ネタバレあり『エターナルズ』エイジャックは今後も登場? 演じたサルマ・ハエックはMCU続投に意欲示す | VG+ (バゴプラ)

ネタバレあり『エターナルズ』エイジャックは今後も登場? 演じたサルマ・ハエックはMCU続投に意欲示す

© 2021 Marvel

映画『エターナルズ』公開

MCU映画最新作『エターナルズ』が2021年11月5日(金)より公開された。『ノマドランド』(2021) のクロエ・ジャオ監督が指揮を執り、アンジェリーナ・ジョリーやマ・ドンソクら大物俳優をはじめとする個性豊かなキャストが集結。10人のエターナルズをMCUに紹介するには申し分のない面々が揃った。

そのエターナルズを率いるのは、聡明なリーダーのエイジャック。映画『デスペラード』(1995) や『フリーダ』(2002) で知られるメキシコ生まれのサルマ・ハエックが、揺れ動くエターナルズの代表者の姿を堂々と演じた。

『エターナルズ』本編を観た方は、エイジャックの今後についてある程度の予想がついていることだろう。では、演じたサルマ・ハエック自身はどのように考えているのだろうか。実は『エターナルズ』の劇場公開前の時点で、サルマ・ハエックはMCUでの続投に積極的な姿勢を見せている。

ネタバレ注意
以下の内容は、映画『エターナルズ』の内容に関するネタバレを含みます。

エイジャックに起きたこと

映画『エターナルズ』では、物語の序盤にエターナルズのリーダーとして紹介されていたエイジャックが死体で見つかる。まさかの急展開に驚いた方も多かったのではないだろうか。それでも、エターナルズの数千年に及ぶ戦いを回想する前半部分では、リーダーシップを発揮するエイジャックの姿が存分に描かれた。

人間の捕食者を駆逐したデヴィアンツを退治し、人間の進化を助けるという目的を達成したエターナルズを、エイジャックは500年前に解散した。セレスティアルズの目的である《出現》を待つばかりとなったが、500年の間に世界を旅したエイジャックは人類に愛着を持ち始める。特に『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019) で描かれたアベンジャーズの戦いに突き動かされたエイジャックは、唯一セレスティアルズの計画を共有していたイカリスに《出現》を止めることを提案する。

だが、セレスティアルズの計画を遂行するため、イカリスはエイジャックを排除することを決める。氷漬けになっていたが溶け出して復活したディヴィアンツにエイジャックを殺させたのだ。500年前のシーンではアンジェリーナ・ジョリー演じるセナとのバトルシーンも描かれたが、案外あっさりと命を落としてしまった。

一方でエイジャックは、数千年にわたって一つの目的のために生きてきたとしても、経験を経て、学び、変わることができるリーダーの姿を見せてくれた。このまま退場してしまうのはあまりにも惜しいが、演じたサルマ・ハエックはどう考えているのだろうか。

エイジャックとして再登板も?

シンガポールのGeek Cultureでインタビューを受けたサルマ・ハエックは、以下のように語っている。

マーベルのユニバースでは、続編やその続編だけでなく、別のマーベルのユニ……エリアに登場することもできます。この(『エターナルズ』の)集団は恋しいですが、全く違う集団の人々もいます。そして、(エターナルズは)7,000年もの間生きてきましたから、次にエイジャックを見つけられる場所については無限の可能性があります。

『エターナルズ』の公開前のこのインタビューでは、慎重に言葉を選びながら、今後のMCU再登場に意欲的な姿勢を見せている。とりわけ「ユニバース」と言いかけて「エリア」と言い直している姿が印象的だ。

ドラマ『ロキ』(2021) をきっかけにマルチバース化が進むMCUでは、本編とは異なるタイムラインから同一人物が登場する展開が起こり得る。映画シリーズではまだマルチバース化は進んでいないが、2022年公開予定の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や『ドクター・ストレンジ イン・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』ではマルチバース化が一気に進むと見られる。

地球で7,000年生きてきたオリジナルのエイジャックは死んでしまったが、今後、マルチバース展開が進めば可能性は、サルマ・ハエック演じるエイジャックがMCUに再登場する可能性は十分にあるだろう。

エイジャックに残された可能性

そもそも、MCUで一度死んだキャラクターが復活した例はすでに存在している。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018) でサノスに殺されたロキは、『アベンジャーズ』(2012) のロキから分岐してドラマ『ロキ』にて復活。今度は主人公としてMCUに復帰すると、同作はMCUドラマで初めてシーズン2が製作されることになった。

その後、Disney+で公開されたMCU初のアニメシリーズ『ホワット・イフ…?』では、フェーズ3までの様々なキャラクターの「もしも」の物語を描いた。『ホワット・イフ…?』の物語は全てMCU世界で起きていることとされており、時間軸が分岐した別バースでの物語とされている。

『ホワット・イフ…?』脚本家のA.C.ブラッドリーは、現在制作が進められているシーズン2について、「『エターナルズ』からも一人か二人登場するのでは」と話している。7,000年の歴史の中で異なる選択をしたエターナルズメンバーの姿を描くことを示唆しており、この内の一人がエイジャックである可能性もある。

なお、『ホワット・イフ…?』シーズン2のセリフの収録は既に終えているとのこと。サルマ・ハエックは同作にエイジャックが登場するかどうかを知っていることになるが、どのような心境で上記のインタビューに答えたのだろうか。

シーズン2の制作状況について制作陣が話した内容はこちらの記事に詳しい。

当然のことだが、エイジャックにMCU復帰の可能性があるということは、マ・ドンソクが演じたギルガメッシュにも同様の可能性がある。それにマルチバース要素に頼らずとも、『エターナルズ』の設定を考えればエターナルズのメンバーは復活可能かもしれない。

エターナルズはセレスティアルズが創ったロボットのような存在であり、丁寧にもこれまでの記憶が貯蔵されているという設定も紹介された。今後、セレスティアルズが優れたリーダーだったエイジャックを創り直す展開もあり得る。また、7,000年の歴史を持っていることから、過去編を詳しく描くことも可能だろう。

サルマ・ハエックの言うように「可能性は無限大」。エイジャックやギルガメッシュの勇姿が再び描かれることに期待しよう。

映画『エターナルズ』は2021年11月5日(金) より劇場公開。

『エターナルズ』公式サイト

Source
Geek Culture

¥3,740 (2022/07/03 18:45:07時点 Amazon調べ-詳細)

ミッドクレジットシーンおよびポストクレジットシーンの解説はこちらから。

クロエ・ジャオ監督が明かしたポストクレジットシーンの声の主についてはこちらから。

また、クロエ・ジャオ監督はスターフォックスが11人目のエターナルズであることを認めた。詳細はこちらから。

エンディングの解説と今後の考察はこちらの記事で。

セルシとイカリス、そしてエイジャックの“アップデート”についての考察はこちらから。

 

エイジャックのキャラクターについての紹介はこちらから。

セルシについての解説はこちらから。

ギルガメッシュについての解説はこちらから。

セナについての解説はこちらから。

キンゴについての解説はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『ブラックパンサー』続編以降も「ティ・チャラなしで進める」『ワカンダ・フォーエバー』プロデューサーが理由を語る

    2. ネタバレ解説『シャン・チー』ジブリへのオマージュ、日本アニメへのリスペクトに注目

    3. 【26作品】2020年公開のSF映画まとめ——ノーラン新作、ディズニー、MCU、DC、『デューン』も!!

    4. 映画『オールド』ネタバレ登場人物解説!原案グラフィックノベルとの対比で『オールド』をさらに楽しむ!