韓流バナー

映画『ジョーカー』の吹き替えに起用された声優まとめ【ブルーレイ&DVD収録】

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

映画『ジョーカー』がブルーレイ&DVD化

あの衝撃がよみがえる。2019年10月に公開されるや世界各地で社会現象を巻き起こし、興行収入1,000億円を突破した映画『ジョーカー』。劇場公開は2020年1月9日(木)まで続き、1月29日(水)には、遂にブルーレイ&DVDが発売される。1月8日(水)にはデジタル版の先行配信も始まる予定だ。

日本語吹き替え版が登場

今回発売される『ジョーカー』のブルーレイ&DVD、そしてデジタル版には劇場未公開の日本語吹き替え版が収録されている。吹替翻訳は字幕翻訳も担当したアンゼたかしが務める。

近年、アメコミ映画に限らず芸能人が声優を務める形式で国内のプロモーションを行う大作映画が多くなっている中、『ジョーカー』はそもそも日本語字幕版のみで公開された。その結果、日本での『ジョーカー』の興行収入は50億円を突破。米英に次いで、世界第3位という規模の大ヒットを記録した。

それでも、上質な映画は上質な吹き替え版を見てみたいと思うのが、映画ファンというもの。『ジョーカー』のブルーレイ&DVD、デジタル版に収録される日本語吹き替え版では、どのような声優陣が『ジョーカー』のキャラクターを演じているのだろうか。

『ジョーカー』日本語吹き替え版の声優陣

アーサー・フレック/ジョーカー役:平田広明

主人公アーサーの声を担当するのは、スター声優の平田広明。映画吹き替えではジョニー・デップマット・デイモンの声を担当、アニメ『ONE PIECE』(1999-) のサンジ役でも広く世間に知られている。

平田広明は、過去にはアーサー・フレックを演じたホアキン・フェニックスの声も務めている。1997年の『Uターン』、1999年の『8mm』、2000年の『裏切り者』で約20年前のホアキン・フェニックスを演じている。『ジョーカー』の日本語吹き替え版登場までにこれらの作品をチェックしてみると、一足先に平田版アーサーを体験できるだろう。

マレー・フランクリン役:野島昭生

ロバート・デ・ニーロ演じる大物司会者マレー・フランクリンの声を担当したのは、大ベテラン声優の野島昭生。米ドラマ『ナイトライダー』(1982-1986) の人工知能 K.I.T.T.役で知られる。野島昭生もまた、これまでに複数の映画でロバート・デ・ニーロを演じてきた。2015年の『マイ・インターン』『ジョイ』、2016年の『ダーティ・グランパ』と、近年のロバート・デ・ニーロ役には定評がある。平田版アーサー同様、野島版マレーは、一足先にこれらの作品でチェックできる。

ソフィー・デュモンド役:種市桃子

アーサーの隣人、ソフィーの声を演じるのは種市桃子。ソフィー役のザジー・ビーツを演じるのはこれが初となる。種市桃子は多くのドラマ・映画作品で活躍しているが、近年は映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019) でマーゴット・ロビー演じるシャロン・テートを演じたほか、ドラマ『ウエストワールド』(2016-) でエヴァン・レイチェル・ウッド演じる主人公ドロレス・アバーナシーの声も担当している。

ペニー・フレック役:滝沢ロコ

アーサーの母、ペニー・フレックを演じたのはベテラン声優の滝沢ロコ『セサミストリート』(1969-) NHK版のロジータや、『それいけ!アンパンマン』(1988-) でみみせんせいの声を担当していることでも知られる。ドラマ・映画の吹き替えでも様々な役を演じており、映画『アバター』(2009) ではヒロインであるネイティリの母モアトを演じた。

『ジョーカー』ブルーレイ&DVD発売前の時点で日本語吹き替え版の声優が明らかになっているのは、以上の4名だ。安心の豪華声優陣が揃っている。トーマス・ウェインやアルフレッド・ペニーワース、ブルース・ウェインといった「バットマン」シリーズでもおなじみの面々は一体誰が演じているのか、ブルーレイ&DVD、デジタル版の発売を待とう。

『ジョーカー』ブルーレイ&DVDは2020年1月29日(水) 発売&レンタル開始。
デジタル版は2020年1月8日(水)より先行配信開始。

– Thumbnail –
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

hulu

関連記事

  1. 二人のウィル・スミスが視界いっぱいに飛び回る!? 『ジェミニマン』ScreenXでの公開が決定

  2. 『ヴェノム』米国での興行収入が10日間で160億円突破 エミネムの同名曲MVも7,000万回再生を…

  3. 2019年公開のSF映画まとめ——『アベンジャーズ』『スター・ウォーズ』『ゴジラ』も!!

  4. ローランド・エメリッヒ監督「SF映画は更にグローバルに」 中国SF『流転の地球』を称賛

日テレドラマ

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP