『ホワット・イフ…?』スティーブは意外な姿で登場。ヒドラ・ストンパーがキャプテン・カーターを助ける新映像公開 | VG+ (バゴプラ)

『ホワット・イフ…?』スティーブは意外な姿で登場。ヒドラ・ストンパーがキャプテン・カーターを助ける新映像公開

© 2021 Marvel

『ホワット・イフ…?』スティーブ登場

2021年8月11日(水) より配信を開始するMCU初のアニメシリーズ『ホワット・イフ…?』より、スティーブ・ロジャースと思われるキャラクターが登場する新映像が公開された。

マーベル公式より公開された今回の動画のタイトルはズバリ「Steve」。ペギー・カーターの「もしも」の姿であるキャプテン・カーターの物語の中で、「もしも」の姿のスティーブ・ロジャースが登場している。

戦場で盾を使い、砲弾を跳ね返すキャプテン・カーター。劣勢なのか無線で「援軍を送ってくれ」と伝えると、無線の向こうからは「了解。ロジャーズ行きます」との返答が。ペギーは「スティーブ?」と、バッキーは「ロジャース?」と驚く。

そして空から現れたのはヒドラ・ストンパー。MCU正史ではキャプテン・アメリカになったスティーブ・ロジャースは、『ホワット・イフ…?』で描かれる世界では強力なアーマーに乗り込んでキャプテン・カーターのサポートに回っているのだ。

思わぬ援護に喜ぶペギーに対し、「これで借りひとつだね」と軽口を叩いたスティーブは軽々と敵の戦車を叩き潰す。『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011) でスティーブの部隊にいたティモシー・“ダム・ダム”・デューガンが「彼女、ヒドラ・ストンパーの友達なの?」と尋ねると、バッキーは「私も友達な気がする」と意味深なセリフを残すのだった。

変わらないスティーブのハート

アニメ『ホワット・イフ…?』は、MCUフェーズ3までの各作品で起こりえた「もしも」の物語を集めたアニメシリーズ。スティーブ・ロジャースではなくペギー・カーターに超人血清が打たれ、“キャプテン・カーター”が誕生した世界線では、スティーブはヒドラ・ストンパーのアーマーに乗り込んでペギーをサポートしているようだ。たとえスーパーパワーを手に入れなくても、正義のために戦おうとするスティーブのハートは変わらないということだろう。

『ホワット・イフ…?』ではドラマ『ロキ』(2021) に端を発したマルチバース化が大きく前進すると見られている。なお、『ホワット・イフ…?』配信開始を一週間前に控え、MCU総集編のミニシリーズ『マーベル・スタジオ 知られざる秘密』では「ペギー・カーター」「アベンジャーズ計画」「ラヴェジャーズ」の三作品の配信を開始した。アベンジャーズ結成の経緯を振り返る「アベンジャーズ計画」は、異なる歴史を描く『ホワット・イフ…?』においても、アベンジャーズ結成の計画は変わらずに実行されることを示唆している。

「何が変わるか」という点も見どころだが、ヒドラ・ストンパーに乗り込んだスティーブの活躍のように、大きな変化が訪れた世界でも“変わらない点”についても注目したいところだ。

アニメ『ホワット・イフ…?』は2021年8月11日(水) 16時よりDisney+で配信開始。

Disney+

キャプテン・カーターは特別ポスターも公開され、重要なキャラクターになることが示唆されている。詳しくはこちらの記事で。

『ホワット・イフ…?』の監督と脚本家は、キャプテン・カーターの実写化を希望している。詳しくはこちらの記事で。

ジェフリー・ライトが演じる重要人物ウォッチャーの紹介はこちらから。

『ホワット・イフ…?』の概要はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『ホワット・イフ…?』最終回 第9話はアノ人が降臨。フィナーレはどうなる? (登場人物のネタバレあり)

    2. カニエ・ウェストのTwitterに大友克洋が登場——「『AKIRA』は最大のインスピレーションだった」

    3. 帝国がクローン廃止した理由『バッド・バッチ』第1話で明らかに 「スター・ウォーズ」史に新証言

    4. ネタバレ解説『バッド・バッチ』第12話 兵士とは…オメガの成長とバッド・バッチのポリシー あらすじ&考察