2025年の劇場版『名探偵コナン』は○○○○を描く物語に? ポストクレジットから考察 | VG+ (バゴプラ)

2025年の劇場版『名探偵コナン』は○○○○を描く物語に? ポストクレジットから考察

(C) 2024 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

ポストクレジットで明かされた2025年の劇場版『名探偵コナン』の舞台

2024年4月12日(金)に公開され、興行収入のトップを突き進んでいる『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』だが、そのポストクレジットで2025年の劇場版『名探偵コナン』の舞台が明らかになった。例年、劇場版『名探偵コナン』のポストクレジットでは来年の劇場版『名探偵コナン』の舞台や設定が一部公開されることが多い。

そのため、劇場版『名探偵コナン』はMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のようにエンドロールの最後まで席を立てない映画となっている。それは今年も共通で、2025年の劇場版『名探偵コナン』の公開日がゴールデンウィークであることも発表された。2025年のゴールデンウィークは4月29日から、5月5日までだとされている。その期間に公開されると思われる劇場版『名探偵コナン』はどのような作品になるのだろうか。

本記事では2025年のゴールデンウィークの劇場版『名探偵コナン』の内容について、考察と解説を述べていこう。なお、本記事は『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』のポストクレジットのネタバレを含むため、本編視聴後に読んでいただけると幸いである。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』の内容に関するネタバレを含みます。

2025年の劇場版『名探偵コナン』は長野県警が主役?

『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』のポストクレジットでは、吹雪の山林で諸伏高明が武田信玄の風林火山について語り、そこに大和敢助が突っ込みを入れるというものになっていた。そのため、2025年の劇場版『名探偵コナン』は長野県警を舞台にした作品になると考察できる。長野県警と言えば諸伏高明、大和勘助、上原由衣、そして現在は警視庁に移動したが黒田兵衛の4人が有名である。

長野県警は警察官の中でも優秀な警察官が多く、江戸川コナンや服部平次たちからも信頼されている県警である。その反面、組織的な犯罪に手を染めた警察官もいるが、江戸川コナンの先を行くほどの優秀な警察官像から、原作者の青山剛昌が長野県警に電話した際に感謝されたという逸話がある。

長野県警の4人の警察官

それでは、長野県警が誇る4人の警察官をおさらいしいこう。この4人の警察官が2025年の劇場版『名探偵コナン』の主要キャラクターになる可能性が高いと考察できる。そのため、長野県警の警察官を振り返っておくことで2025年の映画もより一層楽しめるかもしれない。

諸伏高明

諸伏高明は「所轄のコウメイ刑事」と三国志に登場する諸葛亮孔明にかかったあだ名で呼ばれる人物だ。彼は東都大学法学部を首席で卒業した後、ノンキャリアの刑事になったという異色の経歴の持ち主で、諸葛亮孔明などの格言を引用することが多い性格だ。奔放なところもあり、高い推理力を持っているが、推理に夢中になるあまり、上司の命令を無視することもある。

子供の頃からその推理力は優れており、『死亡の館、赤い壁(三顧の礼/掌中の物/死せる孔明/空城の計)』(第558~561話)では同級生で小説家の小林葵の書いた児童小説『2年A組の孔明君!』の探偵役のモデルにもなったことが明かされている。

¥110 (2024/05/27 16:00:06時点 Amazon調べ-詳細)
¥110 (2024/05/27 16:00:07時点 Amazon調べ-詳細)

また、江戸川コナンが眠りの小五郎の正体だと看破しているという推理力の持ち主だ。その推理力を信頼し、「白眉の少年」と呼んでいる。モデルは名前や言動からもわかる通り、三国志に登場する天才的な軍師の諸葛亮孔明だ。

大和勘助

大和勘助は、同じ長野県警に所属する大和勘助は諸伏孔明とは同級生であり、隻眼に杖をついて歩く長髪の警部だ。その容姿が黒の組織のラムの特徴に似ていたため、江戸川コナンからラムの正体ではないかと一時疑われていたこともある。推理力は諸伏高明に匹敵しており、江戸川コナンが眠りの小五郎のすべてを牛耳っていると考察している。

大和勘助は高い推理力を誇るが冷静沈着な諸伏高明と異なり、対抗心から気持ちが空回りする血気盛んな性格なため、推理対決で諸伏高明にほとんど勝てたことが無い。名前と容姿のモデルは武田信玄の軍師の山本勘助から取られている。そのため、長野県警には伝説的な二人の軍師の異名を持つ刑事が在籍しており、その推理力は県警随一だ。

上原由衣

上原由衣は長野県警の刑事で、大和勘助とは幼馴染にあたる。一度は長野県の名家である虎田家に嫁ぎ、刑事を辞めていた。しかし、夫を殺害され、虎田家を巻き込んだ事件の捜査を経て、長野県警に復帰することになる。

「風林火山 迷宮の鎧武者」(第516話)で江戸川コナンだけではなく、上原由衣は服部平次や遠山和葉とも交流を持つようになった。そのため、服部平次と遠山和葉が中心人物であった『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』から上原由衣を経て、2025年の劇場版『名探偵コナン』に繋がる可能性も考察できる。

作者の青山剛昌は当初、「風林火山 迷宮の鎧武者」(第516話)の犯人を上原由衣にする予定だったとのことだ。しかし、青山剛昌が上原由衣に愛着を持ったことで、犯人から主要人物になった。青山剛昌が愛着を持つキャラクターということで、2025年の劇場版『名探偵コナン』で更なる深掘りがなされることも考察できる。それだけではなく、幼馴染であり、「かんちゃん」呼びしている大和勘助との関係がどのように進むのかも期待だ。

黒田兵衛

黒田兵衛は警視庁から長野県警に出向し、長野県警捜査一課長を務めていた人物だ。大きな事故に遭い、隻眼になり、10年間も昏睡状態だったという特殊な経歴を持つ黒田兵衛は江戸川コナンから黒の組織のナンバー2であるラムではないかと考察されていた。

諸伏高明と大和勘助と同じく、江戸川コナンの推理力に信頼を置いており、眠りの小五郎の正体を見抜いていると考察されている人物である。また、公安警察とも関係を持っているようで、『名探偵コナン ゼロの執行人』(2018)や『名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)』(2023)では安室透と連絡を取っているような描写を見せている。

その他にも大岡紅葉の実家である大岡コンツェルンとも関係性を持っている。黒田兵衛は京都を訪れた際には大岡コンツェルンのご隠居に挨拶しに行き、大岡コンツェルンがスポンサーのミステリーの演劇の監修を依頼されてもいた。

警視庁の上層部が大企業の蜜月と関係というのはいかがなものかと思うかもしれない。しかし、大岡家の執事であり、伊織無我が元公安の警察官であり、黒田兵衛と連絡を取っていることから、大岡コンツェルンは公安と何かしら関係を持つ特殊な企業なのかもしれない。

『名探偵コナン』における風林火山とは?

ここで注目したいのは諸伏高明が風林火山について触れていることだ。風林火山は上原由衣復帰のエピソードのタイトルだけではなく、長野県の名将の武田信玄を象徴する言葉でもある。そして、その長野県警には武田信玄にゆかりのある名前をもつ刑事たちが、大和勘助以外に在籍していた。それが啄木鳥会のメンバーで、その名前は武田二十四将から取られている。大和勘助も誘われていた啄木鳥会だったが、その実態は長野県警最大の不祥事の温床だった。

竹田繁、三枝守、鹿野晶次、秋山信介で構成される啄木鳥会は銃などの違法な押収品の横流しをしていたグループで、長野県警の闇と称された「県警の黒い闇(前編/中編/後編)」(第810~812話)で殺害されてしまった啄木鳥会のメンバーだ。啄木鳥会のメンバーの殺人の内容は風林火山になぞらえた犯行となっていた。

¥110 (2024/05/27 16:12:34時点 Amazon調べ-詳細)
¥110 (2024/05/27 16:12:35時点 Amazon調べ-詳細)

そのため、2025年の劇場版『名探偵コナン』では、長野県警の暗部に切り込む内容になるとも考察できる。『名探偵コナン』シリーズでは警察組織は好意的に描かれてきたが、もしかすると2025年ではそれをひっくり返して警察を敵として描くのかもしれない。警察を敵として描くとすれば、大岡コンツェルンという特定の企業と蜜月の関係にある黒田兵衛がクローズアップされることだろう。黒田兵衛は「県警の黒い闇(前編)」で初登場しており、そこもまた闇なのかもしれない。

警察学校組が主役になる可能性も?

『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』(2023)でも登場した安室透、松田陣平、伊達航、萩原研二、諸伏景光ら通称“警察学校組”が再び登場する可能性も考察できる。苗字からもわかる諸伏景光は諸伏高明の弟だ。それだけではなく、ここ最近の劇場版『名探偵コナン』で取り上げられている黒の組織が関係してくることも考察できる。

諸伏景光は兄の諸伏高明には警察を辞めたと告げていたが、実際は安室透こと降谷零と共に黒の組織に潜入していた公安の警察官だった。そこでの諸伏景光のコードネームはスコッチであった。潜入捜査中であった諸伏景光は黒ずくめの組織に正体が明らかになったと思い込み、情報漏洩を阻止するために拳銃で諸伏景光は自殺してしまった。それは安室透の心にも深い傷を残している。

また、安室透はこの諸伏景光の自殺事件にライこと赤井秀一が関わっていると考えているため、赤井秀一を恨んでいた。もしかすると赤井秀一と諸伏高明が対面する可能性も考察できる。近年の劇場版『名探偵コナン』では黒ずくめの組織に関して本筋に関わるエピソードが多いため、長野県警と黒ずくめの組織の対決という可能性も考察することができる。

長野県警という『名探偵コナン』でトップクラスの優秀な警察官を輩出している県警を舞台に何を描くのか。また風林火山の意味するものとは何か。長野県警は優秀な反面、組織的に犯罪行為をする啄木鳥会が警察内部に存在しているなど、警察の負の面を象徴もしていると考察できる。そのため、2025年の劇場版『名探偵コナン』で何が描かれるのか期待が高まる。

映画『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』は、2024年4月12日(金) より、全国の劇場で公開。

『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』公式サイト

『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』のサントラは発売中。

ビーグラムレコーズ
¥3,143 (2024/05/27 15:34:34時点 Amazon調べ-詳細)

ノベライズ版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』も発売中。

平次と和葉のNEWセレクションコミックも発売中。

【ネタバレ注意!】『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』ラストのネタバレ解説&感想はこちらから。

【ネタバレ注意!】『100万ドルの五稜星』の展開を踏まえたコナンとキッドの関係についての解説&考察はこちらの記事で。

『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』で再登場した盗一についての解説はこちらから。

『100万ドルの五稜星』に登場した青山剛昌キャラクターの解説はこちらから。

『100万ドルの五稜星』とつながるテレビアニメのエピソード紹介はこちらの記事で。

平次と和葉の恋の行方についての本作とアニメシリーズの展開の解説はこちらから。

服部平次と怪盗キッドのこれまでの接点はこちらの記事で。

 

『名探偵コナン 黒鉄の魚影』ラストのネタバレ解説はこちらから。

『名探偵コナン 紺青の拳』ラストのネタバレ解説はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ミッシングリンク発売記念『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第57話「スカイファイアーの再生」配信

  2. 【あらすじ】バイオSFアニメ『A.I.C.O. Incarnation』が2020年7月よりテレビ放送決定! 声優陣からのコメント、場面写真も到着

  3. 『ブラック・ウィドウ』から『ホワット・イフ…?』へ——ナターシャが遺したメッセージとは【ネタバレあり】

  4. ネタバレ感想&解説!!『SSSS.DYNAZENON 劇場総集編』 新規映像の主役は◯◯と◯!