9月9日より日本で再上映! 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION』公開へ | VG+ (バゴプラ)

9月9日より日本で再上映! 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION』公開へ

© CTMG. © & TM MARVEL. All Rights Reserved.

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』映像追加版は9月9日日本公開へ

2021年12月に米国などで公開され、世界中で大ヒットを記録した映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の新映像追加版が、2022年9月9日(金)より日本で公開される。米公式が日米を含む34ヶ国での劇場公開日を発表している。

日本では池袋、大阪、札幌、名古屋、福岡での公開が発表されている。

新映像を追加したバージョンは『スパイダーマン THE MORE FUN STUFF VERSION』と題されている。本作は6月11日にその存在が明かされ、発表と同時に2022年9月2日(金)より米国とカナダで公開されることが発表されていた。

米加以外の公開地域については近日発表されていたが、30ヶ国超での公開日を米公式が発表するのは異例のこと。グローバルに愛されるスパイダーマンならではの告知といえる。

日本以外の国では、香港や台湾、ベトナム、韓国といったアジアの国々の名前も見られる。劇中でもフォーカスされたフィリピンでの公開も決定している。

発表は6月に

6月の発表時には、トム・ホランド、トビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドの三人が並ぶ告知映像が公開されていた。

この映像では、トム・ホランドが「私はスパイダーマンです」と挨拶をすると、アンドリュー・ガーフィールドが「私がスパイダーマンです」、トビー・マグワイアが「私もスパイダーマンです」と続き、三人で笑い合う仲睦まじい姿を見せている。

アンドリュー・ガーフィールド演じるピーター・パーカーの「もう一回やるべきだよ」というセリフにトビー・マグワイア演じるピーターが「いいよ」と応じると、9月2日に『モア・ファン・スタッフ・バージョン(もっと楽しいものバージョン)』が公開されることが告知される。最後には「誰が観に行く?」というテロップと共にスパイダーマン同士で指を差し合うおなじみのミームも。

「追加および拡張」シーンと共に

マーベル公式によると、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム:モア・ファン・スタッフ・バージョン』の公開は、コミック版スパイダーマンの生誕60周年映画版スパイダーマンの誕生20周年を記念して実施される。スタン・リーとスティーブ・ディッコが創造したスパイダーマンがコミックに初めて登場したのは1962年8月刊行の『Amazing Fantasy』#15でのこと。トビー・マグワイア主演でソニー版の『スパイダーマン』が公開されたのは2002年のことだ。

『モア・ファン・スタッフ・バージョン』は、「追加および拡張されたシーン (added and extended scenes)」と共に公開されるという。オリジナルバージョンでも上映時間は2時間28分となっていた本作、尺を整えるために製作陣がなくなくカットしたであろうシーンが惜しみなく開放されることに期待しよう。

なお、MCUの作品では、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019) でも新映像を追加したバージョンが公開されている。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の興行収入は米国内で歴代3位となる約8億ドルを記録し、世界でも歴代第6位にランクインする約189億ドルを記録した。単独主人公のスーパーヒーロー作品としては歴代1位の数字となっている。

9月公開の意義とは?

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム:モア・ファン・スタッフ・バージョン』は、アメリカとカナダでは2022年9月2日に公開される。9月2日から始まる週末は、「労働者の日」の祝日である9月5日(月)に繋がるレイバー・デーの休暇(Labor Day Holiday)の時期にあたる。経営者のアイアンマンや神様のソー、学者のハルクらとは異なり、労働者階級を代表するヒーローである“親愛なる隣人”スパイダーマンに相応しい公開日だと言える。

また、2022年の9月はMCU映画にとってちょうど谷間の時期にあたる。7月8日(金)に『ソー:ラブ&サンダー』が公開され、8月10日(水)配信の短編シリーズ『アイ・アム・グルート(原題)』や8月17日(水)配信開始のドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』が控えているが、映画の劇場公開は、11月11日(金)全米公開の『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(原題)』まで開く。

9月2日に『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム:モア・ファン・スタッフ・バージョン』が入ることで、5月4日(水・祝)公開だった『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』から『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』まで、2ヶ月に一回、隔月でMCU作品が劇場公開されることになる。コロナ禍の我慢の時期を経て、2022年はMCUファンにとっては贅沢な一年になる。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION(原題:Spider-Man: No Way Home: The More Fun Stuff Version)』は2022年9月9日(金)より、日本公開。

【ネタバレ注意!】『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION』で追加されたシーンの解説はこちらの記事で。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の4K ULTRA HD+Blu-rayは日本限定プレミアム・スチールブック・エディションが発売中。

サントラも発売中。

¥1,800 (2022/12/09 18:09:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

【ネタバレ注意!】ドラマ『ミズ・マーベル』第1話の解説はこちらから。

【ネタバレ注意!】映画『ソー:ラブ&サンダー』エンディングからポストクレジットシーンの解説はこちらから。

【ネタバレ注意!】『ノー・ウェイ・ホーム』のエンディングからミッドクレジット、ポストクレジットの解説はこちらの記事で。

【ネタバレ注意!】『ノー・ウェイ・ホーム』の終わり方を受けたスパイダーマン達とその他のキャラクターの今後については、こちらの記事で考察している。

【ネタバレ注意!】脚本家が解説した『ノー・ウェイ・ホーム』ラストの意図はこちらの記事で。

【ネタバレ注意!】MJとピーターの会話についてのマーベル公式の解説と、トム・ホランドとゼンデイヤの見解はこちらの記事で。

魔法の力を得た? ピーターを噛んだクモについての考察はこちらの記事で。

MCU「スパイダーマン」は新たな三部作が製作される予定がある。詳しくはこちらから。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 「ハーレイの目から見たゴッサムを描きたかった」映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』監督が語る——「ザラザラした街だけど、人々は楽しんでいて、まだ諦めていない」【BIRDS OF PREY】

  2. 【あらすじ】Netflixドラマ『バイオハッカーズ』はドイツ発のバイオSF。“倫理の境界線”を描く注目作が8月20日配信開始

  3. 『名探偵ピカチュウ』に登場の実写版プリン、オリジナル版の声優が明かした意外な事実とは

  4. ガル・ガドットが『ワンダーウーマン 1984』を観て涙した理由とは