勝山海百合「あれは真珠というものかしら」アルゼンチン誌に掲載 Toshiya Kameiによるスペイン語訳 | VG+ (バゴプラ)

勝山海百合「あれは真珠というものかしら」アルゼンチン誌に掲載 Toshiya Kameiによるスペイン語訳

Revista Axxón 299

「あれは真珠」がアルゼンチン誌に登場

第一回かぐやSFコンテストで大賞を受賞した勝山海百合のSF短編小説「あれは真珠というものかしら」が、アルゼンチンの伝統あるSF誌 Axxón に掲載された。2021年4月号にあたる第299号にToshiya Kameiによるスペイン語役が掲載されており、ウェブサイトから無料で閲覧できる (閲覧環境によって表示できない場合あり)。アルゼンチン版オリジナルのイラストも要注目。

¿Es acaso una perla? (Axxón)

「あれは真珠というものかしら」は、“未来の学校”をテーマに4,000字以内のSF掌編を募集した第一回かぐやSFコンテストで大賞を受賞した作品で、副賞として英語 (イーライ・K・P・ウィリアム訳)中国語 (田田訳) に翻訳されている。Toshiya Kameiによるスペイン語訳はこれまで、Nagari Magazineに掲載された後、キューバのSFファンタジー誌 Koradにも掲載された。スペイン語での掲載はAxxónが3つ目の媒体になる。

Kaguya Planetでは勝山海百合が翻訳の相次いだ2020年を振り返るインタビューを公開中

また、勝山海百合が第23回ファンタジーノベル大賞を受賞した『さざなみの国』は、2021年2月に惑星と口笛ブックスから再刊されている。

¥800 (2021/04/11 09:26:43時点 Amazon調べ-詳細)

オンラインでSF短編小説を配信するKaguya Planetでは、勝山海百合がToshiya Kameiの英語原作を翻訳した「ピーチ・ガール」を会員向けに先行公開中

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第一回かぐやSFコンテスト 審査委員のおすすめ小説10本

    2. 『Mythical Creatures of Asia』に大木芙沙子、不破有紀らのDrabbleが掲載 Toshiya Kameiの翻訳で

    3. 第一回かぐやSFコンテスト結果発表 最終候補全作品の選評も公開

    4. 藤井太洋の新刊『ハロー・ワールド』が10月16日発売 予約受付もスタート