紅坂紫「桜の木の下で」英訳がNew World Writingに掲載。Toshiya Kameiによる翻訳 | VG+ (バゴプラ)

紅坂紫「桜の木の下で」英訳がNew World Writingに掲載。Toshiya Kameiによる翻訳

紅坂紫「桜の木の下で」英訳がNew World Writing掲載

紅坂紫の掌編「桜の木の下で」「Under the Cherry Blossom Tree」の英題でNew World Writingに掲載された。New World Writingは小説家のフレデリック・バーセルミが編集・出版を行うウェブマガジン。今回の掲載は、紅坂紫の作品が『ムーン・デラックス』(中央公論社, 橘雅子 訳) などで知られるフレデリック・バーセルミの目に留まったことで実現した。「桜の木の下で」の翻訳を手掛けたのはToshiya Kamei

「Under the Cherry Blossom Tree」(New World Writing)

紅坂紫は19歳の女性作家。カクヨムを中心に作品を発表しており、「桜の木の下で」の日本語版は以下のリンク先で読むことができる。

「桜の木の下で」(カクヨム)

New World Writingは、1977年創刊の文芸誌・Mississippi Reviewの後継誌で、同誌の編集者だったフレデリック・バーセルミが1995年に立ち上げたオンラインマガジンだ。当初の名前はBlipMagazineだったが、2012年に現在の New World Writingに誌名を変更した。New World Writingでは、1,000を優に超える小説や詩を掲載してきており、BlipMagazineから数えても25年の歴史を持つ。

またも、日本から海外の舞台で活躍を見せる新星が登場した。

この11月、Toshiya Kameiが翻訳した作品では、坂崎かおる「リモート」の英訳がDaily Science Fictionへの掲載が決定。佐伯真洋の「母になる」の英訳もWelkin Magazine掲載が決定している。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第一回かぐやSFコンテスト最終候補作品11編が決定、読者投票は7月24日から。応募規約の一部変更も

    2. N・K・ジェミシン、ヒューゴー賞3連覇を振り返る——専業作家になるも「それは地続きのこと」

    3. 戦争の忘却に警鐘——小松左京「戦争はなかった」

    4. 『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』40周年アンソロジーが発売へ。ケン・リュウ、ンネディ・オコラファーなど43名のSF作家らが参加