BFC、惑星と口笛、かぐやSFコンテストから翻訳された小説は? Toshiya Kameiが作品リストを公開中 | VG+ (バゴプラ)

BFC、惑星と口笛、かぐやSFコンテストから翻訳された小説は? Toshiya Kameiが作品リストを公開中

Toshiya KameiがBFC等からの翻訳リストを公開

日本のSF短編小説を次々に英訳し、海外の媒体で紹介している翻訳家のToshiya Kameiが、ブンゲイファイトクラブ (BFC)惑星と口笛ブックスかぐやSFコンテストから翻訳されて掲載を勝ち取った作品のリストを自身のウェブサイトで公開している。

BFC 翻訳リスト 惑星と口笛ブックス 翻訳リスト

かぐやSFコンテスト 翻訳リスト

今回リストが公開された翻訳元は全てオンライン (電子書籍含む) で読める媒体だ。ブンゲイファイトクラブは惑星と口笛、編集Z、編集オメガ、編集リドルが主宰する文芸イベント。惑星と口笛ブックスは西崎憲が主宰する電子書籍の出版レーベルで、大前粟生、北野勇作、斎藤直子らの電子書籍をリリースしてきた。2021年1月1日(金)には〈オルタナキュレーション惑星と口笛〉にリニューアルされた。

〈オルタナキュレーション惑星と口笛〉

かぐやSFコンテストは、SFメディアのバゴプラが2020年に開催したSF短編小説のコンテスト。大賞への商品を英語訳と中国語訳に設定し、海外の読者を意識した作品が集まった。第一回かぐやSFコンテストでは、最終候補に残った11作品だけでなく、Honorable Mention (選外佳作) リストとウェブ上で公開されている作品へのリンクも公開している。

Toshiya Kameiのリストでは、第一回かぐやSFコンテストでで審査員特別賞を受賞した坂崎かおるの「リモート」に続き、選外佳作に選ばれた「つくえ・くろにくる」の掲載決定も明らかになっている。原里実「永遠の子どもたち」の掲載先にも注目だ。「いつかあの夏へ」で読者賞を受賞した佐伯真洋の「母になる」は第4回日経星新一賞の最終候補作だが、関連作品として掲載されている。

Toshiya Kameiは、『小説すばる』2021年1月号にエッセイ「日本発インディーSFを世界へ」を寄稿し話題となった。同エッセイでは、これまでの経緯や、翻訳した掌編を海外に発信していく際の戦術的なアプローチが明らかになっている。

¥700 (2022/01/29 05:14:30時点 Amazon調べ-詳細)

リストの掲載作品は、今後更に増えていく予定。新たな文学の発信地となったBFC、オルタナキュレーション惑星と口笛、かぐやSFコンテストの今後にも注目して頂きたい。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 田中兆子 著『徴産制』——自分自身の解放のために【書評・レビュー】

    2. 戦争の忘却に警鐘——小松左京「戦争はなかった」

    3. 新井素子編『ショートショートドロップス』が文庫版で登場! 上田早夕里、恩田陸、萩尾望都ら、女性作家による短編15作品を収録

    4. 北野勇作・剣先あやめ・堀部未知・不破有紀・伊藤螺子「200文字怪談」、アヴラ・マルガリティ「ミツバチたちの死」(翻訳:日本橋和徳) 、ジョイス・チング「まめやかな娘」(翻訳・解説:紅坂紫)一般公開!【Kaguya Planet】