『キャシアン・アンドー』シリル・カーンの「心の空白」とは 演じたカイル・ソーラーが語る | VG+ (バゴプラ)

『キャシアン・アンドー』シリル・カーンの「心の空白」とは 演じたカイル・ソーラーが語る

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

『キャシアン・アンドー』シリル・カーンに注目

「スター・ウォーズ」最新ドラマ『キャシアン・アンドー』が2022年9月21日(水)よりDisney+で配信を開始した。初週は第3話までが配信され、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977) の5年前を舞台にした本作の世界観を存分に映し出した。

また、『キャシアン・アンドー』の第3話まででは、ジェダイでも帝国軍でもない人々が中心になりながらも、それぞれ魅力的なキャラクターが紹介された。その中でも注目したいのはカイル・ソーラーが演じたシリル・カーンの存在だ。

演じたカイル・ソラーは舞台俳優としても活躍するアメリカ出身の俳優だ。1983年生まれで、『キャシアン・アンドー』シーズン1配信開始時点で39歳になるカイル・ソラーは2008年にロンドンの王立演劇学校を卒業。MCUのロキ役で知られるトム・ヒドルストンや、『キャシアン・アンドー』でキャシアンの母マーヴァ・アンドー役を演じたフィオナ・ショウも王立演劇学校の卒業生である。

 

カイル・ソーラーは映画作品では『アンナ・カレーニナ』(2012)や『マローボーン家の掟』(2017) に出演。演劇『The Inheritance』(2018)ではローレンス・オリヴィエ賞主演男優賞を受賞するなど実力は折り紙付きだ。

シリル・カーンはどんな人?

そんなカイル・ソーラーが演じたシリル・カーンは、プリ=モーの保安本部で正義感に溢れる上官だ。帝国の時代にあって、帝国軍ではないが帝国防衛の最前線の部隊として活動する企業(コーポレート)の組織で、帝国のためというよりも真実と正義を重んじて職務に取り組む。

カイル・ソーラーは米スター・ウォーズ公式サイトで、シリル・カーンというキャラクターについてこう語っている。

私がこの役に惹かれた理由は、トニー(・ギルロイ)の脚本です。彼は本当に立体的であり、疑問符のつくキャラクターを作り上げました。彼はどちらにも行きうるんです。帝国側にも行きうるし、反乱軍側にも行きうる。多くのグレーゾーンがあります。

加えて、彼は家庭環境に欠落と苦痛を抱えていて、ファシストや企業、官僚組織の中で秩序を見出し、心の空白を埋めようとしています。自分の立場を超えて地位を向上させることができれば、自分の居場所を見つけることができるんです。

帝国軍にも反乱軍にも加わりうるという新しいキャラクター像がシリル・カーンの魅力だが、それは『キャシアン・アンドー』のショーランナーを務めるトニー・ギルロイによるキャラクター造形なのだという。加えて、シリル・カーンが真剣に職務に取り組む背景には、家庭環境に起因する自分の心の空白を埋めたいという思いがあるのだと演じたカイル・ソーラーは語っている。

では、『キャシアン・アンドー』ではシリル・カーンはどのように描かれていくことになるのだろうか。以下の内容は第3話の結末に関する内容を含むため注意していただきたい。

ネタバレ注意
以下の内容は、ドラマ『キャシアン・アンドー』第3話の内容に関するネタバレを含みます。

シリル・カーンの今後

『キャシアン・アンドー』第3話では、部隊を従えて惑星フェリックスへとキャシアン・アンドー捕獲に乗り出したシリル・カーンが敗北を喫する。部長からの隠蔽の指示を無視して捜査と作戦を進めた結果、部隊に損害をもたらし、事件を他の惑星を巻き込んだおおごとにしてしまったのだ。この展開について、演じたカイル・ソーラーは米SFFGazetteでこう語っている。

キャシアンを捕らえようとしている時、彼は世界の頂点にいるような気分になっていました。それから彼の世界は足元から崩れ落ちてしまい、そこには何も残らなかったのです。(中略)そして、今自分はどこにいて、何をすればいいのかを考えるようになります。とても人間的な物語なんですよ。

シリル・カーンを通して描かれるのは、英雄的なジェダイでも、極悪人の帝国軍でもない、官僚的な仕事の中で空白を埋めようとす非常に人間らしい人間の物語だ。その日々の積み重ねが脆くも崩れ去った時、私たちは次の日からどのように生きることを選ぶだろうか。

第4話以降、シリル・カーンの再登場に期待しつつ『キャシアン・アンドー』の今後の展開を見守ろう。

ドラマ『キャシアン・アンドー』は2022年9月21日(水)よりDisney+で独占配信を開始。初日に3話が同時配信され、翌週からは水曜日に各話が配信される。

『キャシアン・アンドー』(Disney+)

『ローグ・ワン』はBlu-rayセットが発売中。

Source
Star Wars.com / SFFGazette

第4話から登場のデドラ・ミーロについてはこちらの記事で。

『キャシアン・アンドー』第1話のネタバレ解説はこちらから。

第2話のネタバレ解説はこちらから。

第3話のネタバレ解説はこちらから。

 

2023年配信開始のドラマ『マンダロリアン』シーズン3の予告編はこちらから。

10月26日からはプリクエルを舞台にした『スター・ウォーズ:テイルズ・オブ・ジェダイ』の配信が始まる。予告編の紹介はこちらから。

アニメ『バッド・バッチ』シーズン2も配信が決定している。詳しくはこちらの記事で。

アニメ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』シーズン2は2023年春配信予定。詳しくはこちらから。

ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』最終話のネタバレ解説はこちらから。

ドラマ『マンダロリアン』はシーズン4への更新が決まっている様子。詳細はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. ドラマ『ロキ』MCUで初めてバイセクシャルのキャラクターに言及 監督が第3話に込めた想いを語る

  2. 第6話ネタバレ解説『シー・ハルク』女性を憎悪する集団、背景にある実際の事件とは あらすじ&考察

  3. Amazonドラマ『アップロード』シーズン2は3月11日配信開始! 全7話 あらすじも公開

  4. MCU世界をロキが直す!ドラマ『ロキ』あらすじ&考察 予告にはブラック・ウィドウの姿も?