かぐやSFコンテスト最終候補の11作品を全文公開。7/24〜8/7まで読者投票受付中! | VG+ (バゴプラ)

かぐやSFコンテスト最終候補の11作品を全文公開。7/24〜8/7まで読者投票受付中!

最高のSFショートショートを決めよう!

SFメディアのバゴプラが主催する「第一回かぐやSFコンテスト」の最終候補作品を公開しました。かぐやSFコンテストでは、4,000字以内のSF短編小説を募集。プロアマ問わず応募を受け付け、最優秀作品には英語・中国語に翻訳してウェブ上に掲載という副賞を用意しました。また、審査委員会によって最終候補に選ばれた作品には、筆者匿名で全文を公開して読者投票期間を設ける独自のシステムを採用しています。

記念すべき第一回目は、審査委員長にSF小説の紹介者/書評家として活躍する橋本輝幸さんを迎え、「未来の学校」をテーマにしたSFショートショートを募集しました。6月7日から7月6日までの応募期間中に、360名から416作品の応募が集まり、審査委員会が審議を重ねた結果、7月18日に最終候補となる11作品を決定しました。

最終候補作品を公開

そして、本日7月24日 (金・祝) 午前8時、最終候補に残った全作品をウェブ上で公開、読者投票の受付を開始しました。8月7日(金)までの間、読者の皆さんは自分が気に入った作品に、ひとり一票を投じることができます。読者投票で最多得票を集めた作品には、読者賞の栄誉が贈られます。読者が決める最高のSFショートショートは一体どの作品になるのでしょうか。

読者投票の注意事項

  • 読者はひとりにつき一度しか投票を行うことができません。
  • 投票を取り消すことはできないため、必ず全ての作品を読んでから投票する作品を選んでください。
  • 全ての作品は最大4,000字の掌編で、審査員が選んだ416編の代表です。途中で大好きな作品に出会っても、ぜひ全ての作品を読んでみてから投票先を決めてください。
  • 投票は、かぐやSFコンテスト特設ページと各作品ページ内で行えます投票用のフォームを設置しているので、全作品を読んだことを確認して投票してください。

第一回かぐやSFコンテスト最終候補作品

「Eat Me」
社会に居場所がない私は図書館への就職を決意する。
それは献体であり献身であった。
作品を読む

「未来の自動車学校」
完全自動運転が普及した未来の自動車学校。
その教習には真の目的が隠されていた。
作品を読む

「Moon Face」
照らしてくれる君はもういない。
それならいっそ私が月になりたかった。
作品を読む

「子守唄が終わったら」
進歩する社会に後から追いつくのは大変だ。
未来でも人々は懸命に学び続けていく。
作品を読む

「あれは真珠というものかしら」
わたしの初めての学校は、
水を抜いたプールが教室で同級生は海馬【うみうま】でした。
作品を読む

「祖父に乗り込む」
自力で学校に行けない私は、
鉄人に改造された祖父に乗り込み登校することにした。
作品を読む

「壊れた用務員はシリコン野郎が爆発する夢を見る」
自動化された学校で働く用務員アンドロイドは、
教師になることを夢見ていたが……。
作品を読む

「次の教室まで何マイル?」
すごいカビだらけの世界を彷徨い、
何の役に立つかわからん単位を取って人間になれ!
作品を読む

「リモート」
サトルは僕らに痕を残した。
リモートでロボットを動かし学校に通う、彼をめぐる物語。
作品を読む

「よーほるの」
国語が好きな「私」と小柄な「にゆちゃん」の、
いつもと同じ学校生活。
作品を読む

「いつかあの夏へ」
生きものは嫌いだった。
四人で400年のときを追いかけた、あの夏までは
作品を読む

以上、応募受付順。

記念すべき第一回目の読者投票、ぜひご参加ください。

コンテストの概要と詳細については、以下のページをご覧ください。

第一回かぐやSFコンテスト特設ページ

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. SFを聴く! AmazonのAudibleで聴けるSF小説まとめ【三体、フィリップ・K・ディック、創元SF短編賞作品】

  2. 小川哲『ユートロニカのこちら側』と「しあわせな監視文化」

  3. 第一回かぐやSFコンテスト最終候補作品の筆者公開 あの作品を書いたのは……

  4. ウェブメディアにSFの波到来——Vergeに続き、米WIREDもSFシリーズ公開