麦原遼「それはいきなり繋がった」、D・A・シャオリン・スパイアーズ「虹色恐竜」(勝山海百合訳)一般公開!【Kaguya Planet】 | VG+ (バゴプラ)

麦原遼「それはいきなり繋がった」、D・A・シャオリン・スパイアーズ「虹色恐竜」(勝山海百合訳)一般公開!【Kaguya Planet】

麦原遼「それはいきなり繋がった」、D・A・シャオリン・スパイアーズ「虹色恐竜」(勝山海百合訳)一般公開

オンラインでSF短編小説を配信するKaguya Planetより、麦原遼「それはいきなり繋がった」、D・A・シャオリン・スパイアーズ「虹色恐竜」(勝山海百合訳)の一般公開を開始しました。「それはいきなり繋がった」と「虹色恐竜」は、4月のKaguya Planet先行公開作品として配信された作品です。

※先行公開したバージョンからの改稿はありません。

麦原遼「それはいきなり繋がった」

ある春の日、世界は左右の反転した鏡の世界と繋がった。シンメトリーな二つの世界には、一つ大きな違いがある。鏡の世界との境界となった僕の町は変貌を遂げていく。

麦原遼
プロフィール
1991年生まれ。ゲンロン 大森望 SF創作講座の2期生。2018年に『逆数宇宙』で第2回ゲンロンSF新人賞優秀賞を受賞してゲンロンSF文庫からデビュー。Toshiya Kameiが英訳した「GかBか(ガール・オア・ボーイ)」(『Sci-Fire 2018』収録)がスコットランドのShoreline of Infinity誌に掲載予定。2020年には『S-Fマガジン』2020年8月号の「それでもわたしは永遠に働きたい」、『小説すばる』2021年1月号の「2259」、『文藝』2020年冬季号の「〈90年代生まれが起こす文学の地殻変動〉アンケート」、『Sci-Fire 2020』の「嗅子」など、多くの媒体に活躍の場を広げている。圧倒的な強度を誇る新鋭SF作家。

D・A・シャオリン・スパイアーズ「虹色恐竜」(勝山海百合 訳)

チャットアプリ「ララ」で出会った上海のシィと河北のポン。クリスマスにはプレゼントを贈り合い、バーチャルデートを重ね、たとえ会えなくても二人の未来は明るいと思っていた。

D・A・シャオリン・スパイアーズ
作者プロフィール
アメリカの小説家、詩人。Clarkesworld, Analog, Strange Horizons, Nature, Terraform, Uncanny, Fireside, Galaxy’s Edge, StarShipSofa, Andromeda Spaceways などの他、多くの媒体に作品が掲載されている。アンソロジー収録作多数。いくつかの作品はドイツ語、スペイン語、ベトナム語、エストニア語に翻訳されている。フランス語への翻訳も進行中。
勝山海百合
訳者プロフィール
岩手県出身の小説家。短篇集『竜岩石とただならぬ娘』(2008, MF文庫ダ・ヴィンチ) で単著デビュー。『さざなみの国』(2011) で第23回日本ファンタジーノベル大賞受賞。2020年はトシヤ・カメイによって、“てのひら怪談”作品を中心に多数の作品が翻訳され、海外媒体に掲載にされた。

5月は2本のSF短編小説を先行公開中

大木芙沙子「かわいいハミー」は、博士の最高傑作のヒューマノイド《ハミー》が主人公の、心温まるロボットSFです。余韻の残るラストシーンが印象的で多くの方から「泣きました」の声をいただいております。

ユキミ・オガワ「町の果て」(訳・解説 大滝瓶太) は、町のはずれにある結婚相談所が舞台の少し不思議な物語です。ユーモアに満ちた怪談で、ユキミ・オガワさんの魅力を味わえる作品です。作家・大滝瓶太さんによる解説と合わせてお楽しみください。

Kaguya Planetは、オンラインでSF短編小説を定期掲載していくプロジェクトです。500円で“応援”の会員登録をして頂くと、各作品やインタビューを約1ヶ月早く読むことができます。

ログイン

登録する

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya Planetは2020年12月に活動を開始して以来、珠玉のSF短編小説を掲載し続けてきました。2021年3月からは日本語の作品に加えて翻訳作品も掲載しています。D・A・シャオリン・スパイアーズさんとユキミ・オガワさんは、作品の邦訳が出るのは初めてで、海外で活躍している作家さんの作品を日本語圏に紹介するという役割も果たしています。

また、Kaguya Planetが開始当時から掲げている三つの目標、① 日本のSF界におけるジェンダー不均衡の是正、② 新人賞以外の入り口を作ること、③ 海外のようにオンラインでSF短編小説を読むカルチャーを作っていくこと、についても、たくさんの反響をいただいております。

引き続きこれらの活動を続けていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方には、毎月約一ヶ月早くKaguya Planetのコンテンツを先行公開しています。

登録する

また、1円から寄付も受け付けております。サポートして頂いたお金は全てKaguya Planetの原稿料や編集料に当てられます。十分な資金が集まり次第、Kaguya Planetの作品掲載数やインタビュー記事の数を増やしていく予定です。プロジェクトの詳細はこちらの特設ページをご覧ください。

寄付をする

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の3社となっています。現時点ではJCBには対応しておりませんので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。
    Visa
    Mastercard
    American Express

 

これまでのKaguya Planet公開作品

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 日本発のCli-Fi! 梶舟景司「密航日帰り旅行に言い訳を」英訳がAcross The Marginに掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

    2. 不破有紀の英訳作品「So Eagerly Awaiting」がNew World Writingに掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

    3. 大滝瓶太「直行言語の孤独」英訳がSci Phi Journal誌に掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

    4. 花田一三六『蒸気と錬金 Stealchemy Fairytale』発売! 錬金術と魔法で溢れる異界紀行