吹き替えあり! 映画『ジョーカー』がNetflixで7月8日より配信開始 アカデミー賞11部門ノミネート、2部門受賞の名作 | VG+ (バゴプラ)

吹き替えあり! 映画『ジョーカー』がNetflixで7月8日より配信開始 アカデミー賞11部門ノミネート、2部門受賞の名作

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

『ジョーカー』がNetflixに登場!

映画『ジョーカー』がNetflixで配信を開始する。『ジョーカー』は「バットマン」シリーズのヴィラン (悪役) であるジョーカーを主役に据えた実写映画で、トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス主演で2019年10月4日に劇場公開された作品。1981年のゴッサムシティを舞台に格差社会をテーマにしたストーリーは社会現象とも呼べる大きな論争を呼び起こした。

興行収入10億ドル、アカデミー賞11部門ノミネート

日本では興行収入50億円突破の大ヒットを記録、世界でもR指定作品としては『デッドプール2』(2018)の興行収入記録を塗り替え、10億ドル突破の偉業を成し遂げた。評価も非常に高く、第92回アカデミー賞で作品賞を含む最多11部門にノミネートされ、主人公アーサー・フレックを演じたホアキン・フェニックスが主演男優賞を、音楽を手がけたヒドゥル・グドナドッティル作曲賞を受賞した。

ジョーカーというキャラクターにとっては、『ダークナイト』(2008)でヒース・レジャーが助演男優賞を受賞して以来、2度目のオスカー。史上初めてアカデミー主演男優賞と助演男優賞を受賞した同一キャラクターとなった。(「ゴッドファーザー」シリーズのヴィトー・コルレオーネは両賞に選ばれたが、主演男優賞に選ばれたマーロン・ブランドが受賞を拒否した。)

みどころの一つはその音楽で、バゴプラの全曲解説記事は大きな話題になった。また、劇場公開されなかった吹き替え版も話題になったが、Netflixではこの平田広明が主演を務めた吹替版も公開されている。アカデミー賞も含め、公開後も議論と話題が尽きなかった伝説の作品だ。

遂にNetflixに登場する『ジョーカー』。未見の方はもちろん、既にチェックした方ももう一度あの衝撃に浸ろう。

映画『ジョーカー』は2020年7月8日(水)よりNetflixで配信開始。

『ジョーカー』(Netflix)

4K ULTRA HD&ブルーレイセットも発売中。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. NetflixがSF小説『中継ステーション』を映画化へ——『猿の惑星』マット・リーヴス製作

  2. ドゥニ・ヴィルヌーヴ版『デューン』は「ショッキング」オスカー・アイザックが解説

  3. 『ロボコップ』最新作にニール・ブロムカンプ監督。王道SFと社会問題を交差させる手腕に期待

  4. 『アイ・アム・マザー』エンディングに込められた意味とは?