吹替声優に中島健人と仲里依紗が決定『トランスフォーマー/ビースト覚醒』キャラクター紹介! | VG+ (バゴプラ)

吹替声優に中島健人と仲里依紗が決定『トランスフォーマー/ビースト覚醒』キャラクター紹介!

©2023 PARAMOUNT ANIMATION, A DIVISION OF PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

2023年8月4日、日本公開!

実写版「トランスフォーマー」第7作にして、『バンブルビー』(2019)に続くリブートになるとされた『トランスフォーマー/ビースト覚醒』。その主人公のノア・ディアスとエレーナ・ウォレスの吹替声優がSexy Zoneの中島健人と仲里依紗になることが発表された。前作『バンブルビー』では土屋太鳳と志尊淳が参加しており、その流れを汲む形で豪華な吹替声優がキャスティングされている。

本記事では、中島健人と仲里依紗が演じることになるノア・ディアスとエレーナ・ウォレスについて解説していこう。なお、以下の内容は公式から発表されている範囲のキャラクターの設定に関する情報を含むので、情報を入れずに鑑賞したいと思われている方は注意していただきたい。

ノア・ディアス 演:アンソニー・ラモス 吹替:中島健人

Sexy Zoneに所属する中島健人が吹替声優を務めるのが、アンソニー・ラモス演じるノア・ディアスだ。アンソニー・ラモスは『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の舞台となったニューヨーク市ブルックリン区出身のアフリカ系、ラテン系、プエルトリコ系にルーツを持つ俳優である。2021年公開のミュージカル映画『イン・ザ・ハイツ』でゴールデン・グローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされるなど新進気鋭の俳優だ。

アンソニー・ラモスが演じるノア・ディアスは元軍人で、戦争で心に傷を負った家族思いの青年として描かれる。そしてノア・ディアスはオートボットの中の反抗期の若者のミラージュと出会い、オートボット、マクシマル、テラーコンにユニクロンといった勢力入り乱れるトランスフォーマーの戦いに巻きまれていく。

吹替声優を務める中島健人はテレビアニメ『銀の匙 Silver Spoon』で、実写版『銀の匙 Silver Spoon』(2013)の主演を務めたことから声優に挑戦しているが、本格的な長編実写映画の吹替声優は『トランスフォーマー/ビースト覚醒』が初めてとなる。サイのライノックスがオートボットのアーシーを背中に乗せて走る場面に興奮した旨のコメントを寄せるなど、『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の下敷き的作品であるアニメ『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』(1997-1998)への思い入れも深いようだ。中島健人の初挑戦の吹替にも注目していきたい

エレーナ・ウォレス 演:ドミニク・フィッシュバック 吹替:仲里依紗

仲里依紗が吹替声優を務めるのが、ドミニク・フィッシュバック演じる博物館の遺物調査員のエレーナ・ウォレスだ。ドミニク・フィッシュバックはアンソニー・ラモス同様に新進気鋭の俳優で、黒人解放闘争の中心にいたブラックパンサー党に潜入した主人公を描く実話を基にした映画『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』(2021)で英国アカデミー賞助演女優賞にノミネートされている。

そのドミニク・フィッシュバックが演じるエレーナは博物館の遺物調査員として研究を進めていく中でトランスフォーマーたちの残した遺物と出会うことになる。さらにその騒動にノア・ディアスを巻き込んでしまう人物になると発表されている。予告編ではバイクから変形したアーシーを見てパニックになっている様子が描かれている。

仲里依紗は『時をかける少女』(2006)で主演声優を務め、紺野真琴の声を演じている。他にも『サマーウォーズ』(2009)などでのアニメ声優経験や、『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』(2009)の主演の春麗、『トロールズ ミュージック★パワー』(2020)のバーブ女王など吹替声優経験も豊富だ。

その上、仲里依紗は自身の愛車にバンブルビーが変形するカマロを選び、バンブルビーと同じ黄色に黒のストライプに塗装する、買替の際にカマロのオーディオが壊れたのを見てトランスフォーマーのように車から意志を感じるなどトランスフォーマー愛は深い。そんな仲里依紗のエレーナ・ウォレス役の演技に期待が高まる。

二人だけじゃない! 豪華声優陣たち!

中島健人と仲里依紗の二人でも十分豪華だが、『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の豪華な声優陣は二人だけではない。現在発表されている声優だけでも、最初のアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』(1985-1986)でコンボイ(オプティマス・プライム)を演じ、『トランスフォーマー』(2007)以降、実写版「トランスフォーマー」シリーズでもオプティマス・プライムの吹替声優を務めている玄田哲章が『トランスフォーマー/ビースト覚醒』でも続投する。

また、ゴリラに変身するマクシマルのリーダーのオプティマス・プライマルの声優は、『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』でも通称“ビーストコンボイ”(オプティマス・プライマル)を演じた『ジョジョの奇妙な冒険』(2012-)のディオ・ブランド―/DIOでお馴染みの子安武人が吹替声優を務めることが発表されている。また、ミラージュの声優には制作側の「コメディアンを起用してほしい」とのオファーでオリエンタルラジオの藤森慎吾が務めることが発表された。中島健人、仲里依紗、玄田哲章、子安武人、そして藤森慎吾らの演技についても期待していきたい。

また、「トランスフォーマー」シリーズにはじめて触れる人にもおすすめな『トランスフォーマーサイバーバース』(2019-)がYoutubeで無料配信されているので、これを機にぜひ「トランスフォーマー」シリーズに触れてみてほしい。

映画『トランスフォーマー /ビースト覚醒』は、2023年8月4日(金)日本公開。

『トランスフォーマ― /ビースト覚醒』公式サイト

オリエンタルラジオ藤森慎吾ら追加の吹替声優決定に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー /ビースト覚醒』予告映像の第2弾はこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の解禁された本編映像に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の解禁されたインタビュー映像に関する記事はこちらから。

『トランスフォーマー /ビースト覚醒』の下敷きとなった『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』のキャラクター紹介記事はこちらから。

『バンブルビー』振り返り記事はこちらから。

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. Netflixがデヴィッド・フィンチャーと4年間の“独占契約”を締結。『ラブ、デス&ロボット』では製作総指揮

  2. 2021年のヒューゴー賞発表! マーサ・ウェルズ『ネットワーク・エフェクト』がSF賞三冠達成 セミプロジン部門にFIYAH、ゲーム部門に『Hades』(受賞リスト掲載)

  3. 2024年公開の「スター・ウォーズ」作品まとめ マンドーバース新作含めて4作が公開予定

  4. 第51回星雲賞発表 長編部門は小川一水『天冥の標』メディア部門に『彼方のアストラ』【受賞作リスト掲載】