Kaguya Planet6月先行公開、赤坂パトリシア「Linguicide,[n.]言語消滅」配信開始 | VG+ (バゴプラ)

Kaguya Planet6月先行公開、赤坂パトリシア「Linguicide,[n.]言語消滅」配信開始

Kaguya Planet 6月の先行公開スタート

SFメディアのバゴプラが運営するKaguya Planetにて、赤坂パトリシア「Linguicide,[n.]言語消滅」の配信を開始します。カバーイラストは、浅野春美さんが手掛けました。

Kaguya Planetは、オンラインでSF短編小説を定期掲載していくプロジェクトです。500円で“応援”の登録をして頂くと、各作品やインタビューを約1ヶ月早く読むことができます。

ログイン

登録する

 

赤坂パトリシアさんの新作、配信開始

赤坂パトリシアさんは普段は小説投稿サイト「カクヨム」を中心に執筆活動をされています。2019年にはカクヨムに連載していた『ネコばあさんの家に魔女が来た』第4回カクヨムWeb小説コンテストでキャラクター文芸部門・特別賞を受賞し、2020年にKADOKAWAから単行本として出版されました。

¥1,231 (2022/01/16 07:02:52時点 Amazon調べ-詳細)

また、イギリスの文化や歴史に関わる分野の博士号を取得しており、バイリンガルのお子さんを子育て中で、言語、特に継承語については日頃から考えているテーマの一つだそうです。今回Kaguya Planetに掲載する「Linguicide,[n.]言語消滅」も言語がテーマになっています。

赤坂パトリシア「Linguicide,[n.]言語消滅

ある梅雨明けの火曜日、日本時間1946分。異変の兆候は、海外の大都市で発見された。日本人の配偶者、友人、同僚が忽然と消えた、という報告が相次いで上がったのだ

赤坂パトリシア
プロフィール
イングランド在住。仕事と子育てをしながら、小説投稿サイト「カクヨム」にて執筆活動をしている。2019年には、カクヨムで連載していた『ネコばあさんの家に魔女が来た』が第4回カクヨムWeb小説コンテストでキャラクター文芸部門・特別賞を受賞、2020年にKADOKAWAから単行本として出版された。イギリスの文化や歴史に関わる分野の博士号を取得しており、バイリンガルの子どもを育てていることもあり、言語、特に継承語については日頃から考えている。背後にある社会問題を射程に入れた、細やかな人物描写が魅力の作家だ。

 

Kaguya Planetでは、二作品を先行公開中

Kaguya Planetでは現在、先行配信コンテンツとしてユキミ・オガワ「町の果て」(訳・解説 大滝瓶太)、大木芙沙子「かわいいハミー」を配信中です。

大木芙沙子「かわいいハミー」は、博士の最高傑作のヒューマノイド《ハミー》が主人公の、心温まるロボットSFです。余韻の残るラストシーンが印象的で多くの方から「泣きました」の声をいただいております。

ユキミ・オガワ「町の果て」(訳・解説 大滝瓶太) は、町のはずれにある結婚相談所が舞台の少し不思議な物語です。ユーモアに満ちた怪談で、ユキミ・オガワさんの魅力を味わえる作品です。作家・大滝瓶太さんによる解説と合わせてお楽しみください。

この二作品は、6月26日(土) に一般公開します!

7月のKaguya Planetは特別企画

7月のKaguya Planetは特別企画「200文字怪談」を開催します!また、二本の翻訳作品も先行公開します。

「200文字怪談」では、毎週土曜日に約200文字で書かれた怪談を二編配信します。執筆していただく作家は5名。それぞれの方には、200文字の怪談一編に加えて、「他の人が書いた200文字怪談で使われている一単語を使用する」という縛りのもとでもう一編200文字の怪談を執筆していただきました。毎週土曜日にペアで配信される200文字怪談をお楽しみください。

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、SF短編小説をオンラインで配信するプロジェクトです。2020年12月に① 日本のSF界におけるジェンダー不均衡の是正② 新人賞以外の入り口を作ること③ 海外のようにオンラインでSF短編小説を読むカルチャーを作っていくこと、という三つの目標を掲げて活動を開始し、珠玉のSF短編小説を掲載し続けてきました。

2021年3月からは日本語の作品に加えて翻訳作品も掲載しています。現在作品を配信しているD・A・シャオリン・スパイアーズさんとユキミ・オガワさんは、邦訳が出るのはKaguya Planetが初めてで、海外で活躍している作家さんの作品を日本語圏に紹介するという役割も果たしています。

より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は、一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

引き続きこれらの活動を続けていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方には、毎月約一ヶ月早くKaguya Planetのコンテンツを先行公開しています。

登録する

また、1円から寄付も受け付けております。サポートして頂いたお金は全てKaguya Planetの原稿料や編集料に当てられます。十分な資金が集まり次第、Kaguya Planetの作品掲載数やインタビュー記事の数を増やしていく予定です。プロジェクトの詳細はこちらの特設ページをご覧ください。

寄付をする

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の3社となっています。現時点ではJCBには対応しておりませんので、恐れ入りますがあらかじめご了承ください。
    Visa
    Mastercard
    American Express

 

これまでのKaguya Planet公開作品

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『S-Fマガジン』2020年12月号は「中国SF特集」 2021年の中国SFラインナップも明らかに

    2. Kaguya Planet 7月先行公開、伊藤螺子・北野勇作「200文字怪談」配信開始 【200文字怪談最終週】

    3. 第41回日本SF大賞は菅浩江『歓喜の歌 博物館惑星Ⅲ』&林譲治《星系出雲の兵站》 立原透耶の功績に特別賞

    4. 短編小説のアウトライン、ケン・リュウは「書かない」 有名作家がスタイルを続々表明