佐伯真洋「母になる」英訳がWelkin誌に掲載へ Toshiya Kameiによる翻訳 | VG+ (バゴプラ)

佐伯真洋「母になる」英訳がWelkin誌に掲載へ Toshiya Kameiによる翻訳

佐伯真洋「母になる」が英訳で登場

第4回日経星新一賞の最終候補作に選ばれた佐伯真洋 (さえき まひろ) の短編小説「母になる」が英訳され、幻想文学の季刊誌『Welkin』に掲載される。『Welkin』は、9月にスタートしたウェブマガジンのWelking Magazineが発行する電子書籍。Toshiya Kameiが英訳を手がけ、「Becoming a mother」の英題で同誌に掲載されることになる。

佐伯真洋は1991年生まれの作家。“はじめて書いたSF小説”と語る「母になる」が、2016年に開催された第4回日経星新一賞の最終候補に選ばれると、同年から3年連続で同賞の最終候補に選出。2020年の第11回創元SF短編賞でも「青い瞳がきこえるうちは」が最終候補に選ばれた。

バゴプラが同年夏に主催した第1回かぐやSFコンテストでは、「いつかあの夏へ」が応募作品416編の中から11編の最終候補に選出されると、筆者名を伏せた状態で実施された読者投票で最多票を獲得。かぐやSFコンテストにおける初代・読者賞に選ばれた。そして今回、Toshiya Kameiの翻訳により、佐伯真洋は英語誌でのデビューが決定。着実に活躍の場を広げている。

『Welkin』に掲載される佐伯真洋「母になる」の日本語版は、以下のリンク先で読むことができる。

「母になる」(note)

なお、Welkin Magazineのウェブマガジンには、Toshiya Kameiが英訳した久生十蘭「水草」(1947) の英語版「Water Grass」が掲載されている。

日本の若手SF作家による世界への挑戦が続いている。「Becoming a mother」が収録される『Welkin』も発売を楽しみに待とう。

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. Kaguya Planet7月先行公開、アヴラ・マルガリティ「ミツバチたちの死」(翻訳:日本橋和徳) ジョイス・チング「まめやかな娘」(翻訳・解説:紅坂紫) 配信開始

    2. 『S-Fマガジン』2020年12月号は「中国SF特集」 2021年の中国SFラインナップも明らかに

    3. 新井素子編『ショートショートドロップス』が文庫版で登場! 上田早夕里、恩田陸、萩尾望都ら、女性作家による短編15作品を収録

    4. 固定価格制に国策仮想通貨? 近未来SFは仮想通貨をどう描いたか―2018年を舞台にした小説『アンダーグラウンド・マーケット』