ジェイソン・モモア、DCUでの『アクアマン』続投について語る 別キャラクターでの起用にも言及 | VG+ (バゴプラ)

ジェイソン・モモア、DCUでの『アクアマン』続投について語る 別キャラクターでの起用にも言及

© 2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC. Courtesy Warner Bros Pictures/ ™ & © DC Comics

DCUでのリブートについてインタビューで語る

2024年1月12日(金)に日本公開される『アクアマン/失われた王国』。体感型海中アクション・エンターテイメントを謳う『アクアマン/失われた王国』だが、『マン・オブ・スティール』(2013)から続いた11年のDCEU(DCエクステンデッドユニバース)の最後を飾る作品となる。

2019年にはDC映画史上No.1の興行成績を記録したものの、このような形で終わりを告げる「アクアマン」シリーズ。リランチ(再構築)後のDCU(DCユニバース)でのアーサー・カリー/アクアマンの再演について主演のジェイソン・モモアが米Entertainment Tonightのインタビューに答えた。

ジェイソン・モモアはジェームズ・ガン共同CEOとピーター・サフラン共同CEOが新しいことをDCUで始めようと考えていることを指摘しつつ、「アクアマン」シリーズの今後について語った。

もし観客が『アクアマンと失われた王国』を気に入ってくれたら、可能性はあります。でも今は、“あまり良い感じではない “って感じなんです。

確かにDCEUからDCUへのリランチ(再構築)において現在のジャスティスリーグのメンバーの俳優の交代は発表されている。既に2025年7月11日(金)に全米公開が予定されている『スーパーマン:レガシー(原題:Superman Legacy)』ではクラーク・ケント/カル=エル/スーパーマン役にデヴィッド・コレンスウェットがキャスティングされ、ヘンリー・カヴィルからの交代が発表された。

ジェイソン・モモアは「あまり良い感じではない」としつつ、アーサー・カリー/アクアマンへの思い入れを語っている。アーサー・カリー/アクアマンを演じ続けたい旨を続けて語ってくれた。

この(アーサー・カリー/アクアマンという)キャラクターが大好きだし、長く演じたいんです。この先10年くらいは、クールなことがたくさんできそうですしね。この(アーサー・カリー/アクアマンという)役と世界を楽しんでいます。つまり、みんなに愛されるかどうかにかかっているのです。

それから「ワーナーとDCは我が家であり、その一部であり続けたい」とも語ったジェイソン・モモア。ジェイソン・モモアはファンの間で噂されているDCUでの宇宙の賞金稼ぎロボへのキャスティングについても言及した。

私は子供の頃からロボの大ファンで、すべてのコミックを読んでいました。だからすごくクールなことだと思います。

しかし、やはりアーサー・カリー/アクアマンへの思い入れは強く、アーサー・カリー/アクアマンを演じることの意味について聞かれると、「最も単純な言葉で表現すると、心が笑顔になるんです」と説明した。これまで様々なキャラクターを演じることのあったジェイソン・モモアだが、このような経験ははじめてだという。そしてこのようにも語った。

子供たちが来て、あなた(アーサー・カリー/アクアマン)に会うのを本当に楽しみにしてくれていますし、大人たちも楽しみにしてくれています。でも結局のところ、私の幼少期における情熱は、常に海についてであり、ポリネシア人であり、活動家であることでした。アクアマンを演じることで、実生活でもそのようなことができるし、より高い舞台に立つことができるんです。

実生活でも活動家として海や生まれ故郷のハワイの文化を守る活動をしているジェイソン・モモア。アーサー・カリー/アクアマンというキャラクターはジェイソン・モモアにとって人生の一部となっているようだ。そのような「アクアマン」シリーズの暫定的な最終作となる『アクアマン/失われた王国』について注目していきたい。

『アクアマン/失われた王国』は2024年1月12日より劇場公開。

『アクアマン/失われた王国』公式サイト

Source
Entertainment Tonight

¥407 (2024/07/23 13:58:03時点 Amazon調べ-詳細)

DCEU最後の作品『アクアマン/失われた王国』の公開日決定の記事はこちらから。

『アクアマン/失われた王国』予告編第1弾の解説&考察に関する記事はこちらから。

DCU『スーパーマン:レガシー(原題:Superman:Legacy)』に登場するヒーローに関する記事はこちらから。

デヴィッド・コレンスウェット版スーパーマンとヘンリー・カヴィル版スーパーマンの年齢差に関する記事はこちらから。

『ザ・フラッシュ』のヴィランとスーパーガールについての解説&考察はこちらの記事で。

DCU最初の映画となる『ブルービートル』予告の解説&考察はこちらから。

『ザ・フラッシュ』公開までの経緯のまとめはこちらから。

DCU10年計画『神々と怪物』の全作品の紹介はこちらから。

ヘンリー・カヴィルのスーパーマン降板に関する経緯はこちらから。

『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』ラストの解説はこちらから。

『ザ・フラッシュ』ポストクレジットの解説はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『ドクター・ストレンジ MoM』アメリカ・チャベス役ソーチー・ゴメスがTikTokで人気沸騰 新時代のMCUスターへ

  2. パルパティーン復活の経緯が明らかに! イアン・マクダーミドが「スター・ウォーズ セレブレーション」で語る

  3. ポストクレジット&ラスト ネタバレ解説『ソー:ラブ&サンダー』最後の意味は? 意外な事実と原作との違い 考察&感想

  4. 映画『ドクター・ドリトル』キャスト&吹き替え声優まとめ ロバート・ダウニー・Jr.、藤原啓治ら【出演者・俳優】