『ホワット・イフ…?』第7話はアノ人が見たことのない姿で登場!(登場人物のネタバレあり) | VG+ (バゴプラ)

『ホワット・イフ…?』第7話はアノ人が見たことのない姿で登場!(登場人物のネタバレあり)

© 2021 Marvel

『ホワット・イフ…?』第7話はあの人の回に

Disney+で配信されている『ホワット・イフ…?』シーズン1は、全9話で構成されたMCU初のアニメシリーズだ。第1話ではスティーブに代わって“キャプテン”になったペギー・カーター、第2話ではスター・ロードになったティ・チャラ、第3話では妨害を受けたアベンジャーズ計画、第4話では闇堕ちしたドクター・ストレンジ、第5話ではゾンビ化したMCU世界、第6話ではトニー・スタークを助けたキルモンガーの姿が描かれた。

早くも残すところ3話のみとなった『ホワット・イフ…?』シーズン1は、予告映像で見られたほとんどのキャラクターを出し切ったようにも見えるが、まだまだ「もしも」が描かれる主役は残っている。第7話では遂にあの人が主人公として登場する。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『ホワット・イフ…?』第7話の登場人物に関するネタバレを含みます。

第7話は“ソー回”に

『ホワット・イフ…?』第7話の配信直前、マーベル公式は第7話のコンセプトになるポスターを公開した。

© 2021 Marvel

公開されたのはバッチリとポーズをキメたソーのポスターだ。注目すべきはその頭部コスチューム、そして左手のムジョルニアだ。頭部については髪型が長髪になっており、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017) で短髪になる以前の姿だと考えられる。一方でヒゲを剃っている姿はこれまでになく、珍しい姿だ。どこか若々しく見える。

コスチュームも初めて見るもので、模様は『マイティ・ソー』(2011) のものに似てはいるが、今回のコスチュームは黄金に輝いている。一体どこで手に入れたものなのだろうか。そして左手にムジョルニアを握っているということは、やはり『マイティ・ソー バトルロイヤル』でヘラに砕かれる前なのだろう(ソーは『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019) で再びムジョルニアを手にするが、最後にスティーブが元の場所に返している)。

なお、これまでの『ホワット・イフ…?』では、ソーは第3話に登場。この時は映画『マイティ・ソー』をベースにしており、ヒゲの生えた姿を見せていた。今回のヒゲのないクールなコスチュームを身にまとったソーは、どのタイミングのソーなのだろうか。

第7話は『バトルロイヤル』が舞台?

ではポスターではなく、これまでに公開された予告編でソーが登場した場面を振り返ってみよう。

最初の予告では、顔がアップになったソー(ヒゲなし)が「ゆっくり頼むよ、鈍い連中がいる。私は違うよ」とコミカルなコメントを残している。また、ムジョルニアを投げる姿も見られるため、何らの敵と戦うことにはなりそうだ。

そして、第6話配信のタイミングで公開された「Mid-Season Sneak Peek(シーズン中盤のプレビュー)」と題した新予告では、サムネイルに闇堕ちしたドクター・ストレンジ(ドクター・ストレンジ・スプリーム)と共に登場。

今回公開されたポスターと同じコスチュームを身にまとっている。映像では、その姿はドクター・ストレンジのコスチューム と同期するように黄金に輝いている。

そして、ソーはドクター・ストレンジに向かって「ゾンビか、いいね!」と話しかけている。第7話が、ドクター・ストレンジが闇の力に飲み込まれた第4話、世界がゾンビアポカリプスに陥った第5話とクロスオーバーする回になる可能性もあるが、第7話はただの“ソー回”で、第8話以降に第4・5・7話のクロスオーバーが待っている可能性も考えられる。

そして新予告の終盤では、おそらく第7話のシーンと思われる映像が流れる。「マイティ・ソー」のキャラクターであるグランドマスターがDJを務め、タイカ・ワイティティ監督が演じたコーグがロボットダンスを踊るシーンだ。コーグの周りにはアスガルドの兵士スクラル人(タロス?)の姿も見られる。右手前に見切れているのはマンティスだ。

グランドマスターもコーグも『マイティ・ソー バトルロイヤル』でフィーチャーされたキャラクターだ。グランドマスターは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』(2017) のポストクレジットシーンで初登場を果たしているが、マンティスも『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』で初登場のキャラクターだ。つまり、両作が公開された2017年頃が舞台と考えてよいだろう。

また、ウルトロンの軍隊であるウルトロン・セントリーをムジョルニアで殴り飛ばすソーの姿も挿入されている。ブラック・ウィドウがウルトロン・セントリーと戦うシーンも予告には入っているため、こちらもクロスオーバー回に持ち越しになる可能性もある。

なお、グランドマスターがDJを務めるパーティーシーンが挿入されていることもあり、“マイティ・ソー”ならぬ“パーティー・ソー”の回との噂もある。ソーがパーティー好きというのは意外ではないだろう。元々お酒が好きで、『アベンジャーズ/エンドゲーム』では(傷心からだが)ビールを飲みまくり、オンラインゲームに没頭する自堕落な生活を送っていた。

それがどのような物語に発展するのか、『ホワット・イフ…?』はなかなかヘビーな展開が続いているが、雷神が明るく照らしてくれることに期待しよう。

第7話の答え合わせはこちらから。

アニメ『ホワット・イフ…?』はDisney+で独占配信中。

『ホワット・イフ…?』(Disney+)

『ホワット・イフ…?』第6話で明らかになったスターク・インダストリーズが兵器開発をやめた本当の理由についての解説はこちらの記事で。

11月24日(水)から配信を開始するドラマ『ホークアイ』の予告編とその解説&考察はこちらから。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』予告編の解説&考察はこちらから。

『ホワット・イフ…?』第6話のネタバレ解説はこちらから。

第7話以降の展開予想はこちらから。

 

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』と『ワンダヴィジョン』の繋がりの考察はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第2話ネタバレ感想!『SSSS.DYNAZENON』あらすじ・考察・解説〜“苦悩する主人公”と、戦う理由〜

    2. 『ホワット・イフ…?』最終話ポストクレジットはハッピーエンド? キャプテン・カーターの今後を脚本家が語る

    3. 『アリータ』から『アンダン』へ——『アンダン〜時を超える者〜』アルマを演じたローサ・サラザールの表現力

    4. 『ラブ、デス&ロボット』シーズン2 マイケル・B・ジョーダン主演「避難シェルター」の裏側が明らかに