ドラマ『ミズ・マーベル』第2話以降はダークな展開も アイデンティティを巡る物語になると監督 | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『ミズ・マーベル』第2話以降はダークな展開も アイデンティティを巡る物語になると監督

© 2022 Marvel

ドラマ『ミズ・マーベル』配信中

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)最新作のドラマ『ミズ・マーベル』は2022年6月8日(水) より第1話の配信がスタート。ティーネイジャーの主人公カマラ・カーンの苦悩を描きながらも、明るくポップな作風で早くも人気を呼んでいる。

6月8日に配信された第1話は、冒頭からザ・ウィークエンドのヒット曲「Blinding Lights」(2019) で幕を開けるなど、これまでのマーベル作品とは一線を画す雰囲気の作品に。そんな『ミズ・マーベル』の第2話以降の展開について監督が口を開いている。

第2話以降でよりダークな展開も

『ミズ・マーベル』でリード監督を務めたアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーが米The Directに語ったところによると、本作の第2話にはよりダークな物語が用意されているという。アディル・エル・アルビ監督は、「(自分たち以外のエピソード監督である)彼女らのエピソードは少しダークになります」と語っている。

『ミズ・マーベル』第1話は、リード監督のアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーが直々に手掛けたエピソード。アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーは映画『バットガール(原題)』(2022) の監督も務める気鋭の若手監督コンビだ。アニメーションを取り入れた『ミズ・マーベル』の独特の作風をマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギにプレゼンした張本人でもある

第2話と第3話ではミーラ・メノン監督が、第4話と第5話ではシャルミーン・ウベード=チナーイ(シャルミーン・オベイド・チノイ)監督が指揮をとる。

ミーラ・メノン監督は、Amazonドラマ『高い城の男』(2015-2019) やNetflixドラマ『パニッシャー』(2017-2019)、Apple TV+ドラマ『フォー・オール・マンカインド』(2019-) でエピソード監督を務めたことで知られる。シャルミーン・ウベード=チナーイ監督はパキスタン生まれのカナダ人監督で、ドキュメンタリー作品で二度のアカデミー賞を受賞した他、Netflixで配信されている短編アニメーション『シターラ:夢を抱け、少女たち』(2020) を手掛けたことで知られる。

それぞれのスタイルを持つ監督が手がける第2話以降は、第1話とは一味違った展開を楽しむことができそうだ。第4話と第5話を担当したシャルミーン・ウベード=チナーイ監督は、先のインタビューでこう話している。

カマラ・カーンはアイデンティティを巡る旅の中で、自分自身の物語を語り、生み出していくにあたって、家族と再び繋がり、なぜそれが重要になるのかを理解していくのだと思います。

そして、彼女がいつもなりたいと思っていたスーパーヒーローになれると感じるようになるのですが、それは誰かの真似をするということではなく、自分らしいスーパーヒーローになるということです。その探究の旅の中で、私たち観客は生きることのスリルを味わうということまでは言えます。

主人公カマラと同じパキスタン系のシャルミーン・ウベード=チナーイ監督は、第2話以降でカマラ・カーンのアイデンティティを巡る物語が展開されることを示唆している。その中で、観る方が「スリルを味わう」と、第1話のポップな印象とは異なる雰囲気の物語が展開されることを予告している。

なお、最終話となる第6話では第1話と同じくアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーが監督を務める。第2話以降でどんな物語が展開されるのか、配信を楽しみに待とう。

第4話は新キャストが登場し、パキスタンにおける女性へのヘイトクライムを描いてきたオスカー受賞監督が手がける。詳しくはこちらの記事で。

ドラマ『ミズ・マーベル』は2022年6月8日(水) より、Disney+で独占配信。

『ミズ・マーベル』(Disney+)

第2話のネタバレ解説はこちらから。

『ミズ・マーベル』の原作コミック日本語版は、ヴィレッジブックスから発売中。

¥2,420 (2022/12/06 16:22:03時点 Amazon調べ-詳細)
¥2,530 (2022/12/06 19:54:43時点 Amazon調べ-詳細)
ヴィレッジブックス
¥3,912 (2022/12/06 19:54:44時点 Amazon調べ-詳細)
¥2,475 (2022/12/06 19:58:05時点 Amazon調べ-詳細)

Source
The Direct

『ミズ・マーベル』第1話で示されたキャプテン・マーベルが東京を訪れていたという件についての考察はこちらの記事で。

第1話の「鏡」のシーンについて脚本家が語った意図はこちらの記事で。

第1話のネタバレ解説はこちらから。

 

『梨泰院クラス』のパク・セロイ役で知られるパク・ソジュンの『ザ・マーベルズ』に関するコメントはこちらから。

2代目キャプテン・マーベルになることが予想されるモニカ・ランボー役のテヨナ・パリスが『ザ・マーベルズ』について語った内容はこちらから。

 

7月公開『ソー・ラブ&サンダー』本予告の解説&考察はこちらから。

8月配信『シー・ハルク』予告編の解説&考察はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『ザ・ボーイズ』ニューマン議員のモデルはオカシオ=コルテス 演じたクローディア・ドゥーミットが語る

    2. 第6話ネタバレ解説『シー・ハルク』女性を憎悪する集団、背景にある実際の事件とは あらすじ&考察

    3. 第5話ネタバレ解説『ミズ・マーベル』光の意味、二つのルーツ、「求めればやってくる」 あらすじ&考察

    4. アマゾンSFに注目! 『ザ・ボーイズ』『アップロード』がバーチャル開催のサンディエゴ・コミコンでパネルイベント開催へ