【Kaguya Planet】文月あや「パラサイト・ダーリン」、穂崎円「バースデー」、一般公開開始! | VG+ (バゴプラ)

【Kaguya Planet】文月あや「パラサイト・ダーリン」、穂崎円「バースデー」、一般公開開始!

Kaguya Planetにて、文月あや「パラサイト・ダーリン」、穂崎円「バースデー」一般公開開始

オンラインSF誌 Kaguya Planetにて、文月あやさんのSF短編小説「パラサイト・ダーリン」、穂崎円さんのSF短歌「バースデー」の一般公開を開始しました。

今月のKaguya Planetは、SF小説×SF短歌です。文月あやさんが執筆したSF短編小説の中に出てくる「ある生き物」を題材に、穂崎円さんが連作短歌を執筆しています。共通の要素が出てくる2つの作品、短編小説と短歌のそれぞれの世界観の作り方や味わいの違いをお楽しみください。カバーデザインは梅野克晃さんが手がけました。

Kaguya Planetでは毎月、SF短編小説を配信中!各作品は約一ヶ月の先行公開期間を経て、無料で一般公開されます。月額500円の会員になると先行公開期間の作品を読むことができます。掲載作品一覧はこちら。

Kaguya Planetについて詳しく知る

文月あや「パラサイト・ダーリン」

マッチングアプリで出会ったナオタカは、話術が巧みで顔も私の好みで何だかいい匂いもする。デートを重ね、ホテルに行ったが、その時ナオタカが口にしたのは「ごめん、俺、『きせいちゅう』なんだよね」という意外な言葉だった…

文月あや
大森望SF創作講座の第6期聴講生。別名義で執筆した短編小説で、日経「星新一賞」の学生部門の準グランプリを受賞している。仕事での経験や知識を活かした医療SFも持ち味の一つで、2021年にはアノン株式会社の主催する「医療の未来を創造せよ─SFプロトタイピング作品のコンペティション『Anon Medical Sci-Fi Competition』」で準グランプリを受賞。また2022年にはaya名義で執筆したタヌキSF「化けタヌキは眠らない」が、第2回日本SF作家クラブの小さな小説コンテストの日本SF作家クラブ賞を受賞し、審査員の高野史緒さんからは「文章もペース配分もアイディアの投入の仕方も素晴らしかった」と絶賛された。

穂崎円「バースデー」

人間社会に密かに進出している寄生虫。かれらの間では、生きていくのに必要な知恵やルールが書かれたある「資料」が受け継がれている。寄生虫視点で描かれた連作短歌です。

穂崎円
2012年から短歌を作り始め、新聞歌壇や同人誌などで短歌を発表している。2018年に活動を休止したBL短歌誌『共有結晶』の編集メンバーの一員としても活動していた。2017年には私家版歌集「ヴァーチャル・リアリティー・ボックス」を発行。2019年には短歌連作「くりかえし落日」が第一回笹井宏之賞の最終選考候補作に、「草の心臓」が第三十回歌壇賞佳作に選出された。

Kaguya Planetにて大木芙沙子「二十七番目の月」先行公開中!

Kaguya Planetは今月、活動を開始してから2周年を迎えました。節目となる今月は、「かわいいハミー」で話題となった大木芙沙子さんの新作SF短編小説「二十七番目の月」を先行公開しています。

妻は足の爪を切っている姿をけっして見せてくれなかった。夫である楽々佐一は妻が爪を切るパチンという音にいつも耳をそばだてながら、それを見せてくれとは頼めずにいる。だが、チャンスは思わぬところから訪れて……。

Kaguya Planetにログイン  Kaguya Planetに登録

Kaguya Planet、全作品紹介&来年の展望を紹介

Kaguya Planetはこの2年間で、39編の書き下ろしSF短編小説、11編のマイクロノベル、8編の翻訳SF短編小説、英語詩・短歌連作・俳句連作といったSF詩を4作品、1本の論考、4本のインタビュー、2本のレポートとアンケートを掲載しました。全コンテンツを紹介していますので、未読のものがある方はこれを機に是非。

そして以下の記事では2023年のKaguya Planetの予定を紹介しています。2023年1月には、第12回創元SF短編賞の優秀賞を受賞した溝渕久美子さんの新作SF短編小説を先行公開します。2023年もKaguya Planetをよろしくお願いいたします。

Kaguya Planetの新着情報をニュースレターでゲットしよう!

Kaguya Planetの最新情報を見逃したくないという方はぜひ、KAGUYAのニュースレターへの登録をお願いします。毎月一回程度、Kaguya PlanetとKaguya Booksの新着情報をお届けしています。

※登録に必要なのはメールアドレスのみです。

KAGUYAのニュースレターに登録

Kaguya Planetに応援を!

Kaguya PlanetはSFウェブメディア「バゴプラ」が主催する、オンラインSF誌です。2020年12月に① 日本のSF界におけるジェンダー不均衡の是正② 新人賞以外の入り口を作ること③ 海外のようにオンラインでSF短編小説を読むカルチャーを作っていくこと、という三つの目標を掲げて活動を開始し、珠玉のSF短編小説を掲載し続けてきました。

2021年3月からは日本語の作品に加えて翻訳作品も掲載しています。邦訳が出るのはKaguya Planetが初めてという作家も数多く、海外で活躍している作家さんの作品を日本語圏に紹介するという役割も果たしています。

より多くの方の作品を読んでいただくために、作品は、一ヶ月の先行公開期間ののちに、無料で一般公開しております。

掲載している作品一覧

引き続きこれらの活動を続けていくためにも、皆様からの応援をよろしくお願いいたします。Kaguya Planetを応援したいという方は、月500円のサブスクで本プロジェクトをサポートして頂けます。ご登録いただいた方は、毎月、約一ヶ月の先行公開中のコンテンツをお楽しみいただけます。

登録する

また、1円から寄付も受け付けております。サポートして頂いたお金は全てKaguya Planetの原稿料や編集料に当てられます。十分な資金が集まり次第、Kaguya Planetの作品掲載数やインタビュー記事の数を増やしていく予定です。プロジェクトの詳細はこちらの特設ページをご覧ください。

寄付をする

※Kaguya Planet 登録に際しての注意事項

  • GmailおよびHotmailで登録された方は、ログイン情報のメールが「迷惑メール」「ソーシャル」「プロモーション」などのフォルダに振り分けられる可能性があります。ご注意ください。
  • Kaguya Planetの決済に対応しているクレジットカードおよびデビットカードは、以下の4社となっています。
    Visa
    Mastercard
    American Express
    JCB

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. SF賞総なめの中長編『こうしてあなたたちは時間戦争に負ける』が6月16日発売 1984年生まれの二人が共作した“時空横断SF中編”

    2. 吉美駿一郎「アザラシの〜」中国語訳が「科幻世界」に掲載 第2回かぐやSFコンテスト大賞作品

    3. 紅坂紫「桜の木の下で」英訳がNew World Writingに掲載。Toshiya Kameiによる翻訳

    4. Kaguya Planet 9月先行公開、f3hito「archipelago」(翻訳:f3hito)、北野勇作「ひゃくじま」、佐々木倫「風の鳴る島」配信開始!