクター・ストレンジ』にも登場しており、この時はアン=マリー・マーティンが同役を演じている。

シャーリーズ・セロンは『マルチバース・オブ・マッドネス』の米公開日に自身のTwitterに「Cat’s out of the bag.」と投稿。これは「袋から猫が出てきた」という言葉が転じて「秘密がバレてしまう」という意味のイディオムだ。本作のポストクレジットを意識しての投稿だと思われる。

クレアは、インカージョンを修正しなければならないとドクター・ストレンジに告げ、ストレンジはマフラーをマントに変えると、第三の目を開いてこれに応える。この時、クレアが開いた時空の裂け目の向こう側は、前作『ドクター・ストレンジ』でドルマムゥとの最終戦の舞台となった暗黒次元(ダーク・ディメンション)になっている。クレアは原作コミックではドルマムゥの姪である。

もう少し詳しく書くと、クレアはドルマムゥの妹ウマルの娘だ。ウマルはドルマムゥから暗黒次元を追放されるが、ドクター・ストレンジがドルマムゥを倒したことでこの追放が解かれ、ドクター・ストレンジの敵として登場する。つまり、MCUでもクレアの母ウマルが新たな脅威となって登場する可能性はある。

なお、クレアはドクター・ストレンジと共に暮らすのだが、ドクター・ストレンジの死後、クレア・ストレンジを名乗って地球のソーサラー・スプリームになる。2022年3月には新たなコミックシリーズ『STRANGE』の刊行がスタート。クレアが主人公だが、暗黒次元出身で博士号はないため、“ドクター・ストレンジ”ではなく、単に『ストレンジ』というタイトルになっている。

¥275 (2022/09/27 20:22:20時点 Amazon調べ-詳細)

エンシェント・ワンがそうであったように、暗黒次元と魔術の双方の力を持つクレアの活躍に期待がかかるが、MCU版ではどのようなキャラクターとして描かれるのだろうか。この後、「ドクター・ストレンジは帰ってくる」という文字が表示されるのだが、次作を境に主人公がバトンタッチという展開もあり得るのだろう。MCUでは、単独作品4作で主人公になったのはソーだけである。

また、『エターナルズ』(2021) のラストで登場したあの人のことも踏まえると、大スターをポストクレジットでサプライズ登場させるのは、MCUの一つの戦略になっている。アメリカ・チャベス役のソーチー・ゴメスら新スターの活躍と共に、次の展開に期待しよう。

ポストクレジットシーンはどうなった?

デッドプールのオマージュか

エンドクレジットの後、映し出されたポストクレジットシーンは、映画の前半で登場したアース838のピザボール屋の姿だった。ドクター・ストレンジに突っかかったことで自分を殴り続ける魔法をかけられた人物だ。ストレンジはこの魔法の効果を「3週間」と話していたが、どれくらいの時間が経ったのだろうか。

ようやく自分を殴る手が止まると、この人物は笑い声をあげ「終わった!」と喜ぶのだが、この時、明らかにカメラ目線で観客の方を向いている。これは映画『デッドプール』(2016) へのオマージュだと考えられる。

実は『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』では、ポストクレジットシーンでデッドプールに関連する映像が流れるという噂が立っていた。映画『デッドプール』のポストクレジットシーンでは、デッドプールがカメラ越しに「もう終わったよ」と観客に語りかける。ピザボールの店主の「終わった!」も、デッドプールの「もう終わったよ」も、英語では同じ「It’s over.」なのだ。

このポストクレジットの演出は、一つのミームになっており、初出はジョン・フューズ監督の映画『フェリスはある朝突然に』(1986) でのこと。エンドクレジット後にバスローブを着た主人公フェリスが登場し、「まだいたの? もう終わったよ。家に帰って」と観客に語りかける。

¥299 (2022/09/27 21:08:39時点 Amazon調べ-詳細)

このシーンをパロディで再現したのが『デッドプール』のポストクレジットシーンだ。『フェリスはある朝突然に』と同じ作りの部屋で、デッドプールがフェリスと同じ縦縞のバスローブを着て観客にニック・フューリーは出てこないから家に帰るように促す。

¥1,500 (2022/09/27 21:22:08時点 Amazon調べ-詳細)

そして、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』では、更なるマルチバース展開を期待させたところで「It’s over!」と告げるという演出になっている。実はこのピザ屋の店主もまた縦縞のエプロンを着ている。この一連の“伝統”を意識していることは間違いないだろう。

また、サム・ライミ監督版の「スパイダーマン」では、ピーター・パーカーはピザ屋でバイトしていた。単純なポストクレジットシーンにも見えるが、様々な文脈を取り入れて構成された『マルチバース・オブ・マッドネス』らしいラストとも言える。

追記:読者の方から追加の情報を寄せていただいた。印象的なピザボール屋の店主は、サム・ライミ監督の代表作「死霊のはらわた」シリーズで主人公のアッシュ・ウィリアムズを演じたブルース・キャンベルが演じている。自分で自分を殴る演出は『死霊のはらわたⅡ』(1987) でアッシュが悪霊の取り付いた自分の右手に襲われるシーンのオマージュだ。ブルース・キャンベルは「スパイダーマン」三部作でも、それぞれリングアナウンサー、劇場の係員、フレンチレストランのマネージャー役で出演していた。

エンディングとポストクレジットシーン以外にも、ファンタスティック・フォーにプロフェッサーX、インヒューマンズの登場と、語るべきことがまだまだある映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』。何度も観に行って、一つずつ答えを見つけていこう。

マリア・ランボーやミスター・ファンタスティックを含むアース838におけるイルミナティのメンバーの紹介と解説こちらの記事で。

エリザベス・オルセンが語ったワンダの今後、X-MENへの合流についてはこちらの記事で。

パトリック・スチュワートがプロフェッサーXの再演と今後について語った内容はこちらから。

ベネディクト・カンバーバッチが今後について語った内容と次回作についての考察はこちらから。

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、2022年5月4日(祝・水)より劇場公開。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のサントラはユニバーサル・ミュージックから発売中。

¥1,782 (2022/09/27 20:25:50時点 Amazon調べ-詳細)

本作におけるドクター・ストレンジの変化についての解説はこちらから。

侵略者カーンが登場しなかった理由について脚本家が語った内容はこちらの記事で。

サム・ライミ監督とベネディクト・カンバーバッチが語ったドクター・ストレンジの過去についてはこちらの記事で。

ドクター・ストレンジとワンダのこれまでの道のりについてはこちらの記事で。

エリザベス・オルセンが語った“ワンダの強さ”についてはこちらから。

アメリカ・チャベスが重要なキャラである理由はこちらの記事で。

同日に最終話が公開されたドラマ『ムーンナイト』と『マルチバース・オブ・マッドネス』の共通点はこちらから。

原作でのイルミナティについての解説はこちらから。

映画『X-MEN:フューチャー&パスト』からのオマージュと共通点の解説はこちらの記事で。

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ラストの徹底解説はこちらの記事で。

『モービウス』のラストのネタバレ解説はこちらから。

『ザ・バットマン』ラストのネタバレ解説はこちらの記事で。

『エターナルズ』ポストクレジットの徹底解説はこちらから。

 

7月8日公開のMCU映画『ソー:ラブ&サンダー』の予告解説はこちらから。

6月8日配信開始のMCUドラマ『ミズ・マーベル』の予告解説はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『DUNE/デューン』続編は2023年10月公開 「パート2」もシャラメとヴィルヌーヴが続投へ

  2. あと一週間!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』より、前2作をトム・ホランドが振り返る特別映像が到着

  3. 【ドクター・スリープ】『シャイニング』完結編はいかにして生まれたのか!? S.キング自身を投影した主人公から伝えられることーー特別インタビュー到着!

  4. ネタバレ解説&考察『マトリックス レザレクションズ』ラストとポストクレジットの意味は?