『ホワット・イフ…?』シーズン2「ほぼ収録済み」「MCUのマルチバース取り入れる」製作陣が明かす | VG+ (バゴプラ)

『ホワット・イフ…?』シーズン2「ほぼ収録済み」「MCUのマルチバース取り入れる」製作陣が明かす

© 2021 Marvel

『ホワット・イフ…?』シーズン2の情報が明らかに

『ホワット・イフ…?』シーズン2の配信開始の時期はそう遠くなさそうだ。MCU初のアニメシリーズとしてDisney+で独占配信された『ホワット・イフ…?』は、2021年8月から10月の間に全9話が配信された。フェーズ3の映画23作品を対象に「もしも」の物語を描いた本作は、マルチバース展開にまで発展する壮大なシリーズとなった。

シーズン1で配信を予定していたエピソードの中には、パンデミックの影響で配信がシーズン2まで延期されたものもあり、シーズン2の早期配信が待たれている。そんな中、『ホワット・イフ…?』の監督を務めるブライアン・アンドリュースと、ヘッドライターを務める脚本家のA.C.ブラッドリーがシーズン2の制作状況と内容について明かしている。

『ホワット・イフ…?』シーズン2はいつ完成?

Entertainemnt Weeklyのインタビューに登場したブライアン・アンドリュース監督は、シーズン2の制作状況について聞かれ、以下のように話している。

各エピソードはバラバラの製作状況にあります。基本的には脚本は完成しており、撮影と音声の収録は完了しています。ただ、あちらこちらで直さなければいけない箇所があり、各エピソードはバラバラの製作状況にあります。ほぼ完成しているエピソードもあり、そのエピソードのアニメーション制作はかなり先まで進んでいて完成作業も間近です。

シーズン2の脚本制作や収録は終了しており、現在はアニメーション制作の段階にあるようだ。また、脚本のA.C.ブラッドリーは、1エピソードあたりの制作に必要な期間を明かしている。

この番組(『ホワット・イフ…?』)に命を吹き込んでくれた世界中のアニメスタジオやパートナーに敬意を表さなければいけません。この作品は非常に緻密なアートと驚くべきカメラワークで構成されており、アニメ化することは簡単ではありません。1エピソードのアニメーションを作るのに12から16ヶ月を要します。彼女ら・彼らが一流のチームを投入してくれたことは高い評価を受けるべきことです。

『ホワット・イフ…?』は独自のアニメーションスタイルを採用していることから、1エピソードあたり1年以上の時間がかかることを明かしている。もちろんシーズン2の制作は既に始まっており、各話は同時進行で制作されていると考えられる。シーズン1の配信前からシーズン2の製作が決定していたことを考えると、シーズン2の完成はそれほど遠くないだろう。

『ホワット・イフ…?』シーズン2の内容は?

では、『ホワット・イフ…?』シーズン2はどのような内容になるのだろうか。米ScreenRantのインタビューで、ブライアン・アンドリュース監督とA.C.ブラッドリーが語ったコメントに注目しよう。「シーズン2ではシーズン1のキャラクターが再び登場するのでしょうか、それともまた新たなタイムラインが描かれるのでしょうか」という質問に、A.C.ブラッドリーはこう答えている。

シーズン2では、フェーズ4とMCUにおけるマルチバースの一部を扱っていくことになります。『シャン・チー/テン・リングスの伝説』『ブラック・ウィドウ』のキャラクターが登場し、おそらく『エターナルズ』からも一人か二人登場するのではないでしょうか。

マルチバース展開が広がっていくと予想されるMCUだが、『ホワット・イフ…?』シーズン2ではそうしたMCU本編の動きも取り入れていくようだ。仮に『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021) がマルチバースの扉を本格的に開くのであれば、アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019) のような展開も期待できるかもしれない。

なお、シーズン1のヒーローの再登場については、こちらの記事で紹介した通り、ペギー・カーターの再登場が約束されている。

一方で、A.C.ブラッドリーは、『ホワット・イフ…?』シーズン2では新たなキャラクターと新たなストーリーにフォーカスすることも約束している。

シーズン2では異なるキャラクターと新しい物語に焦点を当てます。私にとって『ホワット・イフ…?』の面白さは、スペクタクルやスリルだけではありません。私たちが一緒に育ってきたキャラクターと映画を通して出会ったキャラクターなど、象徴的なキャラクターをピックアップして、様々な側面を見せることに魅力があるんです。象徴としてのシルエットの背後にある人間的な姿を見せることができるんです。

私にとっては、全てはキャラクターから始まります。巨大化したウルトロンが魔法使いやゾンビと戦う姿を面白いと思うのは、その背後にあるストーリーを知っているからです。私たちはそこに賭けています。

また、「『ホワット・イフ…?』最終回に残された12の謎」でも紹介したウォッチャーが破った誓いについては、Entertainment Weeklyの「誓いを破ったウォッチャーの行動は未来に影響を与えますか?」という質問に、A.C.ブラッドリーが以下のように話している。

私がウォッチャーのことを好きな理由は、彼がいつもドラマチックだからです(笑)「私は介入しないよ。できないよ! 多分できないよ。できないけど……よし、私にやらせてくれ」ってね。だからシーズン2ではより積極的になってほしいと思っていますが、干渉したりお節介を焼いたりすると重大な影響が出ることを彼は知っています。

A.C.ブラッドリーがヒントを出してくれた『ホワット・イフ…?』シーズン2の内容は、①フェーズ4のキャラクターとマルチバース展開②シーズン1からはキャプテン・カーター③新しいキャラクターの新しい物語にフォーカス④ウォッチャーの更なる展開、というものだった。これらが組み合わさったエピソードはどのような内容に仕上がっているのだろうか。続報とシーズン2の早期配信に期待しよう。

『ホワット・イフ…?』はシーズン1の全9話がDisney+で配信中。

『ホワット・イフ…?』(Disney+)

シーズン1最終回のネタバレ解説はこちらから。

シーズン2ではガモーラとトニー・スタークのエピソードが配信されることが決定している

ウルトロンが『ホワット・イフ…?』シーズン1のメインヴィランに起用された理由はこちらの記事で。

最終話までのシーズン1の全話のあらすじと分岐イベントのまとめはこちらから。

 

映画『エターナルズ』新映像の解説はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『2分の1の魔法』にディズニー/ピクサーで初めて“公式”にレズビアンのキャラクターが登場 声を務めるのはリナ・ウェイス

    2. ネタバレ解説『バッド・バッチ』第12話 兵士とは…オメガの成長とバッド・バッチのポリシー あらすじ&考察

    3. カニエ・ウェストのTwitterに大友克洋が登場——「『AKIRA』は最大のインスピレーションだった」

    4. 『ラブ、デス&ロボット』シーズン3は2022年配信開始 「シーズン4のストーリーとアイデアある」