勝山海百合「あれは真珠というものかしら」スペイン語版がキューバ誌に掲載 Toshiya Kameiによる翻訳 | VG+ (バゴプラ)

勝山海百合「あれは真珠というものかしら」スペイン語版がキューバ誌に掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

「あれは真珠」がキューバ誌に登場

勝山海百合のSF短編小説「あれは真珠というものかしら」のスペイン語訳が、キューバのSFファンタジー誌 Koradの第38号に掲載された。「あれは真珠というものかしら」はバゴプラが主催した第一回かぐやSFコンテストの大賞受賞作品。同作をスペイン語に翻訳したのはToshiya Kameiで、掲載された『Korad 38』はPDFで無料公開されている。

Korad 38

Toshiya Kameiが「あれは真珠というものかしら」をスペイン語に翻訳した「¿ES ACASO UNA PERLA?」は、既にNagari Magazineに掲載されており、今回はキューバ誌に再掲載される運びとなった。『Korad 38』にはその他に、「キューバSFの父」と呼ばれるオスカー・ウルタドの名を冠した地元のSFコンテストの佳作入選作品が掲載されている。

勝山海百合の「あれは真珠というものかしら」は、かぐやSFコンテスト大賞の副賞としてイーライ・K・P・ウィリアムが翻訳した英語版、田田が翻訳した中国語簡体字版および中国語繁体字版が公開されている。日本語のオリジナル版とToshiya Kameiが翻訳したスペイン語版を合わせて、計5バージョンを楽しむことができる。

勝山海百合の作品では、Toshiya Kameiの翻訳によって「軍馬の帰還」「魚怪」と言った掌編が次々と英語誌で公開され、チェコ誌やスコットランド誌、ルーマニア誌などにも作品が掲載される。

Toshiya Kameiの翻訳作品では、梶舟景司「本が読める特別な彼女」の英訳がクラークスワールド誌に掲載され、坂崎かおる「リモート」の英訳がDaily Science Fictionに掲載されるなど、数多くの日本のSF掌編が世界に羽ばたいている。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 犬と街灯「島アンソロジー」開催中

    2. 『指輪物語』のトールキンが、フランク・ハーバートの小説『デューン/砂の惑星』について語らなかった理由

    3. 「最近出た本を読もう」呼びかけに謎の批判。米SF作家たちが擁護

    4. #BFC2 蜂本みさ が優勝、白川小六は準優勝 第2回ブンゲイファイトクラブ