『ザ・バットマン2』でジョーカー再登場か? 演じたバリー・コーガン「私の笑顔がすべて物語っています」 | VG+ (バゴプラ)

『ザ・バットマン2』でジョーカー再登場か? 演じたバリー・コーガン「私の笑顔がすべて物語っています」

(C)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC

DCエルスワールドで描かれる新たなジョーカー登場か

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』で登場した謎の囚人

第95回アカデミー賞でメイクアップ&スタイリング賞と音響賞、視覚効果賞の3部門にノミネートされたマット・リーヴス監督、ロバート・パティンソン主演『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(2022)。そこで登場した道化師のような容姿の謎の囚人、ジョーカーを演じたバリー・コーガンが続編『ザ・バットマン2』(2025)でジョーカーを再演するかどうかについて加Etalkのインタビューで語った。


『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の続編の2025年10月3日(金)全米公開予定の『ザ・バットマン2』や、ペンギンことオズワルド・コブルポッドが主人公のスピンオフ『ザ・ペンギン(原題:The Penguin)』(2024)は「DCEU(DCエクステンデッドユニバース)」と「DCU(DCユニバース)」とは異なる「DCエルスワールド」の「バットバース」に属するとされる。

ジョーカーを描いたトッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス主演『ジョーカー』(2019)とその続編『ジョーカー2(原題:Joker: Folie à Deux)』など「ジョーカー・シリーズ」も存在するDCエルスワールドでバリー・コーガンはジョーカーを再演するのだろうか。加etalkのインタビューでは意味ありげな言葉を残している。

それについては何も言えませんよ。エキサイティングでしょう?ジョーカーに再び命が吹き込まれるなんて。僕の笑顔がすべてを物語っているんです。

ジョーカーと言えば「HAHAHAHAHA」といった笑い声が特徴的なヴィランだ。この発言は実質、バリー・コーガンのジョーカーへの復帰を示唆していていると言っても過言ではないだろう。

『ザ・バットマン2』のメインヴィランはジョーカーか

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』でバリー・コーガンが演じた謎の囚人はジョーカーとは明言されず、未公開映像でバットマンにリドラーの捜査の助言を与え、隣の独房に入れられたリドラーに語り掛ける意味深な存在だった。

しかし、その容貌ははっきりとはしないが道化師を思わせ、独特な笑い声をあげるなどジョーカーそのものだった。また、「ジョーカー・シリーズ」が社会現象を起こし、更にはこれまでの「バットマン」シリーズで絶対的な人気を誇るジョーカーの登場は「バットバース」を軌道に乗せる上で重要な存在になるだろう。

「バットバース」の作品である『ザ・ペンギン』では、コリン・ファレル演じるオズワルド・コブルポッドがファルコーネ・ファミリーといったマフィアや政財界の大物相手にのし上がっていくクライムドラマが描かれる。コリン・ファレルが主演と製作総指揮を兼任する『ザ・ペンギン』はMaxで配信予定だ。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』と『ザ・ペンギン』で犯罪者同士の知略を駆使した頭脳戦を描き、それまでの作品で構築したリアルな裏社会を狂気を秘めたジョーカーがすべて破壊していくという展開が期待できる。バリー・コーガンの演じる新たなジョーカーに注目していきたい。

『ザ・バットマン2』は2025年10月3日(金)全米公開予定

Source
Etalk

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は4K ULTRA HD&ブルーレイセットが発売中。

ホットトイズ(Hot Toys)
¥47,982 (2024/05/27 08:06:52時点 Amazon調べ-詳細)

『ザ・バットマン』ラストのネタバレ解説はこちらから。

『ザ・バットマン』ヴィランのリドラーについての考察はこちらから。

『ザ・バットマン2』の公開日の情報はこちら

スピンオフドラマ『ザ・ペンギン』は2024年米配信。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. 本予告公開『ファイブ・ナイト・アット・フレディズ』その不穏な物語とは?

  2. 『アバター2』/『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』で見せたジェームズ・キャメロン監督の映像美と活動家の顔

  3. 『エターナルズ』セナはどんな人?「PTSDを抱えているけど…」演じたアンジェリーナ・ジョリーが語る 能力・原作は?

  4. ネタバレ感想!『ゴジラvsコング』勝敗の行方は——誇りを賭けた戦いの決着