Kaguya Planetにて、王谷晶「東京都稲城市に次元の扉が開いて十年が経った」一般公開! | VG+ (バゴプラ)

Kaguya Planetにて、王谷晶「東京都稲城市に次元の扉が開いて十年が経った」一般公開!

Kaguya Planetにて、王谷晶「東京都稲城市に次元の扉が開いて十年が経った」の一般公開開始

オンラインSF誌 Kaguya Planetにて、王谷晶「東京都稲城市に次元の扉が開いて十年が経った」を一般公開しています。カバーデザインはmorikaさんが手掛けました。

「東京都稲城市に次元の扉が開いて十年が経った」はプライド月間に無料公開する作品ということで、カラフルで爽やかな読後感の残るクィアSF短編小説です。

Kaguya Planetでは毎月、SF短編小説を配信中!各作品は約一ヶ月の先行公開期間を経て、無料で一般公開されます。月額500円の会員になると先行公開期間の作品を読むことができます。掲載作品一覧はこちら。

Kaguya Planetについて詳しく知る

王谷晶「東京都稲城市に次元の扉が開いて十年が経った」

東京都稲城市に次元の扉が開いて十年が経った。「未来シアターINAGI」で働く藤沢ヒロシは今日も、味気ない作業着とキャップをかぶって案内係をする。派手なコスチュームよりもこういう格好のほうが、かれらにウケがいいのだと教わった。

王谷晶
小説家でエッセイスト。1981年、東京都生まれ。2018年に、収録されている23編すべてが女と女が主人公の短編集『完璧じゃない、あたしたち』(ポプラ社)を刊行。女性同士の多様な関係を、SFや幻想譚も織り交ぜながら様々な角度から描き、話題を呼んだ。2020年には、暴力の才能に秀でた新道依子という女性を描いたバイオレンスアクション小説『ババヤガの夜』(河出書房新社)を刊行。『ババヤガの夜』はこれまでにあまり類のない、とにかく強い、そしてその強さに〈復讐〉という動機がない女性キャラクターを描いた傑作だ。近著は『君の六月は凍る』(朝日新聞出版) や《異形コレクション》第55巻『ヴァケーション』(短編小説「声の中の楽園」を寄稿)など。
¥1,441 (2024/02/24 18:13:07時点 Amazon調べ-詳細)

『結晶するプリズム 翻訳クィアSFアンソロジー』無料公開中!

Kaguya Planetでは、プライド月間限定で、井上彼方・紅坂紫編『結晶するプリズム 翻訳クィアSFアンソロジー』の収録している全5作品を公開しています。

『結晶するプリズム』は、世界の各地から選りすぐりのクィアSF短編小説を集めたアンソロジー。アセクシュアルの狼男の物語や、家父長制に抵抗するレジスタンスたちの小説など、多彩な短編小説が5編収録されています。書き手の経済状況にかかわらず作品を読める機会を増やしたいということで、プライド月間限定で全収録作品を無料公開しています。こちらも合わせてお楽しみください!

Kaguya Planet にて蜂本みさ『遊びの国のモシカたち』連載中!

Kaguya Planetでは、Kaguya Booksから刊行予定の蜂本みさ『遊びの国のモシカたち(仮)』を連載中。連載は会員限定で公開しており、現在掲載しているのは1と2です。

『遊びの国のモシカたち(仮)』はカモノハシのぬいぐるみモシカと、ごっこ遊びが大好きな女の子ミミの物語です。嘘で本当なごっこ遊びの世界をお楽しみください。

Kaguya Planetにログイン  Kaguya Planetに登録

6月のKaguya Planetは冬乃くじさん

Kaguya Planetでは、6月24日(土)に、蜂本みささんの連載の会員向けの公開と、冬乃くじさんの新作SF短編小説の先行公開を開始します。冬乃くじさんは、2022年の第四回ブンゲイファイトクラブの優勝者で、Kaguya Planetに都市SF「国破れて在りしもの」を寄稿しています。

またKaguya Planetの最新情報を見逃したくないという方はぜひ、KAGUYAのニュースレターへの登録をお願いします。毎月一回程度、Kaguya PlanetとKaguya Booksの新着情報をお届けしています。

※登録に必要なのはメールアドレスのみです。

KAGUYAのニュースレターに登録

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、オンラインSF誌です。2020年12月に① 日本のSF界におけるジェンダー不均衡の是正② 新人賞以外の入り口を作ること③ 海外のようにオンラインでSF短編小説を読むカルチャーを作っていくこと、という三つの目標を掲げて活動を開始し、珠玉のSF短編小説を掲載し続けてきました。

2021年3月からは日本語の作品に加えて翻訳作品も掲載しています。邦訳が出るのはKaguya Planetが初めてという作家も数多く、海外で活躍している作家さんの作品を日本語圏に紹介するという役割も果たしています。

より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は、一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

掲載している作品一覧

引き続きこれらの活動を続けていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方は、毎月、約一ヶ月の先行公開中のコンテンツをお楽しみいただけます。

登録する

また、1円から寄付も受け付けております。サポートして頂いたお金は全てKaguya Planetの原稿料や編集料に当てられます。十分な資金が集まり次第、Kaguya Planetの作品掲載数やインタビュー記事の数を増やしていく予定です。プロジェクトの詳細はこちらの特設ページをご覧ください。

寄付をする

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の4社となっています。
    Visa
    Mastercard
    American Express
    JCB

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 第二回かぐやSFコンテスト選評と総評座談会を公開

  2. グラフィックノベル版『侍女の物語』の魅力を解説。“色”が伝えるマーガレット・アトウッドの警告

  3. 勝山海百合「軍馬の帰還」英訳が英Fudoki Magazineに掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

  4. 【英中訳公開】第1回かぐやSFコンテスト大賞 勝山海百合「あれは真珠というものかしら」イーライ・K・P・ウィリアム、田田による翻訳を公開