ドラマ『スノーピアサー』シーズン3は2022年1月公開 格差社会の構図描くSFドラマ | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『スノーピアサー』シーズン3は2022年1月公開 格差社会の構図描くSFドラマ

©️TNT

『スノーピアサー』シーズン3製作決定

SFドラマ『スノーピアサー』のシーズン3が米時間2022年1月24日(月)より放送を開始する。『スノーピアサー』の公式Twitterで発表された。

放送を開始するのは『スノーピアサー』の北米での放送局であるTNT。シーズン2は放送日の翌日にNetflixで世界配信が行われており、シーズン3も同様であれば、日本でも1月に視聴することができそうだ。

ドラマ『スノーピアサー』のシーズン3への更新は、2021年1月に米Varietyが報じていた。本作は米時間2021年1月25日(月)よりシーズン2のテレビ放送が始まり、翌26日(火)よりNetflixでの配信を開始したが、シーズン3への更新はシーズン2の放送開始前に決定していた。

ドラマ『スノーピアサー』は、映画『パラサイト 半地下の家族』(2019) で第92回アカデミー賞作品賞を受賞したポン・ジュノ監督による同名映画をドラマ化した作品。

映画版はポン・ジュノ監督主演にとって初の英語作品として知られており、「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスを主演に据え、ティルダ・スウィントン、ジョン・ハート、オクタヴィア・スペンサーらが出演、『パラサイト』のソン・ガンホもメインロールで出演した。原作は1984年に発表されたフランスのバンド・デシネ (フランス語圏のマンガ) で、約40年の時を経て映画版とドラマ版3シーズンが製作される人気作品となった。

『スノーピアサー』では、氷河期を生き延びようとする人類が“スノピアサー”と呼ばれる列車に乗り込んでいる。その中では明確な階級社会が形成されており、最後尾で劣悪な暮らしを強いられている人々が先頭車両を目指して階級闘争を繰り広げる。

ドラマ版にもポン・ジュノ監督がプロデューサーとして参加し、同様に階級闘争をテーマに据えているが、より長い物語を届けられるドラマの強みを生かし、様々な階級の異なる属性の人々を描くことで物語に深みが加えられている。

ドラマ『スノーピアサー』の主演は、ヒップホップグループのクリッピングに所属するラッパーで俳優のダヴィード・ディグス。同じく主役級の活躍を見せるのはオスカー俳優のジェニファー・コネリー。シーズン2からはショーン・ビーンがメインロールで出演している。

また、2021年1月には、放送映画批評家協会が主催する第1回批評家協会スーパーアワードでは、『スノーピアサー』主演のダヴィード・ディグスがアクションドラマ部門男優賞を受賞した。

シーズン4も決定済み

ドラマ『スノーピアサー』は既にシーズン4の製作も決定している。シーズン3の制作完了と共に発表されており、シリーズの人気の高さがうかがえる。主演のダヴィード・ディグスはシーズン3とシーズン4で物語は「より大きくなる」と話している。詳しくはこちらから。

ドラマ『スノーピアサー』はシーズン2までNetflixで配信中。

ドラマ『スノーピアサー』(Netflix)

Source
Variety

ドラマ『スノーピアサー』のあらすじはこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『地獄が呼んでいる』Netflixドラマ1位! ヨン・サンホ監督による韓国ウェブトゥーン原作ドラマ!

    2. ネタバレ考察!『ロキ』第1話 マルチバースの3つの要素を解説。X-MENやスパイダーマンの合流に影響?

    3. 『アンブレラ・アカデミー』シーズン3撮影が終了! 配信開始はいつ?

    4. Amazonドラマ 『ユートピア~悪のウイルス~』シーズン2は製作せず 打ち切りになった理由は?