『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』コロナ後初めて撮影を再開する大作映画に。不安視する声も——英で撮影再開 | VG+ (バゴプラ)

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』コロナ後初めて撮影を再開する大作映画に。不安視する声も——英で撮影再開

TM & (c) 2017 Universal Studios & Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』撮影再開へ

スティーヴン・スピルバーグ監督がマイケル・クライトンによる小説を実写化した『ジュラシック・パーク』(1993)。『ジュラシック・パークIII』(2001)までをスピルバーグ監督が指揮し、2015年から「ジュラシック・ワールド」トリロジーとして復活した。2018年に『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開され、第3作目『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』の公開にも期待が高まっている。『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』の撮影は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により3月から中断されていたが、遂に製作が動き始めたようだ。

Deadlineが報じたところによると、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』英ロンドンのスタジオで7月6日(月)から撮影を開始する。すでにここ数日間はプリプロダクション (撮影前の製作作業) に入っており、現場では製作スタッフの安全対策を厳格に行なっているという。

不安視する声も

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』の撮影再開の一報を受け、Twitter上では安全性を不安視する声も上がっている。米io9の編集者であるJill Pantozziは、以下のように投稿した。

正直に言うと、(コロナ禍で) 最初に撮影を再開する映画の一つが、企業が顧客を危険なテーマパークを招き入れる作品だというのはよく出来た話ですね。

ユニバーサルは「安全第一」

一方で、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』の制作を手掛けるユニバーサルは、イギリスの映画協会とアメリカ側の労働組合とも、安全性の基準を満たしているか継続的に確認を行っていると言う。ユニバーサルの幹部は以下のように語っている。

症状のある人はすぐに隔離して帰宅させます。安全な環境を整えるために、国の基準を超えたところに基準を置きたいと思っています。私たちが最も気にしているのはコストではなく、安全です。医療チームの指示を仰ぎ、俳優と撮影クルーのスケジュールと行動範囲をずらす予定です。更に接触者を追跡するシステムを導入することで、遅れは最小限に抑えて製作を進められると確信しています。

2020年2月25日に撮影を開始した『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて3月13日に撮影中断を発表していた。約3ヶ月を経ての撮影再開となる。

なお、6月16日現在、イギリスでの新型コロナウイルスの感染者数は29万6,857人、感染症による死者の数は4万1,736人を数えている。イギリス政府の発表によると、6月8日からは同国への入国者は14日間の自己隔離 (自宅、友人宅、ホテルなど) が必要になる。クリス・プラットはじめ、出演者たちも同様の措置を経て撮影を再開することになりそうだ。

Source
Deadline

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』マーゴット・ロビーのお気に入りのコスチュームは「スカートを履いてないマリリン・モンロー」【BIRDS OF PREY】

  2. 第91回アカデミー賞にノミネートされたSF作品は..?

  3. 『ボーダー 二つの世界』原作小説との違いと、各々の作品で問われたもの

  4. 『ウエストワールド』を手がけるジョナサン・ノーラン&リサ・ジョイ夫妻の“役割分担”  兄クリストファー・ノーランの評価は…