ドラマ『ホークアイ』シーズン2はある? スピンオフ『エコー』は製作中 ケイトの今後は? | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『ホークアイ』シーズン2はある? スピンオフ『エコー』は製作中 ケイトの今後は?

© 2021 Marvel

ドラマ『ホークアイ』シーズン2はある?

『ワンダヴィジョン』からスタートした2021年のMCUドラマを締めくくる『ホークアイ』。まさかの展開の連続で毎週視聴者を楽しませてくれている。本作は、MCUでの初登場から10年が経過したホークアイことクリント・バートン、そしてその新たな“相棒”となるケイト・ビショップを中心とした物語。二代目ホークアイになるとされているケイトにどのようにバトンが渡されるのか注目が集まっている。

気になるのは『ホークアイ』にシーズン2はあるのかどうかということだ。『ホークアイ』は新キャラや過去作のキャラクターが次々登場する展開になっている上、第3話から第5話は約40分ずつと短めの構成になっており、まだまだクリントとケイトのコンビを見たいというファンも少なくないはずだ。まだシーズン2の発表はないが、どのような可能性があるのか見てみよう。

『ホークアイ』はリミテッド・シリーズ?

MCUドラマでは、2021年6月9日から配信が始まったドラマ『ロキ』のシーズン2への更新が発表されている。8月にはマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが『ロキ』シーズン2は開発段階にあり、監督探しは「間もなく始まるでしょう」としていた。また、アニメシリーズ『ホワット・イフ…?』についてはシーズン2の製作が始まっており、2021年10月の時点で、監督のブライアン・アンドリュースは撮影と音声の収録は完了していると話していた

Disney+オリジナルのMCU作品もシーズン2継続の可能性があることが分かるが、一方でシーズン2に更新しないことを前提に制作されたシリーズも存在する。それは「リミテッド・シリーズ」として配信されているドラマだ。アメリカでは、複数シーズンにまたがるドラマシリーズと、一回限りのリミテッド・シリーズは区別され、MCUドラマもエミー賞などのノミネートのためにドラマシリーズかリミテッド・シリーズかの振り分けを各作品に行わなければならない。

例えば『ワンダヴィジョン』はリミテッド・シリーズに振り分けられており、シーズン2は制作されないことになっている。『ホークアイ』もリミテッド・シリーズとして制作されているため、シーズン2制作の可能性は低い。しかし、シーズン2の可能性が全くないというわけでもない。過去にはリミテッド・シリーズとして申請されたドラマのシーズン2が制作された例がいくつもあるからだ。

シーズン2の可能性について監督が語る

シーズン2が制作されるかどうかはファンからの人気と物語の展開によるだろう。第3話から第5話の監督を務めたバート&バーティのバーティは、米BuzzFeedのインタビューで以下のように話している。

ファンの皆さんがシーズン2を熱望していると聞いてワクワクしています。私たちからは何も言えません。自分たちが正しいことをしていること、そして人々がそれに本当に満足してくれていることを知ったというだけですね。このジェットコースターを楽しんできた人たちは、もっと見たいと思うでしょうね。もっとケイトを、エレーナを、全てをもっと見たいと。マーベル・シネマティック・ユニバースなんだから、お話は続いていくんでしょうね。

かなりはぐらかしながらではあるが、シーズン2の可能性は否定せず、「お話は続いていく」と述べている。この言葉を読み解くヒントは、『ホークアイ』のスピンオフシリーズにある。

『エコー』は製作中、ケイトの今後は?

ドラマ『ホークアイ』に登場したマヤ・ロペスは、『エコー(原題)』というタイトルで単独主人公となるスピンオフシリーズが制作されることが決定している。『ホークアイ』の黒幕であるあの“大物”とも深い因縁があるため、『ホークアイ』の物語はスピンオフドラマである『エコー』へと続く可能性もある。

また、ドラマ『ホークアイ』にも製作総指揮として携わっているトリン・トランは、ブラジルメディアのCINE POPジェレミー・レナー演じるホークアイは今後もMCUに登場すると発言している。直接“『ホークアイ』シーズン2”という形を取らなかったとしても、クリントやケイト、エレーナやマヤ、そしてその他のヴィラン達の物語はMCUで続いていくということだろう。

となれば気になるのはこれからヒーローになっていくであろうケイトの今後についてだ。ケイトはクリントと共に『エコー』にも登場するとの噂もあるが不確定な情報だ。一方、原作コミックではケイトは若きウエストコースト・アベンジャーズを率いていくことになる。実はドラマ『ホークアイ』の中でもその将来を示唆する演出がある。詳しくはこちらの記事で。

同時に、『ホークアイ』は『ロキ』などのMCUドラマに比べると、まだ視聴数は見劣りする数字になっているという。単独主人公になる『ホークアイ』でケイトが戻ってくるよりも、新チームのリーダーとして主役を張る姿が見てみたいが、果たして——

ドラマ『ホークアイ』はDisney+で独占配信中。12月22日(水)には最終話となる第6話が配信される。

ドラマ『ホークアイ』(Disney+) 

Source
BuzzFeed / CINE POP

最終話第6話のネタバレ解説はこちらから。

第5話のネタバレ解説はこちらから。

第5話ラストの展開とそれがMCUに与える影響について監督が語った内容はこちらから。

第1話のネタバレ解説はこちらから。

第1話に登場した「サノスは正しかった」という落書きについては、こちらで詳しく考察している。

第2話のネタバレ解説はこちらから。

第3話のネタバレ解説はこちらから。

第3話に隠されていたカジの過去についてはこちらの記事で。

第4話のネタバレ解説はこちらから。

エレーナの登場シーンで判明した4つの事実については、こちらの記事にまとめている。

エレーナ登場の裏側について製作陣が語った内容はこちらの記事で。

 

MCUの時系列における『ホークアイ』の位置と、フェーズ4のタイムラインについての解説はこちらの記事で。

スパイダーマンが本作に登場するかどうかの考察はこちらから。

 

映画『ブラック・ウィドウ』のポストクレジットシーンの解説はこちらから。

映画『エターナルズ』のポストクレジットシーンの解説はこちらから。

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のポストクレジットシーンの解説はこちらから。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の予告編解説と考察はこちらから。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のポストクレジットシーンの解説はこちらから。

 

アガサ・クリスティ賞受賞作家
オーガニックゆうきによるジェンダーSF短編『龍とカナリア』好評発売中!

¥440 (2022/08/08 12:10:59時点 Amazon調べ-詳細)


そこは龍神の加護を受ける島。龍神様から狩人になる信託を受け日々修行に励む14歳のチャコは、大人になるための「洗礼の儀」に失敗して15歳で島を出たゼーシャのことを忘れられずにいた。そんなある日、平和に見えていた島に思いもよらない事態が降りかかる。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『バットウーマン』の主演にルビー・ローズ レズビアンのヒーローを演じる

    2. 「私は白人で異性愛者で中流階級」——『バンダースナッチ』コリン役ウィル・ポールターが語ったマジョリティの責務

    3. なぜシャロンは〇〇ていないのか『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』第3話までのシャロン・カーターを解説&考察

    4. 実写ドラマ版『カウボーイビバップ』音楽は菅野よう子で秋配信開始!「よう子なしのビバップはあり得ない」Netflixが正式に発表