『ホワット・イフ…?』第6話でファン待望のあの人が登場(登場人物のネタバレあり) | VG+ (バゴプラ)

『ホワット・イフ…?』第6話でファン待望のあの人が登場(登場人物のネタバレあり)

© 2021 Marvel

『ホワット・イフ…?』第6話はアノ人が登場

MCU初のアニメシリーズ『ホワット・イフ…?』シーズン1は、2021年8月より配信を開始し、毎回MCUフェーズ3までの各作品をベースにした「もしも」のエピソードを届けてくれている。第1話ではペギー・カーター、第2話ではティ・チャラ、第3話ではニック・フューリーとアベンジャーズ計画、第4話ではドクター・ストレンジ、第5話ではMCU世界全体に大きな変化が訪れた。

『ホワット・イフ…?』シーズン1では全9話が配信される予定となっており、第5話はちょうど折り返し地点となっていた。早くも後半戦のスタートを切る第6話では、どのようなキャラクターと物語が描かれるのだろうか。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『ホワット・イフ…?』第6話の登場キャラクターに関するネタバレを含みます。

『ホワット・イフ…?』第6話はキルモンガー回

マーベル公式は『ホワット・イフ…?』第6話配信開始に先駆けてポスターを公開。そこには『ブラックパンサー』(2018) のメインヴィランのエリック・キルモンガーの姿が写し出されている。コスチュームは初登場時と同じものだ。

© 2021 Marvel

「クリード」シリーズなどで知られるマイケル・B・ジョーダンが演じたキルモンガーは『ブラックパンサー』にしか登場していないキャラクターだが、MCUのヴィランの中でも屈指の人気を誇る。『ブラックパンサー』では悲劇的なラストを迎えたキルモンガーだが、その勇姿を『ホワット・イフ…?』でもう一度見ることができるのだ。

『ホワット・イフ…?』第6話でキルモンガーの声を演じるのは原作映画のオリジナルキャストであるマイケル・B・ジョーダン。20世紀フォックス版『ファンタスティック・フォー』(2015) でのヒューマン・トーチ役、映画『華氏451』(2018) での主人公ガイ・モンターグ役、Netflixアニメ『ラブ、デス&ロボット』シーズン2 (2021) 「避難シェルター」の主人公テレンス役など、数々のSF作品で主役を務めてきた。『ホワット・イフ…?』では、日本語吹替版もオリジナル版と同じく津田健次郎が声を担当する。

第6話のストーリーは?

これまでに公開された『ホワット・イフ…?』の予告編では、砂漠での襲撃からトニー・スタークを助けるキルモンガーの姿が映し出されていた。つまり、第6話は映画『アイアンマン』(2008) をベースにした物語になる可能性が高い。

『アイアンマン』の冒頭でトニー・スタークは『シャン・チー/テン・リングスの伝説』で再登場を果たした悪の組織テン・リングスのアフガニスタン支部に襲撃を受ける。自らの会社であるスターク・インダストリーズの兵器を利用するテン・リングスによって命の危機に瀕したトニーは、アイアンマン マーク1を開発してテン・リングスから逃げ出した後、軍事産業からの撤退を決めることになる。

だが、キルモンガーから助けられた世界線のトニーは、同じように兵器開発から手を引くのだろうか。そもそもアイアンマンのスーツを開発する機会は巡ってくるのだろうか。その他に公開されている映像や画像では、ワカンダ軍の先頭にキルモンガーが立っている場面も見られる。ワカンダ軍が対峙する相手は誰なのだろうか。兵器開発をやめなかったトニーがワカンダに侵略するという展開もあるかもしれない。

『ホワット・イフ…?』第6話においてキルモンガーがアフガニスタンでトニー・スタークを助けるという展開は、キルモンガーが米特殊部隊に所属し、中東地域を含む戦場で半生を過ごしていたという設定を考えれば納得のいくものである。一方で、なぜキルモンガーがワカンダを率いているのかという点は謎に包まれている。

予告にはティ・チャラの姿は写っていないが、キルモンガーとティ・チャラの夢の共闘は見られるのだろうか。もしくは、第6話は第2話と同じ世界線で、ティ・チャラは宇宙にいるなんて展開もあるかもしれない。なお、予告映像では幼い頃のシュリの姿も見られるため、『アイアンマン』と同じ2008年頃が舞台である可能性が高い。

『ホワット・イフ…?』は、MCU正史内の別のユニバースで実際に起きていることが描かれていると明かされている。第6話のエリック・キルモンガーが実写の映画やドラマ世界にも登場する可能性にも期待しながら、『ホワット・イフ…?』第6話を楽しもう。

第6話ネタバレありの答え合わせはこちらから。

アニメ『ホワット・イフ…?』はDisney+で独占配信中。

『ホワット・イフ…?』(Disney+)

公開されたばかりのドラマ『ホークアイ』予告編の解説&考察はこちらから。

第5話のネタバレあらすじ&解説はこちらから。

第5話で描かれたゾンビユニバースのネタバレ考察はこちらの記事で。

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のレビューはこちらから。

映画『ドクター・ストレンジ・イン・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』の最新情報はこちらから。

映画『ザ・マーベルズ(原題)』の最新情報はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『機動戦士ガンダム』実写化決定! 『パシフィック・リム』のレジェンダリーとサンライズが共同制作

    2. ネタバレ解説『バッド・バッチ』第14話 ウォー・マントル計画始動。スター・ウォーズの転換点を描く あらすじ&考察

    3. ネタバレ解説『ホワット・イフ…?』第1話の小ネタまとめ アイツの元ネタは? 完全再現されていたあのシーン

    4. 『2分の1の魔法』トム・ホランドの”やることリスト”は?「メールの返信ができるようにする」