第一回かぐやSFコンテスト 総評座談会とHonorable Mentionリストを公開 | VG+ (バゴプラ)

第一回かぐやSFコンテスト 総評座談会とHonorable Mentionリストを公開

総評とHonorable Mentionリストを公開

SFメディアのバゴプラが主催する新たなSFショートショートのコンテスト、第一回かぐやSFコンテストより、審査委員会による総評座談会Honorable Mention (選外佳作) リストを公開します。「未来の学校」をテーマに4,000字以内のSF短編小説を募った本コンテストには、360名より416編の作品が集まりました。

最優秀賞の最終候補には11編の作品が選ばれましたが、最終候補作品以外にも優れた作品が多数寄せられたことから、“最終候補には残せなかったが優れた作品”として、各審査員が選んだHonorable Mentionリストを公開することとしました。また、第一回かぐやSFコンテスト全体の「総評」を審査委員会による座談会形式で録音し、Honorable Mentionリストに選出された作品に触れつつ、一次審査を振り返りました。

総評は以下の動画でご視聴いただけます。
(最終候補作品11編の選評は、後日、文章にて公開されます)

各審査員が選んだHonorable Mentionリスト (順不同) は、以下の通りです。
(太字の作品はタイトルをクリックすると、リンク先の外部サイトで作品をお読みいただけます)

審査員・井上彼方の Honorable Mentionリスト

Haruはあけぼの
お前だったのか
十九時、あるいは解なし。
大学進学適性試験
おすたとふん
課外授業
忘るべき子どもたち
幽霊とデコイの教室
擬似人格のお茶会
グリーンハウス
ネコと和解せよ
鉄屑の星
恐竜ガールとAIおばあちゃん
入学試験
嘘つきロボット先生
ユンファ
教科書の時代
王になるために
登校日誌
羽虫の痛覚
つくえ・くろにくる
二時限目のチャイム
たとえば、授業中にこっそり手紙を渡すように
世界は変わるよどこまでも
本が読める特別な彼女
哲学者とその弟子
視点ABC

審査員・バゴプラ編集部の Honorable Mentionリスト

Haruはあけぼの
登校
知らない
甘田先生のように
健康優良不良女
官報公告5年前
ちりぢりの私たち
りゅうが最期のセイ?
忘るべき子どもたち
永遠の子どもたち
哲学者とその弟子
偉大なる死
ネコと和解せよ
カタチのない学校
儀式の朝に
僕が初めて学んだ事は
十九時、あるいは解なし。
親友
恐竜ガールとAIおばあちゃん
AP学部
未来の学校の絵
現実遠足
おねえさんとシスターちゃん
遠き日の落陽
宙の旅人
サジャーリン先生
学校があったとき
人工夕陽
公正に宇宙最適化された学び
Real Name
グラヴィタスフィリア
月は天使のような輪を抱いて
知る人
日本ヨイ國キヨイ國

【Honorable Mentionに選ばれた方へ】
Honorable Mentionに選ばれた方で、該当作品をnoteやカクヨム、その他のプラットフォームで公開している方は、ご連絡いただけましたら、Honorable Mentionリストにリンクを掲載いたします。Twitterお問い合わせフォームにてご連絡を承っております。

Honorable Mentionリストは、8月8日(土)以降、第一回かぐやSFコンテストの特設ページにも掲載します。

第一回かぐやSFコンテスト 特設ページ

審査員によるオススメ小説10選は以下の記事から。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『三体2 黒暗森林』は2020年6月18日発売 「人類文明最後の希望」は“面壁者”

  2. 藤井太洋・著『アンダーグラウンド・マーケット』が描いた2018年の東京。若者と移民が問う「正しさ」

  3. Netflixなどがスティーヴン・キングの中編集『If It Bleeds』の収録作を映像化へ

  4. 第一回かぐやSFコンテスト 審査委員のおすすめ小説10本