注目の記事 PICK UP!

円谷プロから秋の新作アニメが続々登場 『SSSS.GRIDMAN』『怪獣娘(黒)』

SF界の盟主、新作アニメを次々公開

テレビと劇場で大暴れ!

この秋、「ウルトラシリーズ」で知られる円谷プロダクションが公開する新作アニメに注目だ。10月6日 (土) からは、アニメ『SSSS.GRIDMAN』がTOKYO MX、TBS、BS11、WOWOWにて放送を開始する。更に、11月23日からは、「ウルトラ怪獣擬人化計画」シリーズから新作アニメの『怪獣娘(黒)』(かいじゅうガールズ・ブラック)が新宿バルト9、シネマサンシャイン池袋ほかにて、期間限定上映される。SF界の盟主による新たな挑戦に、注目しよう。

「グリッドマン」原作の新作アニメ

10月6日からテレビ放送が始まる『SSSS.GRIDMAN』は、円谷プロ創立30周年記念作品の『電光超人グリッドマン』(1993-1994)を原作としたアニメ作品。記憶を失った主人公・響裕太の前に現れたスーパーヒーロー・グリッドマンと、突然街に出現した怪獣との闘いを描く。広瀬裕也が主演を務める他、実写版でもグリッドマンの声を務めた緑川光が、今作でもグリッドマンの声を担当する。監督は、『キルラキル -KILL la KILL-』(2013)で助監督等を務めた雨宮哲監督。同じく「キルラキル」を手がけたTRIGGERがアニメーション制作を担当する。10日にはPV第三弾も公開されており、一体どのような作品に仕上がるのか、今から楽しみだ。

「怪獣擬人化」最新作

11月23日から劇場公開される『怪獣娘(黒)』は、「ウルトラ怪獣擬人化計画」の劇場版作品。「ウルトラ怪獣擬人化計画」は、2015年から始まったプロジェクトで、これまでのウルトラシリーズの怪獣や宇宙人を擬人化し、アニメとグッズを展開している。これまでは、登場キャラクター達は二頭身にデフォルメされていたが、『怪獣娘(黒)』では等身に改められている。
指揮を執るのは、10月放送開始のアニメ『火ノ丸相撲』でも監督を務める山本靖貴監督。脚本は、これまでに数々の「スーパー戦隊シリーズ」で脚本を務め、9月に放送を開始した『仮面ライダージオウ』でも脚本を手がけている下山健人が担当する。豪華タッグが編み出す物語にも注目だ。

秋の新作アニメフェスティバルも開催

更に、9月26日には、サイエンスホールにて「円谷プロダクション 秋の新作アニメフェスティバル」と題したイベントも開催される。『SSSS.GRIDMAN』の第一話が先行上映される他、『怪獣娘(黒)』の新映像公開や、出演者によるトークショーも行われる予定。
この秋は、円谷プロダクションのアニメ作品を要チェックだ。

円谷プロダクション 公式サイト

– Thumbnail –
Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
– Source –
『SSSS.GRIDMAN』公式サイト / ウルトラ怪獣擬人化計画 公式サイト

関連記事

  1. 『機動戦士ガンダム』は「ハリウッド実写化」なのか–––中国・ワンダ配下のレジェンダリー制作で、青島で…

  2. ギレルモ・デル・トロ監督 メキシコ人の若者三名に「アニメキシコ奨学金」授与

  3. 電子音とラップが蘇らせたデビルマン。音楽から見る『DEVILMAN crybaby』

  4. Netflixにて『GODZILLA 決戦機動増殖都市』独占配信開始! 海外ゴジラファンからも反響

  5. 細田守最新作! 『未来のミライ』が7月20日より公開。88の国と地域で配給予定

  6. DEVILMAN crybabyの主人公は飛鳥了。「大衆」と「個人」を描いた新デビルマン

  7. 今敏賞受賞の『ペンギン・ハイウェイ』 「超新星コンビ」と「京都タッグ」の製作陣に期待

  8. 【レビュー】『未来のミライ』から読み取る「他者への想像力」—「家族の物語」を越えて

  9. 『機動戦士ガンダム』実写化決定! 『パシフィック・リム』のレジェンダリーとサンライズが共同制作

PAGE TOP