ネタバレ!『ドクター・ストレンジ MoM』に〇〇が登場しなかった理由を脚本家が語る 『ロキ』シーズン2の情報も | VG+ (バゴプラ)

ネタバレ!『ドクター・ストレンジ MoM』に〇〇が登場しなかった理由を脚本家が語る 『ロキ』シーズン2の情報も

© 2022 Marvel

『ドクター・ストレンジ MoM』公開

MCU映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が2022年5月4日(水・祝)より、日本で世界最速公開となり、その週末からは米国での劇場公開もスタートした。米時間の公開日である5月6日(金) の時点で、世界で興行収入約229億ドル(約299億円)の大ヒットを記録。本格化するマルチバース展開に大きな注目が集まっている。

別ユニバースからの様々なキャラクターの登場に期待がかかった本作だが、当然、登場しなかったキャラクターも存在する。特に注目が集まっていたある人物の“不在”について、『マルチバース・オブ・マッドネス』の脚本家が口を開いた。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の内容に関するネタバレを含みます。

侵略者カーンが登場しなかった理由

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の脚本を手掛けたマイケル・ウォルドロンが語ったのは、侵略者カーンの不在についてだ。マイケル・ウォルドロンはドラマ『ロキ』(2021-) の脚本を手掛けた人物で、MCUのマルチバース化のキーパーソンとなったカーンの登場を最初に描いた脚本家だ。

『ロキ』との繋がりも注目ポイントの一つだったが、結局カーンは現れることなく『マルチバース・オブ・マッドネス』は幕を閉じた。アベンジャーズや地球の人々がカーンの存在を知り、ドラマでしか登場していなかったカーンが映画デビューを飾るいいチャンスだったようにも思えるが、カーンの登場はなぜ見送られたのだろうか。

DeadlineのHero Nation Podcastに登場したマイケル・ウォルドロンは、マルチバース設定を共有する『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021) の脚本家クリス・マッケナとエリック・ソマーズともコミュニケーションを取り続けていたこと、『ノー・ウェイ・ホーム』と『マルチバース・オブ・マッドネス』の公開順が入れ替わったことで「厄介になった」ことなどを明かしている。

この映画はほとんど『ノー・ウェイ・ホーム』の前に公開されるつもりで作ったんです。私たちがマルチバースの蓋を吹き飛ばすつもりでね。公開時期が変更になると、観客は慣れてしまうものです。ドクター・ストレンジは(『ノー・ウェイ・ホームで』)既にマルチバースを経験しているはずで、それが全てに連鎖反応を起こすのです。

一方で、カーンを登場させなかった理由についてはこう明かしている。

私にとっては、最大で最高の弾丸はワンダでした。

サム(・ライミ監督)と作業をした時、私は本作でワンダを敵役にする決断を下すべきだと言いました。他の映画にその楽しみを譲れない、彼女はすごい存在になるから、って。

(演じた)ジョナサン・メジャースと同じくらい偉大なカーンを登場させ、彼(メジャース)がこのキャラクターを演じてしまうと、この映画が詰め込み過ぎになってしまうリスクがあったんです。

『ロキ』最終話でカーンの変異体である“在り続ける者”が語った通り、カーンはマルチバースの存在を発見した31世紀の科学者だ。カーンの中から別のユニバースを侵略しようとする者が現れ、マルチバース間の戦争が引き起こされた過去がある。

まともに見える在り続ける者も神聖時間軸を作り出し、TVA(時間変異管理局)を使ってカオスをもたらすであろう者を“虚無”へと飛ばしていた独裁者。マルチバース展開においてカーンが重要な人物になることは間違いない。

だが、マイケル・ウォルドロンは、カーンが巨大な存在であるからこそ、ワンダの物語でもある『マルチバース・オブ・マッドネス』でのカーン登場を見送ったようだ。カーンの活躍の場は現在製作が進む『ロキ』シーズン2と2023年2月17日(金) 全米公開を予定している『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題)』で見られることになる。

MCUドラマ初の続編となる『ロキ』シーズン2でも脚本を手がけるマイケル・ウォルドロンはこう話している。

そもそもこの作品(『ロキ』)を作るにあたって価値があると考えていたのは、このキャラクターで語るべき新しい物語を見つけられるいうことだけです。ロキにも感情移入できる領域があるように感じられた。それがシーズン2への唯一の道です。その道は間違いなく見つけました。シーズン1とは異なる感じがする素晴らしい続編になっていて、予想を裏切ることができればと思っています。

 

『ロキ』シーズン2はシーズン1とは異なる雰囲気になることを予告しながらも、確かにシーズン1で辿り着いたものがシーズン2への原動力となっていることを明かしている。なお、『ロキ』シーズン2はまもなく撮影が始まるという。

ドラマ『ロキ』、映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』と脚本を手掛けてきたマイケル・ウォルドロンは、2021年1月にマーベル・スタジオの親会社であるディズニーと契約を結んでいる。マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが手がけるタイトル未定の「スター・ウォーズ」映画でも脚本を手がける予定だ。

マルチバース化を仕掛けた脚本家マイケル・ウォルドロンは、MCUをどこへ導いていくのだろうか。

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、2022年5月4日(祝・水)より劇場公開。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト

¥1,782 (2022/09/28 20:35:58時点 Amazon調べ-詳細)

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギは、このMCUのマルチバース化はドラマ『ロキ』におけるロキとシルヴィが招いた結果だと話している。詳しくはこちらから。

Source
Deadline

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のラストとミッドクレジット、ポストクレジットの解説はこちらの記事で。

マリア・ランボーやミスター・ファンタスティックを含むアース838におけるイルミナティのメンバーの紹介と解説こちらの記事で。

『ノー・ウェイ・ホーム』と『マルチバース・オブ・マッドネス』を経たドクター・ストレンジの変化についてはこちらから。

エリザベス・オルセンが語ったワンダの今後、X-MENへの合流についてはこちらの記事で。

脚本家は『ワンダヴィジョン』との矛盾とワンダのラストについて答えている。詳しくはこちらから。

パトリック・スチュワートがプロフェッサーXの再演と今後について語った内容はこちらから。

ベネディクト・カンバーバッチが今後について語った内容と次回作についての考察はこちらから。

 

ドクター・ストレンジとワンダのこれまでの道のりについてはこちらの記事で。

エリザベス・オルセンが語った“ワンダの強さ”についてはこちらから。

アメリカ・チャベスが重要なキャラである理由はこちらの記事で。

原作でのイルミナティについての解説はこちらから。

 

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ラストの徹底解説はこちらの記事で。

『エターナルズ』ポストクレジットの徹底解説はこちらから。

 

7月8日公開のMCU映画『ソー:ラブ&サンダー』の予告解説はこちらから。

6月8日配信開始のMCUドラマ『ミズ・マーベル』の予告解説はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 映画『アクアマン』キャスト陣が豪華すぎる! 出演俳優まとめ 歴代スーパーヒーロー映画に出演した俳優が勢ぞろい

  2. 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』でクィア・ベイティング? 『スター・ウォーズ』も批判されたマーケティング手法とは【BIRDS OF PREY】

  3. 実写版『ムーラン』出演者・俳優まとめ【リウ・イーフェイ、コン・リー、ジェット・リー……キャストの過去の出演作は?】

  4. ネタバレ解説『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』CEOルイス・ドジスンが果たした30年越しの伏線回収