ネタバレ解説『バッド・バッチ』第7話 クローン兵の“時限爆弾”をアノ人物が… あらすじ&考察 | VG+ (バゴプラ)

ネタバレ解説『バッド・バッチ』第7話 クローン兵の“時限爆弾”をアノ人物が… あらすじ&考察

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

『バッド・バッチ』第7話配信開始

2021年5月4日(火)、“スター・ウォーズの日”から配信を開始したアニメシリーズ『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は、クローン兵の不良分隊である“バッド・バッチ”を主役に据えた作品。『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(2008-2020) と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005) のその後を描くシリーズで、クローン戦争終結後の銀河をバッド・バッチのメンバーが駆け巡る。

全16話で構成される『バッド・バッチ』は、第6話までで既に『マンダロリアン』(2019-) や過去の劇場版シリーズに登場したキャラクターやアイテムが数多く登場。過去のシリーズとディズニー後のスター・ウォーズを繋ぐ役割を果たしていると言える。いよいよ物語が中盤に入っていく第7話では、どんな展開を見せてくれるのか。今回もあらすじと共にネタバレありで解説していく。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『バッド・バッチ』第7話の内容に関するネタバレを含みます。

第7話「戦いの傷痕」あらすじ&ネタバレ解説

第6話でシドに与えられた任務に挑戦したバッド・バッチは、またも新たなミッションをこなしているようだ。オメガがルビーと呼ぶ生物をローカイ人から“かすめた”ことで追われている。バッド・バッチは間一髪のところでハイパースペースジャンプに成功し、危機を脱出。シドのもとにこの生物を届ける。

シドは、雇い主の目的は気にしておらず、関心があるのはお金だけ。そんなシドにハンターは閉口する。第6話で出会ったトレースとラファは賞金稼ぎだったが、受ける仕事には大義があった。

任務を完了したオメガとレッカーはマンテル・ミックスなるスナックをシドにつけて食べている。この惑星の名前がオード・マンテルなので、マンテル産の何かなのだろう。一方のハンターは、シドから借りがあると様々な料金を挙げられる。マンテル・ミックス代もちゃっかり乗せている。早速足元を見られ始めているようだ。

どうやら、前回の戦術アンドロイド回収も失敗ということになっているらしい。ハンターは戦術アンドロイドからコピーしたデータをトレースとラファに渡していたが、シドには危険なデータを渡さなかったということだろうか。

レックス登場

一方、シドの酒場には見るからに怪しい人物が。騒ぎを起こして一同が駆けつけるが、なんとその正体はキャプテン・レックスだった。『バッド・バッチ』第1話から言及されているレックスは、『クローン・ウォーズ』でアナキン・スカイウォーカーやアソーカ・タノ、オビ=ワン・ケノービらと行動を共にした歴戦のクローン兵。行動抑制バイオチップを摘出したため、現在はオーダー66の影響を受けていない。

クローン戦争で死んだことになっていたレックスだが、身を隠して生き延びていたという。第6話の最後にトレースとラファが連絡をとっていたのはやはりレックスで、バッド・バッチに会いに来たのだという。そこに帰ってきたレッカーとオメガは、レックスと対面。オメガはレックスを見るなり「第1世代ね」と見抜いてみせる。一方のレッカーは第3話から続いている頭痛が再発。バッド・バッチが行動抑制チップを取り除いていないことを知ったレックスは、チップを「時限爆弾」と表現して態度を一変させる。

「もう兄弟を葬りたくない」と、過去の傷を背負うレックスを前に、ハンターはチップを取り除くことを決意。そのために惑星ブラッカでレックスと落ち合うことに。惑星ブラッカはゲーム『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』(2019) の主人公カル・ケスティスがいた場所だ。ハンターが「宇宙船の墓場」と表現する通り、大規模な宇宙船解体場が設置されている。大量の宇宙船が打ち棄てられたブラッカの景色は壮観だ。

エレクトロニック・アーツ
¥2,845 (2021/10/21 00:06:35時点 Amazon調べ-詳細)

レッカーが遂に…

一同はブラッカを支配する解体ギルドの目を掻い潜り、目的の場所を目指す。道中、レックスがチップの危険性を忠告した存在として名前を挙げているファイブスとは、『クローン・ウォーズ』でオーダー66の真実を知り粛正されたクローン・トルーパーのことだ。そしてレックスが目指していたのはヴェネター級スターデストロイヤーの内部。水場に潜んでいたタコのような生物(ラスターだろうか)がレッカーを襲うが、オメガの指揮によってこの危機を脱する。

ついに医療エリアに到着した一同は、チップ除去を開始しようとするが、オメガはチップ除去が失敗に終わった時、自分が一人ぼっちになることを恐れている。そんなオメガに、ハンターは「独りにはしない」と自分たちは同志であることを告げる。

しかし、ここでついにレッカーが暴走。オーダー66の影響を受け、バッド・バッチに襲いかかる。圧倒的な力でハンター、レックス、エコーを退けたレッカーに立ち向かったのはオメガだった。一緒にマンテル・ミックスを食べ、レッカーの危機には手を差し伸べた友人であるオメガの言葉も、オーダー66の影響を受けたレッカーには届かない。「優秀な兵士は命令に従う」と、お決まりの台詞を放ってオメガを撃とうとしたところで、レックスがこの窮地を救う。

一同は気を失ったレッカーに処置を行うが、その結果、レッカーは意識不明の状態に。オメガはレッカーが目を覚ますまでそばにいることを宣言し、一同はその時を待つ。そして、ようやく目を覚ましたレッカーはいつものレッカーに戻っていた。テックらもチップの除去処置を行い、「時限爆弾」への対処を完了する。これでクロスヘアーを助ける道筋ができたかもしれない。

レッカーは、自身を制御できなかったことをオメガに謝罪。オメガはこれを赦し、任務完了の証としてマンテル・ミックスを分け合うのだった。

ハンターの“優先順位”

一方のレックスは、まだ戦いを続けている。レックスを必要としている存在がいるのだ。共和国を守るのが任務と語るレックスは、反乱軍に加わっているのだろう。これに対し、ハンターは「優先順位が変わった」「オメガと部隊に最良の道を選ぶ」と語り、その最良の道を模索している途中だと話すのだった。

今のハンターにとって、バッド・バッチは家族のような存在だ。ハンターは、やはりレックスに窮地の時には連絡するよう告げ、レックスはバッド・バッチのもとを去っていく。その時、バッド・バッチが侵入したことを知った解体ギルドは、侵入者の存在を帝国に知らせようとしていた……。

『バッド・バッチ』第7話は、遂にレックスが登場。流石はキャプテン、チップへの対処から去っていくまでのスピード感がすごい。レッカーとオメガの友情物語もありながら、ハンターとレックスの対話の中からバッド・バッチの立ち位置が明確に示された。組織には属さないバッド・バッチは、仲間を第一に考えながらも、その場その場で最良の判断を下していく。小さな集団のために戦うことと、世界をマシにしようとすることは矛盾しないということを示してくれているように見える。

しかし、ついに帝国に居場所を知られたバッド・バッチは、この後、またも立場の選択を迫られることになるだろう。ハンターと一行はどのような道を選ぶのか。引き続き注目して見ていこう。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は全16話が配信される予定で、毎週金曜日に最新話が配信される。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』はDisney+で独占配信中。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』(Disney+)

『バッド・バッチ』第8話のネタバレ解説はこちらの記事で。

第1話のネタバレ解説はこちらから。

第2話のネタバレ解説はこちらから。

第3話のネタバレ解説はこちらから。

第4話のネタバレ解説はこちらの記事で。

第5話のネタバレ解説はこちらの記事で。

第6話のネタバレ解説はこちらの記事で。

 

ジェダイが忘れ去られた理由についての考察はこちらの記事で。

帝国がクローン兵を廃止した理由についてはこちらの記事から。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 帝国がクローン廃止した理由『バッド・バッチ』第1話で明らかに 「スター・ウォーズ」史に新証言

    2. 第8話ネタバレ感想!『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』あらすじ・考察・登場怪獣

    3. ネタバレ解説 スターク社が兵器開発をやめた理由とは『ホワット・イフ…?』第6話で示された真実

    4. 『ホワット・イフ…?』X-MEN&ファンタスティック・フォーの登場はない? 製作総指揮が語るその理由とは