注目の記事 PICK UP!

『ちいさな英雄』が公開! オダギリジョー主演の「透明人間」に注目

スタジオポノック『ちいさな英雄』が公開!

豪華製作陣による「本気」のアニメ

8月24日(金)、スタジオポノック初の短編映画集『ちいさな英雄—カニとタマゴと透明人間—』が公開された。同作は、米林宏昌監督の「カニーニとカニーノ」、百瀬義行監督の「サムライエッグ」、山下明彦監督の「透明人間」の短編作品三本立て。「ポノック短編劇場」の第一弾とされており、一作品辺り15〜20分ほどの計54分と、小さな子ども連れの方でも鑑賞しやすい時間設定となっている。小さなお子さんを持つ「Youtube世代」の親御さんも鑑賞しやすいだろう。それでも、スタジオジブリで『借りぐらしのアリエッティ』(2010)などを手がけた米林監督、かつて高畑勲監督の右腕と呼ばれた百瀬監督、『ハウルの動く城』(2004)で作画監督、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009)で原画を務めた山下監督と、豪華な布陣による「本気」のアニメーション作品が詰め込まれた短編集となっている。

現代に蘇った「透明人間」

SFウェブマガジンのVG+として注目したいのは、山下監督の「透明人間」だ。「透明人間」といえば、H・G・ウェルズが1897年に著したSF小説の『透明人間』。人間の“影”と、“孤独”を描いた名作だ。ウェルズが描いたのは、透明になることで社会から疎外された男の悲哀と“醜さ”だった。だが、山下監督の「透明人間」で描かれているのは、社会から見捨てられても“善く”生きようとする透明人間の物語だ。様々な疎外や無関心で溢れる現代社会に相応しい内容の作品となっている。

主人公・透明人間役にオダギリジョー

また、主人公・透明人間の声を、俳優のオダギリジョーが担当している点にも注目だ。オダギリジョーといえば、SFファンにとっては、『仮面ライダークウガ』(2000)でお馴染みだろう。現在、「平成仮面ライダー20作品記念」として、オダギリジョーの初主演作品である『仮面ライダークウガ』がYoutubeの東映特撮公式チャンネルで公開されている。

今回は声優、それも透明人間の役に挑んだが、実は今作の透明人間には(短編ということもあり)セリフらしいセリフは多くない。ため息や、「あっ」という感嘆詞がほとんどで、なおさら演技力が求められる役どころとなっている。来年で俳優デビュー20周年を迎えるオダギリジョーだが、今もなお挑戦し続ける彼の姿も要チェックだ。

新たな夏の風物詩になるか

スタジオポノックは、2014年のスタジオジブリ製作部門の解散後、ジブリで『かぐや姫の物語』(2013)や『思い出のマーニー』を手がけたプロデューサーの西村義明が立ち上げたアニメーションスタジオ。2017年の夏には、長編作品の『メアリと魔女の花』を公開。宮崎駿監督のスタイルを受け継いだ米林監督の作風が話題となった。
今回の「ポノック短編劇場」は、「第一弾」とされている。木村カエラが歌う「ポノック短編劇場のテーマ」と共に、新たな夏の風物詩となるだろうか。

『ちいさな英雄』公式サイト

– Thumbnail –
via: © 2018 STUDIOPONOC

関連記事

  1. 円谷プロから秋の新作アニメが続々登場 『SSSS.GRIDMAN』『怪獣娘(黒)』

  2. 今敏賞受賞の『ペンギン・ハイウェイ』 「超新星コンビ」と「京都タッグ」の製作陣に期待

  3. 『機動戦士ガンダム』は「ハリウッド実写化」なのか–––中国・ワンダ配下のレジェンダリー制作で、青島で…

  4. 細田守最新作! 『未来のミライ』が7月20日より公開。88の国と地域で配給予定

  5. DEVILMAN crybabyの主人公は飛鳥了。「大衆」と「個人」を描いた新デビルマン

  6. 【レビュー】『未来のミライ』から読み取る「他者への想像力」—「家族の物語」を越えて

  7. 『未来のミライ』が本日公開! 8月にはアジア各地でも続々公開

  8. 『ペンギン・ハイウェイ』を観た少年少女たちは、『惑星ソラリス』に辿り着く

  9. ギレルモ・デル・トロ監督 メキシコ人の若者三名に「アニメキシコ奨学金」授与

PAGE TOP