ミッシングリンク発売記念『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第60話「トランスフォームを止めろ!」配信 | VG+ (バゴプラ)

ミッシングリンク発売記念『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第60話「トランスフォームを止めろ!」配信

© TOMMY

「トランスフォーマー」シリーズ40周年記念仮想復刻版「ミッシングリンク」シリーズ予約開始

変形トイから始まった「トランスフォーマー」シリーズの40周年を記念し、アニメ第1作『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』(1985-1986)の放送当時に存在したかもしれないというコンセプトの元で発売される仮想復刻版「ミッシングリンク」シリーズ。仮想復刻版「ミッシングリンク」シリーズは『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』放送当時に発売された変形トイのプロポーションを活かし、可動域を最新技術で広げたものとなっている。

仮想復刻版「ミッシングリンク」シリーズ予約開始を記念し、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の第1話から第3話、第57話が配信されているが、そこに第60話「トランスフォームをとめろ!」も加わることが2023年8月18日に発表された。『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』は2023年9月7日までYoutubeで無料配信される。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第60話「トランスフォームをとめろ!」では、デストロン(ディセプティコン)の陰謀により、秘密兵器トランスフィクサトロンによってサイバトロン(オートボット)がトランスフォームできなくなる姿が描かれる。変形トイの発売記念に変形できなくなるエピソードを選ぶというのは、なかなか面白い試みだ。また、登場回数が少なくなるコンボイの装備の小さな装甲車ローラーが登場するエビソードの一つでもある。

あふれ出る“ライブ感”

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第60話「トランスフォームをとめろ!」には『トランスフォーマー/ビースト覚醒』(2023)にも登場するバンブル(バンブルビー)、リジェ(ミラージュ)、ホイルジャックが登場し、各々の活躍シーンが描かれる。そのため、映画から「トランスフォーマー」シリーズに興味を持ち、『トランスフォーマー/ビースト覚醒』にも大きな影響を与えたジェネレーション1、通称“G1”を知るにはぴったりのエピソードと言える。

しかし、その中でも特に注目すべきは“G1”独特の”ライブ感“だ。第60話「トランスフォームをとめろ!」ではサイバトロン(オートボット)がチャリティレースを開催する様子が描かれるが、その参加メンバーを見てみると、留守番をしているはずの軍医ラチェットが参加しているシーンが存在している。これはチャリティレースの参加メンバーの警備員アイアンハイドと軍医ラチェットが同じ日産チェリーバネットにトランスフォームすることによる配色ミスと考えられる。このような作画ミスは「トランスフォーマー」シリーズファンの中では愛すべきものとして扱われている。

それはデストロン(ディセプティコン)でも同様で、特にボーイングF-15戦闘機にトランスフォームする航空参謀スタースクリーム、航空兵サンダークラッカー、航空兵スカイワープのジェットロンの作画ミスが著しい。航空兵スカイワープはその名の通り、瞬間移動が可能なジェットロンで、その瞬間移動でトランスフィクサトロンをサイバトロン(オートボット)に浴びせる活躍をしている。だが、サイバトロン(オートボット)との戦いでは何故か航空兵サンダークラッカーが2人になり、そのうち1人が瞬間移動し、瞬間移動先では航空参謀スタースクリームとなっているシーンがある。これも「トランスフォーマー」シリーズファンの中では愛すべき作画ミスだ。

このような作画ミスなど、“G1”が持つ独特な“ライブ感”を楽しめる『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第60話「トランスフォームを止めろ!」。『トランスフォーマー/ビースト覚醒』で「トランスフォーマー」シリーズに興味を持った人が「トランスフォーマー」シリーズの持つ独特な空気感に触れる絶好の機会ではないだろうか。

仮想復刻版「ミッシングリンク」シリーズは『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の放送当時に発売された変形トイのプロポーションを再現しつつ、可動域は最新技術で広げ、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』放送当時のポスターやグッズのポーズを再現できる商品シリーズとなっている。これを機に80年代の空気を再現した「トランスフォーマー」シリーズに触れてみるのも良いかもしれない。

タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥21,500 (2024/05/28 03:55:18時点 Amazon調べ-詳細)
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥13,200 (2024/05/28 03:55:19時点 Amazon調べ-詳細)

トランスフォーマー40周年記念仮想復刻版「ミッシングリンク」シリーズは2023年8月9日より予約、2024年2月下旬より発売開始。それを記念した『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第1話から第3話は2023年8月11日から9月7日まで配信予定。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第1話「地球への道」はこちらから。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第2話「ルビークリスタルの秘密」はこちらから。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第3話「地球脱出!」はこちらから。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第57話「スカイファイアーの再生」はこちらから。

トランスフォーマー公式サイト「ミッシングリンク」シリーズ

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の第1話~第3話に関する記事はこちらから。

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第57話「スカイファイアーの再生」に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー /ビースト覚醒』のラストシーンの解説&考察記事はこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』で描かれた人種問題についてはこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』のオプティマス・プライムのカットされた場面解説はこちらから。

『トランスフォーマー /ビースト覚醒』予告映像の第2弾はこちらから。

中島健人と仲里依紗による吹替声優決定に関する記事はこちらから。

オリエンタルラジオ藤森慎吾ら追加の吹替声優決定に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の解禁された本編映像に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の解禁されたインタビュー映像に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー /ビースト覚醒』の下敷きとなった『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』のキャラクター紹介記事はこちらから。

『バンブルビー』振り返り記事はこちらから。

 

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. アニメ『X-Men ’97』3月20日配信開始 マーベル復帰後初の「X-MEN」作品に 予告編も公開

  2. “グリッドマンユニバース”第3弾、劇場版映画「GRIDMAN × DYNAZENON」(仮) 制作決定!!

  3. ネタバレ解説『バッド・バッチ』シーズン2第3話 アノ人登場で問われる忠誠心と迫られる決断 あらすじ&考察

  4. 「カートゥーン ネットワーク」とBAITのカプセルコレクションが日本初登場