ネタバレ解説『アイ・アム・グルート』シーズン2 全話を紐解く。最終話ラストの意味は? | VG+ (バゴプラ)

ネタバレ解説『アイ・アム・グルート』シーズン2 全話を紐解く。最終話ラストの意味は?

©2023 MARVEL

MCU最新作が配信開始

CGアニメのショートシリーズ『アイ・アム・グルート』は2022年8月から配信を開始した作品。2023年9月6日(水) からはシーズン2の配信が始まった。『アイ・アム・グルート』はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でお馴染みのグルートの幼少期の冒険を描くシリーズで、各シーズンで5つのショートアニメが公開されている。

幼少期のグルートのイタズラと成長を描くシリーズだが、シーズン1ではロケットも登場するなど、ちょっとサプライズも設けられている。シーズン2ではグルートのどんな姿が見られたのか、今回はネタバレありで解説していこう。

なお、シーズン1は当初エピソードの順番は設けられず、各動画が独立して配信されていたが、シーズン2配信直前になって『アイ・アム・グルート』のページにまとめられている。これに伴い、各エピソードには話数もナンバリングされるようになった。シーズン2も第1話が「ボクのグルート?」で、第5話が「グルートと大いなるお告げ」となるように番号が振られている。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『アイ・アム・グルート』シーズン2の内容に関するネタバレを含みます。

『アイ・アム・グルート』シーズン2全5話ネタバレ解説

「ボクのグルート?」

シーズン2も、オープニングはシーズン1と同じくグルートがリモコンで早回ししてしまう。直近のドラマ『シークレット・インベージョン』(2023) でもMCUの定番オープニングはなかったため、ちょっと寂しい。ちょうど1ヶ月後に当たる10月6日(金) 配信のドラマ『ロキ』シーズン2か、11月10日(金) 公開予定の映画『マーベルズ』で観れることに期待しよう。

第1話「ボクのグルート?」は、ペットのお話だと考えられる。卵を見つけたグルートは、産まれてきた鳥のような生き物を自分のものにすることに。餌付けに成功するも、うまく飼育できないグルート。欲しがるだけ餌をあげればいいというものではないのだが、グルートも子どもだから仕方ない。

自分で連れていくことにしたものの、糞はするし、動き回るし、昼寝の邪魔はするし、だんだんと幼いグルートの手には負えないことが分かってくる。最終的には巨大な親鳥が登場し、小鳥は去っていく。グルートは親鳥の“大きさ”を知ると共に、小鳥が残していった糞まで愛おしく思えるようになっている。

これまで、小さなものを対等に見てきたグルートだが、今回は小さな存在の面倒を見るということ、その大変さを覚えたはずだ。このあとグルートは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』(2023) では、ファイラら自分より小さな存在をテイクケアすることになる。

「グルートの鼻」

『アイ・アム・グルート』シーズン2第2話「グルートの鼻」は、クッションに埋まってゲームをする愛らしいグルートの姿から幕を開ける。反抗期になったグルートはずっと携帯ゲーム機で遊んでいたが、幼い頃からテレビゲームを与えられて放置されていたらしい。これはクイルらの教育の問題だ。

テレビ画面を見ると、グルートは格闘ゲームでスクラル人を操っていることが分かる。ドラマ『シークレット・インベージョン』では、スーパースクラル人によるグルートのDNAを用いた進化が描かれたばかりだ。

好きにお菓子を食べてジュースを飲んでゲームに興じるグルートだったが、コントローラの電池が切れてしまう。電池の数を「アイ・アム」「グルート」と数えるグルートは、少し成長しているように思える。3つ以上数えられるのかどうかは気になるところだが。

電池を探していたグルートは工具箱に頭を突っ込むと、オレンジ色の鼻が顔にくっついてしまう。グルートには元々鼻の穴がないのだが、生まれて初めて鼻を手に入れたグルートは、花や芳香剤、マジックのシンナー、本の紙など、いい匂いのものを見つけていく。

と同時に、くさい匂いも知ることに。自分の部屋の汚れ具合に気づいたグルートは大掃除に取り掛かる……と思いきや、はたきの柄で鼻をとることに成功。いつもの生活に戻ってしまう。今回は清潔さに目覚めるとまでは行かず。やはり周囲の大人の教育が必要なようだ。なお、ラストシーンではグルートはシーズン2第1話で鳥にあげていたのと同じ飴玉を食べている。

「グルートの雪遊び」

『アイ・アム・グルート』シーズン2第3話「グルートの雪遊び」は、雪の惑星を舞台にグルートが戦う物語。特製のホットココアを作ったグルートは、ココアを冷ましておく間に雪遊びをして楽しむ。グルートが乗っていた船はベネター号なので、時期的には『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018) の前だと思われる。

ジャンクパーツを使って雪だるまを作ったグルートだが、その雪だるまがロボットとして自我を持ち、グルートを攻撃し始める。雪を体に付け足して巨大化した雪だるまロボットがホットココアの方へ向かった時、グルートは渾身の雪玉を投じ、エンジンパーツに命中。雪だるまロボットは空へと打ち上げられたのだった。グルートの知られざる戦いだ。

ラストではSF映画っぽく、残された目のパーツに赤い光が灯って幕を閉じる。だが、第3話にはちょっとしたミッドクレジットシーンがある。船に戻ってココアを飲もうとしたグルートが、ココアがまだ熱すぎて叩き飛ばしてしまうシーンだ。

このココアを画面外で被ったと思われる人物の「Dude!」という声が入るのだが、英語字幕によるとこれはロケットの声となっている。なんだかんだ、グルートの近くにいるのはロケットなのだ。

「グルートとアイスクリーム」

『アイ・アム・グルート』シーズン2第4話「グルートとアイスクリーム」では、ネビュラのような人形で遊んでいるグルートの前に、アイスクリーム屋の宇宙船が現れる。ここで流れている音楽は「ジ・エンターテイナー」というアメリカのアイスクリーム販売のトラックで使用されている曲だ。

アイスクリーム屋の側面には、六つの眼を持つセレスティアルズのアリシェムのようなアイスキャンディーの絵も描かれている。アイスを買いたいがお金がないグルートは、豚の貯金箱からなけなしのコインを取り出すも溝に落ちてうまくいかず。なんとかクレーンゲームの中からコインを手に入れたグルートだったが、アイスクリーム屋は通り過ぎていってしまう。だが、ここで諦めないのがグルートだ。

見事な手捌きでポッドを操縦してアイスクリーム屋に追いついてアイスをゲット……と思いきや、なんとグルートはアイスクリーム屋に衝突して船を破壊してしまっていた。アリシェムのアイスキャンディーをゲットしたが、外にはハワード・ザ・ダックのデザインと思われるアイスが浮遊している。

そしてグルートを包囲したのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014) に登場したノヴァ軍警察だ。なお、ノヴァ軍が所属するザンダー星はサノスがパワーストーンを手に入れるために襲撃したことが『インフィニティ・ウォー』で語られている。

「グルートと大いなるお告げ」

『アイ・アム・グルート』シーズン2第5話「グルートと大いなるお告げ」は、予告編に登場していたウォッチャー/ウアトゥの登場回。ウォッチャーはアニメシリーズ『ホワット・イフ…?』(2021-) に登場したマルチバースを観察するコズミック・ビーイングで、『ホワット・イフ…?』シーズン1ではマルチバースを危機に陥れたりもした。

英語の声は人気俳優のジェフリー・ライトが担当している。ちなみに『アイ・アム・グルート』シーズン2はこの第5話だけ英語以外の吹き替えが用意されており、ウアトゥの日本語の声は『ホワット・イフ…?』に続いて井上和彦が担当している。

ウォッチャー/ウアトゥは、重要な予言の実現が迫っていると語り、ドレズラーの最後の種がある古代寺院が映し出される。ドレズラーは原作コミックにも登場した場所で、かつてはクリー人の植民地だったが戦争によって荒廃している。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017) ではジャンプポイントの一つとして、ロケットが見ているスクリーンにドレズラー(DREZ-LAR)の文字が登場している。

ウォッチャーは英雄によってこの種が銀河に輝かしい時代をもたらすと語る。ナレーションを入れる形式は『ホワット・イフ…?』と同じものだ。だが、今回はウォッチャーの声がナレーションというよりもツッコミ役として機能している点が面白い。

“勇者”として現れたグルートは、小さすぎてあらゆる罠を避けることができるが、結局、遊んだり昼寝をしたりして種は溶岩に飲まれてしまう。いつもなら「私はウォッチャー。手を出すことはできない」というようなことを言うが、「私はウォッチャー。だがこれは見ていられない」とセルフパロディをして見せる。

結果、古代寺院は崩れ去るが、瓦礫の中から頭から芽を出したグルートが出てくる。ウアトゥは「種とはメタファーだったのか?」と語っているが、つまり種とはグルート自身のことであり、宇宙に新しい時代をもたらすのはグルートだということだろう。最後に、グルートは5次元の存在であるウアトゥに手を振る。人には見えないはずの自分の姿を捉えられウアトゥは驚きを隠せない。

『ホワット・イフ…?』シーズン1第8話では、6つのインフィニティ・ストーンを手に入れたウルトロンがウアトゥの存在に気づいた。グルートもそのウルトロンと同じような力を持っているのだろうか。小さなグルートに秘められた無限の可能性を示唆して、アニメ『アイ・アム・グルート』シーズン2は幕を閉じる。

なお、『アイ・アム・グルート』はアニメーター出身のクリステン・レポールが手がけた作品となっている。実写版「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の生みの親であるジェームズ・ガン監督はシリーズ三部作の完結を迎え、DCスタジオのCEOに就任したが、『アイ・アム・グルート』シーズン2のクレジットにはスペシャルサンクスでジェームズ・ガンの名前が記載されている。

次のMCU作品は10月6日(金) 配信開始のドラマ『ロキ』シーズン2。そして、11月10日(金) に劇場で公開予定の映画『マーベルズ』だ。共に『アイ・アム・グルート』と同じく続編にあたる作品だ。両作ではどんな物語が展開されるのか、公開を楽しみに待とう。

アニメ『アイ・アム・グルート』はシーズン1とシーズン2がディズニープラスで独占配信中。

『アイ・アム・グルート』

社会評論社
¥1,650 (2024/05/27 09:52:21時点 Amazon調べ-詳細)
社会評論社
¥1,650 (2024/05/27 09:56:50時点 Amazon調べ-詳細)

シーズン1の解説はこちらから。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー VOLUME 3』ラストの解説はこちらの記事で。

『VOLUME 3』ラストのグルートのセリフの裏側はこちらから。

MCUからは2023年10月6日(金) よりドラマ『ロキ』シーズン2が配信開始。詳しくはこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 31年ぶりにアメリカから来たウルトラマン! 『Ultraman:Rising』6月14日公開!

  2. 第2話ネタバレ感想!『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』あらすじ・考察・登場怪獣

  3. 『ダンジョン飯』BUMP OF CHICKEN最新楽曲フル音源と共に特別編が2023年12月8日(金)より劇場公開

  4. 『ホワット・イフ…?』ガモーラのエピソードはシーズン2で配信へ 脚本家が経緯を明かす