ネタバレ解説『バッド・バッチ』第5話 若き日のアイツが登場『スター・ウォーズ/エピソード6』との繋がりも あらすじ&考察 | VG+ (バゴプラ)

ネタバレ解説『バッド・バッチ』第5話 若き日のアイツが登場『スター・ウォーズ/エピソード6』との繋がりも あらすじ&考察

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

『バッド・バッチ』第5話配信開始

2021年5月4日(火)からDisney+で独占配信されているアニメ『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は、アニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(2008-2020) と映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005) のその後を描くオリジナルシリーズ。「スター・ウォーズ」の正史(カノン)に位置づけられ、同じくDisney+のオリジナルシリーズであるドラマ『マンダロリアン』(2019-) に繋がる要素も続々登場している。

今回は、第5話「猛獣」のあらすじをネタバレ解説と共にお届けしよう。

ネタバレ注意
以下の内容は、アニメ『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』第5話の内容に関するネタバレを含みます。

第5話「猛獣」あらすじ&ネタバレ解説

今回の舞台はオード・マンテル

信号を変調(スクランブル)させて追っ手を巻くために惑星パントラに着陸した一行だったが、一足早くドラマ『マンダロリアン』にも登場した賞金稼ぎのフェネック・シャンドに居場所を知られてしまい、あわやというところでパントラを脱出する。賞金稼ぎがオメガを狙う理由を突き止めるために、一行はオード・マンテルにいる情報屋のシドを頼ることに。ハンターらの心配をよそに、バッド・バッチの一員として認められたオメガは、クロスヘアーの通信機をもらってはしゃいでいた。

なお、オード・マンテルは『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980) で初めてその名前が登場した惑星。クローン戦争中は戦場になり、帝国時代には帝国の造船所が置かれた。

5人はシドの店を訪れるが、オメガを除く4人はシドを男性だと思い込んでいる(シドは英語圏で男性名であることが多い)。ハンターに似た強い感覚能力を持つオメガは、店で掃除をしている女性がシドであることを見抜く。ジェダイがお得意様だったというシドは、帝国時代に入ってから商売はあがったり。シドはフェネック・シャンドについて調べる代わりに、高額な賞金がかかっているムチという少女を助け出すようバッド・バッチに告げる。

レッカーは第3話から引き続き頭痛に悩まされている。オメガは、奴隷商人に囚われているというムチの存在を通して、“奴隷”という概念を知る。オメガは旅を通して日々世界について学んでいるようだ。

ムチ救出作戦

バッド・バッチはオメガを残してムチの救出作戦を開始する。久しぶりのチームとしての作戦だ。だが、バッド・バッチは巨大なクリーチャーに一掃され、ザイゲリア人に捕らえられてしまう。ザイゲリア人の奴隷商は『クローン・ウォーズ』にも登場した。惑星カダーヴォに奴隷矯正施設を持っていたが、オビ=ワン・ケノービらに破壊されている。ザイゲリア人たちは今も奴隷貿易の復活を目指しているようだ。ここでは、共和国では禁じられていた奴隷貿易が帝国の成立と共に復活していく様子が描かれている。

4人が捕らえられたことを知ったオメガは救出作戦に乗り出す。捕らえられていた“猛獣”のランコアを解放して混乱を引き起こす作戦だ。ランコアは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983) にも登場した生物で、ジャバ・ザ・ハットもペットにして処刑に使っていた。

ランコアがザイゲリア人の気を逸らしている間にムチと思われる少女を救出しようとしたバッド・バッチだったが、なんとこのランコアがムチだったということが明らかになる。年齢ネタは『マンダロリアン』でもおなじみ。マンドーは50歳のターゲットを捕獲するよう指示を受けたが、実際には長寿の種族であるベビー・ヨーダがターゲットだった。

ムチの正体が明らかに

ザイゲリア人を倒したバッド・バッチは、奴隷たちを解放。レッカーがムチと戦い、なんとかムチを手懐ける。一方のシドはムチの“救出”について何者かと通信を行っていたが、その相手はジャバ・ザ・ハットの右腕であるビブ・フォーチュナだった。そう、ムチはまさにジャバ・ザ・ハットのペットのランコアだったのだ。

元々、ジャバ・ザ・ハットのランコアは、ビブがジャバにプレゼントしたという設定になっている。今回そのランコアのムチがザイゲリア人にさらわれてしまったのだろう。ジャバはムチに高額な懸賞金をかけて取り返そうとしていたのだ。

無事に任務を達成し、ビブにムチを引き渡したバッド・バッチは、約束通りシドからフェネック・シャンドの情報を得る。フェネック・シャンドも当時は新参者。「仕事っぷりは抜け目がなく非情」で、ギルドを通さずに仕事を受けているため雇い主は不明だという。シドはフェネックに狙われること自体が大ごとだと言いたげな様子。シドは今後もバッド・バッチに仕事を提供できるとハンターに告げ、ハンターはシドが自分たちの情報を売らないか訝しがるシーンで第5話「猛獣」は幕を閉じる。

第5話では、最後に「味方と金」の重要さに言及され、今後バッド・バッチが仕事をこなしながら、各地で味方を増やしていく展開が示唆された。「スター・ウォーズ」正史との関わりでは、ジャバ・ザ・ハットのペットであるランコアの少女時代に、若き日のビブ・フォーチュナの姿が描かれるなど、相変わらず意外なポイントをついてくる。しかし少女時代のムチの愛らしさに触れてしまっては、次に『エピソード6』のムチ登場シーンを見る時は複雑な気持ちになりそうだ……。

追記:ムチはジャバ・ザ・ハットのペットの一匹ではあるが、『エピソード4』でルークと対峙したランコアはパティーサという名前でオスである。

次はどんな展開を見せてくれるのだろうか、『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』はまだまだ続く。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は全16話が配信される予定で、毎週金曜日に最新話が配信される。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』はDisney+で独占配信中。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』(Disney+)

『バッド・バッチ』第4話のネタバレ解説はこちらの記事で。

『バッド・バッチ』第1話のネタバレ解説はこちらから。

『バッド・バッチ』第2話のネタバレ解説はこちらから。

『バッド・バッチ』第3話のネタバレ解説はこちらから。

 

ジェダイが忘れ去られた理由についての考察はこちらの記事で。

帝国がクローン兵を廃止した理由についてはこちらの記事から。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 【あらすじ】ピクサー最新作『2分の1の魔法』物語の着想は監督個人の経験から

    2. 『メガロボクス』海外の評価は…?

    3. 『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』の声優キャストまとめ【山口勝平、山崎和佳奈、高山みなみ】

    4. 『ブラック・ウィドウ』から『ホワット・イフ…?』へ——ナターシャが遺したメッセージとは【ネタバレあり】