『ドクター・ストレンジ MoM』アメリカ・チャベスはセクシュアルマイノリティとして描かれる 原作から変更せず | VG+ (バゴプラ)

『ドクター・ストレンジ MoM』アメリカ・チャベスはセクシュアルマイノリティとして描かれる 原作から変更せず

© 2022 Marvel

アメリカ・チャベスは原作通りに

2022年5月4日(水・祝) より日本で世界最速公開される映画『ドクター・ストレンジ:マルチバース・オブ・マッドネス』では、新たなメインキャラクターとしてアメリカ・チャベスが紹介される。『マルチバース・オブ・マッドネス』においては、ドクター・ストレンジ、ワンダに続く重要な人物であり、マルチバース間を移動できる能力にも注目が集まっている。

アメリカ・チャベスはキャプテン・マーベルに似たパワーを持つヒーローで、原作コミックでは2011年に登場。ホークアイことケイト・ビショップと共にヤングアベンジャーズとウエストコースト・アベンジャーズに加わっている。『マルチバース・オブ・マッドネス』では15歳のソーチー・ゴメスがアメリカ・チャベス役を演じる。

¥275 (2022/10/01 08:41:02時点 Amazon調べ-詳細)

The Hollywood Reporterは、このアメリカ・チャベスのクリエイターの声を取り上げる記事を掲載。その中で、複数の情報源による情報として、『ドクター・ストレンジ:マルチバース・オブ・マッドネス』では、アメリカ・チャベスは原作コミックと同じくセクシュアルマイノリティとして描かれるとしている。

MCUの姿勢は

MCUを手がけるマーベル・スタジオの親会社である米ディズニーは、検閲で作品内の同性愛表現をカットしたとして、2022年3月に傘下のピクサーから告発を受けていた。ディズニー・ワールド・リゾートが位置する米フロリダ州では、小学校教員が性自認について話すことを事実上禁じる「ゲイと言うな (Don’t say gay)」法案が、異性愛以外を嫌い差別する保守派によって提案され可決。ディズニーはこの法案に反対の姿勢を示さなかったこと、法案を提案した議員へ献金していたことなどが強く批判された。これを受け、ディズニーCEOのボブ・チャペックは全社員への謝罪と同法への反対を表明した。

一方のマーベル・スタジオでは、ドラマ『ロキ』(2021) で初めて主人公のロキがジェンダー・フルイドであることに触れられた。映画『エターナルズ』』(2021) では、MCUで初めてゲイのスーパーヒーローであるファストスが登場している。映画『ドクター・ストレンジ:マルチバース・オブ・マッドネス』では、ドラマ『ワンダヴィジョン』(2021) で初登場のトミーとビリーも登場する予定で、原作コミックではトミーはバイセクシャルで、ビリーはゲイである。

MCUでは、多様性を「世界のありのままの姿を映し出すこと」と捉え、より多くの人がスクリーン上のキャラクターに自分の姿を重ね合わせられるようにリプレゼンテーションを推し進めてきた。アメリカ・チャベスについては、予告映像で胸にレインボーのピンバッジが付いていたことから、原作と同じ設定になるのではないかと予想されていた。

一方で、近年のハリウッドでは、登場人物がクィアであることを匂わせながら、作中では実際に描写しない“クィア・ベイティング”が批判を集めている。クィア・ベイティングは、保守派からの批判を避けながら広く集客を見込むためのマーケティング手法である。MCUでも『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017) で初登場のヴァルキリーはバイセクシャルという公式設定だったが、作中で描写されることはなかった。

『ドクター・ストレンジ:マルチバース・オブ・マッドネス』のアメリカ・チャベスについては、『エターナルズ』のファストス同様、設定だけでなく作中でもセクシュアルマイノリティであることが示されると報道されている。今回の報道が事実であれば、マーベル・スタジオは保守派のバックラッシュに屈しない作品作りを続けていくという姿勢を改めて示すことになるが、果たして。

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は2022年5月4日(水・祝) より日本全国の劇場で世界最速公開。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト

なお、原作コミックでのアメリカ・チャベスは、マーベルで初めてのラテン系でレズビアンのヒーローでもある。アメリカ・チャベスを演じるソーチー・ゴメスは、『エターナルズ』(2021) でエイジャックを演じたサルマ・ハエックと同じくメキシコにルーツを持つ俳優だ。

ソーチー・ゴメスとプロデューサーが語ったアメリカ・チャベスが重要である理由はこちらの記事で。

TikTokで人気を集めるソーチー・ゴメスについてはこちらの記事で紹介している。

ソーチー・ゴメスがワンダ役のエリザベス・オルセンから受けた助言はこちらの記事で。

Source
The Hollywood Reporter

ビリーとトミーが登場する新予告「Dream」の解説&考察はこちらから。

ワンダが「アベンジャーズは他にもいる」と語る予告映像「Fate」の解説&考察はこちらから。

サム・ライミ監督とキャストが魅力を語った新映像はこちらから。

プロフェッサーXと共に登場する見込みの秘密結社イルミナティについての解説と考察はこちらから。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ラストからポストクレジットの解説はこちらから。

 

ドラマ『ムーンナイト』第1話のネタバレ解説はこちらから。

第2話のネタバレ解説はこちらから。

ドラマ『ミズ・マーベル』予告の解説&考察はこちらから。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説!『ゴジラvsコング』の登場怪獣をまとめて紹介。過去作との比較も

  2. 『エターナルズ』セナはどんな人?「PTSDを抱えているけど…」演じたアンジェリーナ・ジョリーが語る 能力・原作は?

  3. “最速”ならぬ“最遅”!?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が持つ意外な記録

  4. ネタバレ解説『レミニセンス』ラストの意味は? エンディングをリサ・ジョイ監督が語る