『マンダロリアン』シーズン3予告公開 舞台は惑星マンダロアへ 2023年配信開始 | VG+ (バゴプラ)

『マンダロリアン』シーズン3予告公開 舞台は惑星マンダロアへ 2023年配信開始

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

『マンダロリアン』シーズン3より予告編公開

「スター・ウォーズ」シリーズの人気ドラマ『マンダロリアン』(2019-) が帰ってくる。米時間2022年9月10日(土)、米ディズニーのファンイベントD23 Expoで『マンダロリアン』シーズン3の初映像となるティーザー予告が公開。配信時期は改めて2023年中になると発表されている。

「お前はその子の父親だ」「二人で一つ」というアーマラーの声と共に幕を開ける本予告は、改めてマンドーがマンダロリアンの一派であるチャイルド・オブ・ザ・ウォッチから破門されたことも指摘されている。マンドーは、ドラマ『ボバ・フェット:The Book of Boba Fett』(2021-2022) で起きた問題への対処を求められることになりそうだ。

シーズン3のマンドーは新たに手に入れたN-1スターファイターを自在に操っている。また、『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』のキャラクターでシーズン2で実写化されたボ=カターン・クライズの姿も。ボ=カターンが持っていたダークセーバーは現在マンドーの手元にある。

ボ=カターンは、マンドーが所属していたチャイルド・オブ・ザ・ウォッチを「カルト」と呼び、「人々を襲撃した」と非難する。それに応答するかのように、マンドーは色とりどりの様々なメットを被ったマンダロリアン達と肩を並べている。映像にはかつてのギルドのリーダーで、ネヴァロの監督官になり立派な装飾に身を包むグリーフ・カルガの姿も。再会したマンドーと固い握手を交わしている。

マンドーは遂にかつてマンダロリアンの母星だった惑星マンダロアに降り立つ。グローグーが「自分の父親だけがマンダロリアンだと思った?」と問われるシーンも。不穏なセリフではあるが、二人は自他ともに認める父子関係になっているようだ。

最後には、マンドーは『ボバ・フェット』ですっかりグローグーのお気に入りとなった亜高速スラスターでグローグーを喜ばせている。マンドーが「冒険の準備はできたか?」と聞くと、グローグーはN-1スターファイターを操縦するマンドーの膝下にやってくるのだった。

『マンダロリアン』シーズン3では、より絆を深めたマンドーとグローグーの冒険が描かれると共に、マンダロリアン間の戦いに焦点が当てられることになりそうだ。

チャイルド・オブ・ザ・ウォッチを破門されながらも、伝説のマンダロリアンであるター・ヴィズラが持っていたダークセーバーを手に入れたマンドー。惑星マンダロアに向かったのは、アーマラーから人に顔を見せたことの償いとして「マンダロアの鉱山の下の泉に入らねばならない」と言われたからと考えられる。シーズン3でも一筋縄ではいかない冒険が待っているだろう。

なお、『マンダロリアン』シーズン3は、事実上の『マンダロリアン』シーズン2.5であったドラマ『ボバ・フェット』の続きになる。未見の方は配信までにこちらもチェックしていただきたい。

ドラマ『マンダロリアン』はシーズン1とシーズン2がDisney+で配信中。シーズン3は2023年配信開始。

『マンダロリアン』

ドゥークーとアソーカのオリジンが描かれるアニメ『スター・ウォーズ:テイルズ・オブ・ジェダイ(原題)』の予告編はこちらから。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『高い城の男』シーズン1で日本人キャラを演じたキャストをおさらい—Vol.1 田上大臣を演じた日系俳優の悲壮な覚悟

  2. 「なぜ自分は自分なのか」Netflix『僕と生きる人生』はクローンと暮らすSFコメディ

  3. ネタバレ考察『ロキ』第2話 “変異体”の目的とは その正体とラストシーンを考察&解説

  4. 『バットウーマン』の主演にルビー・ローズ レズビアンのヒーローを演じる