#BFC2 蜂本みさ が優勝、白川小六は準優勝 第2回ブンゲイファイトクラブ | VG+ (バゴプラ)

#BFC2 蜂本みさ が優勝、白川小六は準優勝 第2回ブンゲイファイトクラブ

蜂本みさがBFC王者に

6日午前9時、第2回ブンゲイファイトクラブ (BFC2) 決勝の結果が発表され、2年連続で決勝進出を果たしていた蜂本みさが「ある雨の朝アクラクは」で優勝を果たした。第7回日経星新一賞受賞者で、SF作品「ティンカー・ベルとZPT」で初の決勝に挑んだ白川小六は準優勝。両名の作品と、ジャッジとして決勝に勝ち進んだ竹中朖による評は、以下のリンク先で読むことができる。

BFC2 メインページ

ブンゲイファイトクラブは文芸による名誉をかけた戦いで、賞金なし参加資格とジャンルの制限なしジャッジ自身もジャッジされるという前代未聞のルールを掲げた文芸イベントだ。各試合の勝者はジャッジの判定によって決定されるが、ジャッジもまた出場ファイターからのジャッジを受け、高い評価を得たジャッジが生き残っていく。2019年に開催された第1回ブンゲイファイトクラブでは、決勝ジャッジを『構造素子』の樋口恭介が務め、『100文字SF』などで知られる北野勇作が初代王者の座に輝いた。主宰は西崎憲が運営する「惑星と口笛」。

帰ってきたBFC

BFC2では、2020年10月25日(日)に本戦出場を果たした40作品を公開。11月10日(火)、7名のジャッジによって選ばれた2回戦進出のファイター8名が発表され、翌週の17日(火)には2回戦の8作品と勝ち進んだジャッジ3名が発表された。2回戦のファイターは笛宮ヱリ子、馳平啓樹、和泉眞弓、蜂本みさ、白川小六、由々平秕、冬乃くじ、海乃凧。ジャッジは竹中朖、笠井康平、遠野よあけの3名が2回戦に進んだ。24日(火)に蜂本みさと白川小六の決勝進出が発表されると、12月1日(火)に両名による決勝2作品が公開。同時に竹中朖が決勝ジャッジに選出されたことが発表された。そして6日(日)、多くのオーディエンスとプレイヤー達が見守る中、前年準優勝の蜂本みさが見事栄冠を手にした。

BFC2では、本戦前に「オープンマイク」と称して400字程度の作品を募集し、95作品が公開された。スピンオフイベント「イグBFC2」「BFC2幻の2回戦作」も開催されるなど、第1回同様、コミュニティ主導の盛り上がりを見せている。BFCの参加者に制限をかけず、SNSを中心に進行していくスタイルは、バゴプラが夏に開催したかぐやSFコンテストにも影響を与えた。また、BFCからは、Toshiya Kameiの翻訳によって海外に挑戦する作者・作品も登場している。

第2回ブンゲイファイトクラブを戦い抜いたファイターとジャッジに拍手を送りつつ、それぞれの今後の活躍にも注目しよう。

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 勝山海百合『さざなみの国』加筆修正を加えて電子書籍で再刊 第23回日本ファンタジーノベル大賞受賞作

    2. 『文藝』2020年春号は「中国・SF・革命」 ケン・リュウの初邦訳掲載、藤井太洋、立原透耶らも参加

    3. SF小説『三体』の映像化は? 映画・ドラマ・アニメ情報まとめ

    4. 第一回かぐやSFコンテスト 審査委員のおすすめ小説10本