『Mythical Creatures of Asia』に大木芙沙子、不破有紀らのDrabbleが掲載 Toshiya Kameiの翻訳で | VG+ (バゴプラ)

『Mythical Creatures of Asia』に大木芙沙子、不破有紀らのDrabbleが掲載 Toshiya Kameiの翻訳で

Insignia Stories

Insignia最新作『Mythical Creatures of Asia』

Insignia Storiesの最新アンソロジー『Mythical Creatures of Asia』に、大木芙沙子不破有紀原里実勝山海百合紅坂紫らの英訳作品が掲載される。大木芙沙子の「河童」「猫又」「酒呑童子」や、原里実の「麒麟」等の英訳版が収録される予定で、これらの作品の英訳を手がけたのはToshiya Kamei (トシヤ・カメイ)。また、沖縄の作家/翻訳家・藤城孝輔による英語作品も掲載される。

¥107 (2021/10/25 15:35:15時点 Amazon調べ-詳細)

『Mythical Creatures of Asia』は、Insigniaが展開する100ワード以内の小説=Drabble (ドラブル) を集めたアンソロジーシリーズの第3弾として2021年4月に電子書籍として刊行される。「Mythical Creatures of Asia=アジアにおける空想上の生き物」をテーマにした95作品が収録される予定となっており、アジア系を中心に多様な作家陣が参加している。

『Mythical Creatures of Asia』に参加する全ての作家は、Insignia Storiesのウェブサイトで紹介されている。

Insignia Stories

Insignia Storiesでは、2月の“Women in Horror”月間で、勝山海百合のDrabble大木芙沙子のQ&Aなどが公開された。Insigniaのアンソロジー『Insignia: Castles & Kimono』には佐藤哲也「アニシカ王」のToshiya Kameiによる英訳作品が掲載されるなど、日本の作家が英語圏の読者に発信できる貴重な場となっている。

Insignia StoriesのDrabbleアンソロジー第1弾で、相川英輔らが参加した『Japanese Fantasy Drabbles』と、第2弾『Southeast Asian Fantasy Drabbles』は電子書籍で発売中。

¥110 (2021/10/25 17:18:56時点 Amazon調べ-詳細)

なお、今回の『Mythical Creatures of Asia』にも作品を提供している勝山海百合がToshiya Kameiの英語原作を翻訳したトシヤ・カメイ「ピーチ・ガール」は、Kaguya Planetで先行公開されている

大木芙沙子、勝山海百合、紅坂紫は、100ワード小説のホラーアンソロジー『HOME: An anthology of dark microfiction』にもToshiya Kameiによる翻訳で参加している

100ワードの小説、Drabbleについてはこちらの記事から。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 小松左京『日本アパッチ族』が新装版で登場 社会から放逐された人々を描いた小松左京初の長編小説

    2. Kaguya Planet7月先行公開、アヴラ・マルガリティ「ミツバチたちの死」(翻訳:日本橋和徳) ジョイス・チング「まめやかな娘」(翻訳・解説:紅坂紫) 配信開始

    3. 第二回かぐやSFコンテスト開催 最大4,000字の短編小説で海外に挑戦【詳細&テーマ発表】

    4. 原里実「永遠の子どもたち」が英訳でAsymptoteに掲載 Toshiya Kameiによる翻訳 第1回かぐやSFコンテストで選外佳作