『仮面ライダーBLACK SUN』10月28日よりAmazonで配信開始 全10話で「怪人たちの群像劇」描く 主題歌は超学生 | VG+ (バゴプラ)

『仮面ライダーBLACK SUN』10月28日よりAmazonで配信開始 全10話で「怪人たちの群像劇」描く 主題歌は超学生

©️石森プロ・ADK EM・東映

リブート作品『仮面ライダーBLACK SUN』2022年10月28日配信開始

名作『仮面ライダーBLACK』(1987-1988) がリブートで蘇る。2022年10月28日(金) 0時より、『仮面ライダーBLACK SUN』がAmazonプライムビデオで配信を開始する。『仮面ライダーBLACK SUN』は白石和彌監督が指揮をとり、西島秀俊が仮面ライダーブラックになる南光太郎役、中村倫也がシャドームーンになる秋月信彦役を演じ、共に主演となることが発表されている。

10月9日(日)には公式予告が公開されると共に、本作が全10話を一斉配信という形で世界独占配信されることも発表された。全10話の再生時間は約440分になり、その全てを白石和彌監督が演出しているという。

今回公開された予告編では、人間と怪人の闘争の歴史と、南光太郎/ブラックサンと秋月信彦/シャドームーンの因縁が交差する形で描かれている。舞台は現実と同じ2022年で、政府が人間と怪人の共存を掲げてから50年が経過したことが明かされている。

1960〜70年代の学生運動の時代を思わせるゲバ文字と集会の様子も映し出されている。のぼりには「五流護六」という字が見られるが、これは「ゴルゴム」の当て字だろうか。「七転び八起き」のように、「五回流れても六回護る」というような意味があるのかもしれない。

集会では怪人の権利を訴え、現代においても高校生が英語で「怪人たちは私たちと同じ人間です」とスピーチする姿が見られる。一方で、街頭では日の丸を掲げる団体と怪人の権利擁護を訴える団体が衝突し、予告の終盤では、今野浩喜演じる井垣渉が「怪人から日本を守る会」という文字の前で「怪人はね、人間じゃないんですよ」と声をあげている。

こうした対立の構図の一方で、南光太郎と愛車のバトルホッパー、50年間幽閉されていたという秋月信彦の姿が映し出され、二人が再会を果たす場面も描かれている。二人がかつて共に改造手術を受けたこと、現代においても人間を怪人にする出術が行われていることも明かされる。

そして、今回主題歌を担当することが発表された超学生の「Did you see the sunrise?」が流れると共に、ブラックサンは怪人たち戦い、シャドームーンち剣を交わす。

最後に光太郎は「創世王は俺が殺す」と宣言。公式のあらすじには、「50年の歴史に隠された創世王と怪人の真実」という文言も見られるが、そこにはどんな真実が隠されているのだろうか。

特報第2弾では「怪人たちの群像劇」

8月29日(月)には『仮面ライダー BLACK SUN』の特報第二弾が公開され、「これは、怪人たちの群像劇」と紹介されていた。

この特報は、秋月信彦が怪人達に自身が「同じ怒りを感じている怪人だ」と呼びかけるシーンから始まる。差別に対して「怒っていい」と、正当な主張をする信彦だったが、次のシーンでは怪人が人間の警官から狙撃されてしまう。

そして、「これは、怪人たちの群像劇。」という言葉を皮切りに次々と怪人たちの姿が映し出される。ビルゲニア(古代甲冑魚怪人)を三浦貴大が、コウモリ怪人(大蝙蝠怪人)を音尾琢真が、クジラ怪人(白長須鯨怪人)を濱田岳が、バラオム(剣歯虎怪人)をプリティ太田が、ビシュム(翼竜怪人)を吉田羊が、ダロム(三葉虫怪人)を中村梅雀が演じる。

「本能のままに殺し合いをしたがっているのは人間の方だ!」と信彦が叫び、特報第2弾は幕を閉じる。重厚な現代劇として蘇ろうとしている『仮面ライダーBLACK SUN』に否が応にも期待が高まる。

動き出した『仮面ライダーブラック』リブート

『仮面ライダーBLACK SUN』のプロジェクトが石森プロ・ADK EM・東映によって発表されたのは2021年4月3日(土)。仮面ライダー生誕50周年を記念して『シン・仮面ライダー』の2023年3月公開と、『仮面ライダーW』(2009-2010) の正統続編『風都探偵』アニメ版の2022年夏配信と同時に発表された。

リブート版『仮面ライダーBLACK SUN』の制作を指揮するのは白石和彌監督で、『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(2009) での長編デビュー後、『凶悪』(2013)、『日本で一番悪い奴ら』(2016)など、社会派映画からコメディまで、“ブラック”な作品を発表してきた。

白石和彌監督は『彼女がその名を知らない鳥たち』(2016) 公開の翌年にブルーリボン賞監督賞を受賞すると、『孤狼の血』『止められるか、俺たちを』『サニー/32』(2017) を発表した翌年にも同賞に輝いた。

人間の心に悪がある限り…

バブルの真っ只中に生まれた『仮面ライダーBLACK』は、人間の欲望を抉り出すストーリーがその特徴だった。不完全な存在である人間を淘汰しようとする暗黒結社ゴルゴムのスポンサーは、5万年の命を持つ怪人に憧れを持つ人間たち。政治家、学者、経営者、セレブなど、社会的に地位の高い人間がゴルゴムに所属し、社会的弱者の抹殺を目指している。

これらの人間はゴルゴムに対して経済的・技術的・直接的 (暴力的) 援助を行う一方で、怪人への改造手術を受けたり、逆に財政支援を受けるなど、ゴルゴムからの恩恵も受けている。また、続編『仮面ライダーBLACK RX』(1988-1989) では地球の環境破壊をテーマにしたストーリーが展開されている。

「人間の心に悪がある限り、必ず甦る」とはゴルゴムのボスである創世王のセリフだが、2022年にリブート版として甦る『仮面ライダーBLACK SUN』は、リーマンショック、3.11、コロナ禍、そしてレイシズムの蔓延を経験した現代日本でどのような物語を展開することになるのだろうか。白石和彌監督が描き出すストーリーに期待しよう。

長期シリーズ化にも期待!

一方で、『仮面ライダーBLACK』の魅力は人間ドラマにもある。ゴルゴムによって改造手術を受けて世紀王ブラックサンとなった主人公・南光太郎と、同じく改造され世紀王シャドームーンになった親友・秋月信彦の悲劇の対決は、仮面ライダー同士の戦いという設定以上に、“孤独な存在の物語”としてのドラマに更なる深みをもたらした。

『仮面ライダーBLACK SUN』は「怪人たちの群像劇」と銘打たれ、異形の者たちにスポットライトが当てられることが示唆されている。これらの膨大な要素は、『仮面ライダーBLACK SUN』にどのように盛り込まれるのだろうか。

「仮面ライダー」シリーズとしての『仮面ライダーBLACK』の最大の特徴は、“続編”が存在するということだ。「仮面ライダーBLACK」シリーズとしては、『BLACK』の51話と『RX』の47話を合わせて全98話が制作されている。

『仮面ライダーアマゾンズ』(2016-2017) のように『仮面ライダーBLACK SUN』もシーズン2へ更新ということも考えられるだろう。リブート版『仮面ライダーBLACK SUN』でも、続編製作やシリーズ化、延いてはスピンオフの登場などにも期待したい。

『仮面ライダーBLACK』は、「仮面ライダー0号」をイメージして原点回帰が行われた作品であり、改造手術で得た力でもって悪を倒す正統派ライダーを作り直した作品。再び生まれ変わるブラックサンは、どのような物語を見せてくれるのだろうか。

『仮面ライダーBLACK』のリブート作品『仮面ライダーBLACK SUN』は2022年10月28日(金) 0時より全10話が一斉配信。

『仮面ライダーBLACK SUN』配信ページ

『仮面ライダーBLACK』はBlu‐ray BOXが発売中。

東映ビデオ
¥12,980 (2024/05/19 17:34:23時点 Amazon調べ-詳細)

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『ホークアイ』第5話監督がラストについて解説 今後のMCUに与える影響とは ネタバレあり

  2. シーズン3第8話 最終話ネタバレ解説『ザ・ボーイズ』父から子へ…ラストの意味は? あらすじ&考察

  3. Amazonドラマ『アップロード』シーズン2は新技術と反テクノロジー派描く。ノラとネイサンは……

  4. 『キャシアン・アンドー』シーズン2にK-2SOを登場させることは「責務」 トニー・ギルロイが語る