『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン2は5月4日配信! 「ひつじのショーン」のアードマンも参戦 | VG+ (バゴプラ)

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン2は5月4日配信! 「ひつじのショーン」のアードマンも参戦

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン2が2023年5月4日配信開始

2021年9月22日(水)にDisney+で9作品が一斉配信されたアニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』のシーズン2(ボリューム2)が2023年5月4日(木・祝)に配信を開始する。2023年4月10日(月)にロンドンで開催された「スター・ウォーズ・セレブレーション」では初のトレーラーが公開されている。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は、シーズン1では日本の7つのアニメスタジオが各話を手掛けたDisney+オリジナルシリーズで、ハイクオリティなアニメーションが好評を集めた。シーズン1では神風動画、キネマシトラス、サイエンスSARU、ジェノスタジオ、スタジオコロリド、TRIGGER、プロダクションI.Gの7スタジオがアニメーションを手掛けている。

シーズン2では、スペインのEl Guiri、アイルランドのCartoon Saloon、チリのPunkrobot、イギリスのAardman、韓国のStudio Mir、フランスのStudio La Cachette、インドの88 Pictures、南アフリカのTriggerfish、日本のD’art Shtajioという9つのスタジオが集結。グローバルな製作陣によって新たな物語が描かれる。

イギリスのアードマン・アニメーションズは「ウォレスとグルミット」や「ひつじのショーン」シリーズで知られる老舗スタジオ。『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン2でも、その特徴であるクレイアニメ(粘土のような素材を使ったストップモーションアニメ)で制作されており、注目が集まっている。

各国のアニメスタジオに発注をかけるシーズン2のスタンスはNetflixアニメ『ラブ、デス&ロボット』と同じスタイルだ。シーズン2のトレーラーを見ると、それぞれのスタジオのアニメーションスタイルの違いがハッキリ分かる。「スター・ウォーズ」ならではのアニメアンソロジーに期待しよう。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン2の制作は、2022年5月に米アナハイムで開催されたイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」の最終日に発表された。2023年の「スター・ウォーズ・セレブレーション」でも最終日にトレーラーが公開されている。2022年4月には、米Cinelinxが複数の関係者からの情報として『スター・ウォーズ:ビジョンズ』のシーズン2製作が進められていること、それはシーズン1のヒットを受けての決定であることを報じていた。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』は“カノン(正史)”に含まれない“レジェンズ”として公開された作品。正史に含まれないため比較的自由な作劇が可能で、シーズン1では、正史では滅多にシス同士の戦いなども描かれた。2022年のイベントでは、シーズン1はパンデミック下で制作が進められたため、日本のチームとルーカス・フィルムのメンバーとはオンライン以外で会えていないというエピソードも明かされている。

神風動画の水崎淳平が監督を務めたシーズン1第1話「The Duel」からは、エマ・ミエコ・キャンドンによるスピンオフ小説『Star Wars Visions: Ronin』も刊行されている。

¥3,939 (2023/05/24 14:58:26時点 Amazon調べ-詳細)

なお、『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン1では1話あたり約13分のストーリーを全9話一挙配信という形をとった。今回『スター・ウォーズ:ビジョンズ』がシーズン2に更新されたことで、一挙配信形式は一定の成果を収めたと見てよいだろう。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン2と同日の“フォースの日”である5月4日(木・祝)には、『エピソード1』の数百年前を舞台にした子ども向けショートシリーズ『スター・ウォーズ:ヤング・ジェダイ・アドベンチャー』も配信を開始する。詳しくはこちらから。

アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン1はDisney+で独占配信中。シーズン2は2023年5月4日(木・祝)配信開始。

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』(Disney+)

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』第1話のネタバレ解説はこちらから。

シーズン1全話の監督はこちらの記事にまとめている。

Source
Cinelinx

同日に発表された『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』シーズン3の情報はこちらから。

ドラマ『アソーカ』の特報予告はこちらの記事で。

『アソーカ』の特報にあったアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』からの繋がりについてはこちらの記事にまとめている。

『アソーカ』のヴィランについての考察はこちらの記事で。

実写版スローン大提督についての発表はこちらから。

新情報が公開されたドラマ『アコライト』は『エピソード1』の100年前が舞台。詳しくはこちらから。

新たな「スター・ウォーズ」映画三作品の詳細はこちらの記事で。

カノンに含まれるアニメアンソロジーシリーズ『スター・ウォーズ:テイルズ・オブ・ジェダイ』シーズン2のついての発表はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 『DEVILMAN crybaby』と『メガロボクス』、米サイトのアニメアワードで最多受賞を争う

  2. 『メガロボクス2』ティザー映像と監督の発言から設定と内容を読み解く

  3. ネタバレ解説『バッド・バッチ』シーズン3第11話 残された希望、正当化できないこと あらすじ&考察

  4. 米クランチロール “アニメアワード2021”投票受付開始 『映像研』『呪術廻戦』が最多10部門でノミネート 全作品リスト掲載